国内ドラマ

俺かわネタバレ感想を短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!【俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?】

Pocket

俺かわネタバレ感想を短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!【俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?】というテーマで詳しくご紹介!

2022年4月16日23時30分から放送が開始された「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」

テレビ朝日系の「オシドラサタデー枠」で放送となっています。

このドラマの主演に抜擢されたのはHey Say JUMPの山田涼介さんです。

タイトルからかわいいといわれることに期限があるのかなと想像する方が多いと思うので、山田さんもかわいいといわれる年齢のラインを超えつつある気がするので、ぴったりな役なんじゃないかなって個人的に思います。

では、早速、俺かわネタバレ感想を短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!【俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?】について見ていきましょう!

 

俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?の番組概要は?

 

  • ドラマタイトル:俺の可愛いはもうすぐ消費期限
  • 脚本:田辺茂範
  • 制作:AOI Pro.(協力)
  • 放送時間:2022年4月16日スタート!毎週土曜23時30分~
  • 主演:山田涼介(Hey Say JUMP)、芳根京子、大橋和也(なにわ男子)

 

俺の可愛いはもうすぐ消費期限は山田涼介さんが演じるあざとかわいい男子を主人公と、

芳根京子さんが演じる26年恋愛経験ゼロのロボット女の不器用な恋を描いたストーリーが魅力のようです。

個人的には、山田さんが演じるあざかわ男子がどんなキャラなのかとても楽しみです。

 

俺かわの原作は?

 

ドラマといえば、小説や漫画のストーリーがもとに製作されたものが多いですが、俺かわはどうなのでしょうか。

結論から言えば、俺の可愛いはもうすぐ消費期限に原作は存在しないようです。

つまり、脚本家の田辺茂範さんが考案した完全オリジナルのストーリーとなっています。

こんかいのドラマはラブコメディな感じがするので、ラブコメ作品に定評のある田辺さんの描くストーリーは非常に期待できそうです。

 

「俺かわ」あらすじは?

 

主人公は山田涼介さん演じる丸谷康介という男性で、天性の「可愛さ」を武器に勉強・恋・仕事などなんでも完ぺきにこなしてしまうキャラクターです。

物語は彼がビールメーカーの新商品イベントの会場でカメラのフラッシュを浴びまくるシーンから始まります。

タレントを差し置いてメディアから大注目の彼も、最近武器である「可愛さ」が失われつつある様子。

そんな彼のもとに姿を現したのが、芳根京子さん演じる真田和泉と大橋和也さん演じる一ノ瀬圭。

二人の教育係となった康介は、自分とは全く違う世界の人間の京子に動揺しながらも得意の笑顔を見せますが、京子は華麗にスルーします。

その後、康介の周りでは歯車が狂ったかのように想定外な出来事が起こり、絶望する様子を冷たい目で見つめる和泉。

この二人の間にどんなストーリーが紡がれていくのでしょうか。

 

俺かわ主題歌は?

 

俺かわの主題歌はHey Say JUMPが歌う「恋をするんだ」です。

「恋をするんだ」が収録されたHey Say JUMPのとりぷるA面シングル「area(エリア)/恋をするんだ/春玄鳥(はるつばめ)は2022年5月25日にリリースされます。

 

キャスト相関図は?

 

キャスト相関図を見た感じでは今後のストーリーが全く予想できません。

古田新太さん演じるなぞのおっさんが一体何者なのか気になりますね。

 

丸谷康介役:キャスト・山田涼介

丸谷康介:本作の主人公、生まれつきの可愛さを武器に勉強も恋も仕事も120%以上でこなしてきた

演じるのは

 

  • 名前:山田涼介
  • 生年月日:1993年5月9日
  • 身長164 cm

俺かわで主演に抜擢された山田涼介さんはHey Say JUMPのメンバーで、これまでも多くのドラマや映画に出演しています。

私の記憶に残っているものでいえば、「金田一少年の事件簿N(neo)」や「理想の息子」のイメージが印象的です。

今回の役のように可愛い系男子の役が多いのではないかと思います。

 

真田和泉役:キャスト・芳根京子

真田和泉:本作のヒロイン?的立ち位置で26年間恋愛経験0のロボット女

演じるのは

 

  • 名前:芳根京子
  • 生年月日:1997年2月28日
  • 身長:159 cm

無表情なロボット女キャラを演じる芳根京子さんは女優で、映画、ドラマと引っ張りだこです。

私の記憶に残っている作品でいえば、「心が叫びたがってるんだ」や「海月姫」に出演されている姿が印象的でした。

 

一ノ瀬圭役:キャスト・大橋和也

一ノ瀬圭:本作で主人公康介の後輩として現れた

演じるのは

 

  • 名前:大橋和也
  • 生年月日1997年8月9日
  • 身長167 cm

大橋さんはなにわ男子のメンバーでリーダーを務めています。

デビューして間もないなにわ男子のメンバーでこれからの活躍が楽しみな大橋さんは今回のドラマでどんな役を演じるのかたのしみですね。

 

俺かわの全話のあらすじ感想は?

 

こちらでは全話のあらすじを短く簡単にご紹介します!

 

俺かわ:第1話

 

あらすじ

 

天性の可愛さを武器にビールメーカーの新商品イベントで大注目の康介。

多くの女性から絶大な支持を受けていて、通るたびに黄色い歓声を浴びます。

そんな康介ですが、たまたまエレベーターに乗り合わせたおっさんから超絶可愛いと言われるも、突然切ない表情を浮かべられたかと思ったら「その可愛いももうすぐ終わっちゃうんだよな」と意味深なことをつぶやいて降りていくおっさんに動揺します。

人生が順風満帆で、可愛いは正義だと考える康介は29歳になった今でも自身の可愛いが失われつつあることなんて気にも留めていませんでした。

翌日、部長の山室つかさからの紹介で若手社員の真田和泉と一ノ瀬圭に出会い、二人の教育係を任されることになった康介は得意の笑顔で場を和ませようとしますが、スルーされてしまいます。

その後、二人を連れて得意先に向かいますが、一ノ瀬のミスでトラブルに陥ろうとしますが、得意のキラースマイルでその場を切り抜けます。

こうして後輩のフォローをしつつ自身の評価まで上げたと思っていた康介でしたが、後日の得意先からの連絡は予想外な内容で、なんとミスをした一ノ瀬が後継になることに。

その原因はロボット女和泉が康介に報告せずに、資料を一ノ瀬に渡していたことにあったのでした。

気持ちの落ち着かない康介は恋人の森保莉子に連絡するも、突然の別れを切り出されてしまいました。

何もかもがうまくいかなくなった自分のことをエレベーターで乗り合わせたおっさんがこっそりと見ていることに気づいた康介は追いかけて、なぜ見ているのか問い詰めます。

問い詰められたおっさんはした内容は衝撃的でなんと彼は未来の康介だというのです。

状況が読めず、一人泣いている康介のもとに1人の女性が冷たい視線を送っています。

それが康介の部下となったロボット女の和泉でした。

 

個人的感想

 

山田涼介さん演じるあざかわ男子の康介は想像通り、はまり役だなあと思いました。

最初はなんでもうまくいっている様子の康介が突然何かが壊れてしまったかのように何もかもうまくいかなくなってしまう様子が見ていて辛かったです。

古田新太さん演じる謎のおっさんが未来から来た康介だという設定には驚かされました。

驚きの展開が多くて、あっという間の30分でした。

物語がこれからどんな方向に進んでいくのか来週の放送が楽しみです。

 

俺かわ:第2話

 

あらすじ

 

自称30年後の丸谷康介だと名乗るおっさんとの出会いをきっかけに何もかもがうまくいかなくなってしまったことに戸惑いを隠せない康介。

あり得ない話だが、絶対に嘘だとも思えない康介はおっさんに放たれた自身のかわいいが終わってしまうという言葉をずっとひきずっていました。

気持ちが晴れ晴れしない中で、康介は新しい取引先「せいかつドラッグ」の担当になり、後輩の真田和泉と社長のもとに出向くと「かわいい」と絶賛され安心するのでした。

その後段ボールの整理作業をすることになった康介と和泉。

場を和ませようと和泉に話を振る康介でしたが、和泉が気を許してくれることはなく沈黙した雰囲気で作業を終えます。

作業を終えた二人は帰宅しようとしますが、車のバッテリーが上がってしまい帰れなくなってしまいます。

家に帰ってやることがたくさんある康介なんとしてもベッドのある場所で寝たいからともがきます。

すると、和泉が意外過ぎる提案をしてきました。

なんと近くのお城(ラブホテル)に泊まりましょうと言い出したのです。

さすがにまずいと感じた康介はベッドで寝ることはあきらめ、外で夜を迎えることを決意します。

その時に康介の自然なやさしさに触れた和泉は少しずつ康介に心を開くようになるのでした。

 

個人的感想

 

康介と和泉が帰れなくなってしまった時点で「おっ!何かが始まるんだな」って予感がしました。

なんとなく予想はできていてもやっぱり康介が見せるさりげないやさしさには思わずキュンとさせられてしまいましたね。

さらにそのやさしさに触れた後、和泉の中の何かが変わるのも感じました。

和泉は過去に何か辛いことがあったのかもしれませんが、康介のような優しい上司に出会ったことで、少しずつ人間らしくなっていくのが楽しみですね。

 

俺かわ:3話

 

あらすじ

 

就寝中に自称30年後の康介だというおっさんから自身のかわいさが失われつつあることをそそのかされる悪夢に苦しめられる康介。

彼はおっさんに会って以来、自身の可愛さが本当に失われているのではないかと不安な毎日を送っていました。

康介の会社では、「夏浪漫」という新商品の売れ行きが良くないことで部長の山室つかさ主催の会議が開かれていました。

この会議で商品開発部チーフの須藤修平は康介ら営業部メンバーにレシピを考えてほしいと依頼します。

その後、なぜか休日に康介の家でレシピを考えることになり、後輩の和泉、一ノ瀬も手伝うことになりました。

そうしてレシピ考案当日一ノ瀬がマンションのトラブルで間に合わないと連絡が入り、急遽康介と和泉の二人で料理することになるのですが、二人とも料理が苦手な様子で悪戦苦闘を強いられます。

なんとか完成したコロッケを二人で試食していたところ、突然インターホンが鳴り響きました。

一ノ瀬だと思ってモニターを見た康介でしたが、そこに映っていたのはまさかの元カノ莉子でした。

莉子のことをあきらめきれていない康介は和泉を違う部屋に隠そうとしますが、その前に莉子が部屋に入ってきてしまいます。

これに驚いて体勢を崩してしまった康介と和泉の二人はタイミング悪く、やましい関係にあるような姿を莉子に見られてしまいました。

その様子を見た莉子は驚いて部屋を飛び出してしまい、それを追いかける康介。

康介は和泉が営業部の後輩で仕事の関係で二人でコロッケを作っていただけで男女の関係ではないと莉子に説明し、なんとか誤解を解くのでした。

 

 

個人的感想

 

今回も康介と和泉の距離がまた縮まりましたね。

アクシデントはハプニングの多い一ノ瀬が康介と和泉の距離を縮めるキューピッドになっている気がします。

まあそんなこと一ノ瀬は全く気付いていないでしょうけどね。

個人的には、康介が料理が苦手なこと、莉子が部屋に入ってくるシーンが印象的でした。

どうしてドラマって男女関係にあるのを隠そうとすると、まったく逆の展開になってしまうような出来事が起こるのか不思議ですよね。

あの様子だけ見たら、莉子が驚いて部屋を飛び出してしまうのも分かりますよね。

次回はイケオジとあざかわ男子がハグ!?とネットでは騒がれていました。

次回の放送も楽しみですね。

 

俺かわ:4話

 

あらすじ

 

最近体調が優れず、胸が締め付けられたように痛むことから会社の診療所で診察を受ける康介。

そんな康介の診断結果はまさかの「恋」だったのでした。

恋愛経験豊富な康介はこの診断結果が信用できずにいた康介は、これまでの自分の「恋」について振り返り、これまでにこんな症状に苦しんだことはないことに気づきます。

これまで自分がしてきた恋は本当の恋じゃないかったのかと疑心暗鬼になっていた時、康介の前に和泉が現れます。

和泉を前にすると胸の痛みが激しくなる康介。

後輩である和泉に恋をしているはずがないと自分に言い聞かせる康介の前に今度は自称30年後の康介だと話すおっさんが現れます。

和泉に恋をしているんじゃないかと冷やかされた康介は動揺しつつも、自分が今本当の恋をすることで、30年後の自分の未来を変えられるかもしれないとポジティブに考えるのでした。

その後、会議が始まるのですが、会議前に康介は商品開発部チーフの須藤と和泉が親しげに話す姿を目の当たりにします。

この姿に驚いた康介は会議中も和泉のことが頭から離れなくなってしまっていました。

その日の仕事が終わった後康介は飲み会に参加し、後輩の一ノ瀬から受け身な恋がダメだと指摘され、困惑するのでした。

翌日、会社では和泉の噂で会社の雰囲気がざわついています。

その噂は和泉が個人情報を漏洩してしまったということでした。

完全に落ち込んでしまった様子の和泉を先輩としての心情か異性としての心情かはっきりしないまま手を差し伸べようとするもうまくいかない康介。

そんな時和泉の携帯に須藤からメールが入り、和泉は須藤のもとへ向かいます。

和泉が須藤のもとへ向かっていると知らない康介は和泉を励まそうと追いかけるのですが、向かった先には衝撃的な光景がありました。

なんと須藤が和泉をバックハグしていたのです。

それを見た康介は自分なんかが傍にいてあげなくても、須藤のような大人な男性が和泉にはいるのだと落ち込んでしまうのでした。

 

個人的感想

 

ついに康介の中に和泉への恋愛感情が芽生え始めましたね。

せっかく本当の恋を見つけようともがいていた康介の前に須藤という康介とは対照的な大人男性の須藤が立ちはだかるという展開。

4話の見どころは予告映像でも話題になっていた須藤のハグですね。

須藤が康介にハグする展開は予告映像から予想できていましたが、まさかの和泉へのバックハグもありましたね。

須藤さんハグ好きすぎでしょと思わず突っ込みたくなります。

個人的にはロボット女といわれる和泉がだんだんと人間らしさが出てきて可愛さが出てきているのが視聴ポイントだと感じました。

1話の頃に比べるとずいぶん人間らしくなりましたよね。

それも康介との出会いが和泉の中の何かを変えたのだと考えられます。

次回からは康介と和泉の距離が急接近していくのではないでしょうか。

次回の放送ではどんな展開になるのか楽しみですね。

 

俺かわ:5話

 

あらすじ

 

番組の収録でテレビ局にいる康介。

そこで彼が目撃したのは今思いを寄せる女性ワイズみが商品開発部の須藤と食事の約束をしているところでした。

以前、須藤が和泉を抱きしめているところも見てしまった康介は二人が恋人関係にあるのではないかと1人戸惑ってしまいます。

自分が和泉に夢中になっていることに気づいた康介は、気を紛らわすために人気アニメとのコラボ缶イベントを成功させるため仕事に熱中していました。

そんな時、ふとしたことがきっかけでこの企画が和泉発案によるものだと知った康介は、今回の企画を成功させることで、和泉が以前起こした情報漏洩のミスを無きものにできるのではないかと考えます。

ところが思わぬ発注ミスでコラボ缶が届かないという問題が。

この日は和泉と須藤が食事の約束をしている日でもありました。

つまりこの発注ミスを逆手にとって和泉を帰らせなければ、須藤と和泉の食事の予定をキャンセルできるのではないかと康介は考えます。

しかし、そんなことをしている自分が情けなく思えてしまい、結局帰らせてしまいました。

なんとしても在庫を揃え、企画を成功させたい康介は一ノ瀬らの協力も仰ぎ必死にあがきます。

そんな時、須藤と食事をしているはずの和泉が会社に戻ってくるのでした。

和泉は発注ミスのトラブルを自分にも教えてくれなかった康介に怒っている様子。

それに対し、なんとしてもこの企画を成功させて、和泉に恩返ししたかったという思いを伝える康介。

和泉は自分にそこまでしてくれる康介の心情が理解できていない様子でした。

結局準備不十分なままコラボ缶イベントは始まってしまいます。

間に合わせのためにコスプレをしてイベントに参加することになった康介、和泉、一ノ瀬。

イベントは失敗に終わったかと思いきや、SNSの反響は良く、成功させることができたのでした。

イベント終了後、康介から言われた言葉を思い出した和泉は、自分の企画したイベントに全力を尽くしてくれた康介に感謝の気持ちを伝えます。

気持ちを伝えた和泉はその場を去ろうとしますが、今度は康介が和泉を引き止め、ついに好意を伝えるのでした。

すると和泉の方から康介にキス、というところで5話は終了しました。

 

個人的感想

 

第5話のラストは衝撃的でしたね。

まさかの和泉の方から康介にキスをするとは。

1話の頃の感情のないロボット女だった和泉の姿からは想像もできませんでした。

個人的にキュンとしたのは康介が発注ミスのことを和泉に伝えていなくて、そのことに和泉が怒っているシーンでした。

人間らしくなり、明らかに変わった様子がうかがえるようになって可愛さが出てくるようになりましたね。

康介と和泉、須藤の三角関係がこれからどうなっていくのかも注目です。

さらに次回予告では「あのキスは何だったんだ」と嘆く康介の姿があったため、2人の関係は簡単に進んでいかないみたいですね。

来週の放送も楽しみです。

俺かわ:6話

 

あらすじ

 

前回の放送でついに和泉に対する好意を伝えた康介に対してそれに答えるかのようにキスをした和泉。

しかし、キス以降なにもなかったかのようにふるまう和泉に対して戸惑いを隠せない康介は同時に自身の可愛さが失われつつあることを思い出します。

もしも本当に自分の可愛さが失われているのなら、これから和泉が離れてしまうかもしれないと心配になった康介は、せめてデートに誘ってみようと考えます。

そこで和泉をデートに誘おうとしていた時に新人の一ノ瀬が横から割り込み邪魔されてしまうのでした。

気を取り直し、何とかデートに誘うことに成功した康介は休日和泉と遊びに行くことになります。

そしてデート当日、楽しいデートになるかと思いきや康介の携帯に着信が。

電話の相手は休日出勤中の一ノ瀬でした。

提案書を見てほしいと涙ながらに頼まれても断る康介でしたが、あきらめずに鬼電を続ける一ノ瀬。

結局一ノ瀬のことを見捨てることができなかった康介は、せっかくの和泉とのデートを中断し、一ノ瀬のもとに向かいます。

一ノ瀬は提案書が書けずに落ち込んでいる様子。

康介は一ノ瀬に厳しい言葉をかけながらも慰めることができました。

その後、せっかくのデートが台無しになってしまったことを悔やみながら家に帰ろうとする康介の前に和泉が姿を現します。

その後、康介の家でお酒を飲みながら以前のキスの話をする2人。

和泉は康介からの好意がうれしくて気づいたらキスをしてしまっていたのでした。

そしてようやく自分が康介のことを好きなのだと気づく和泉。

今度は康介の方から和泉にキスをして6話幕を閉じました。

 

個人的感想

 

康介と和泉の恋はどうなってしまうのかと思いきや、最後には再び2人で思いを伝えあって今度は康介からのキスで終わりましたね。

今回の見どころは康介と和泉のデートでしたが、個人的には頑なにデートの邪魔をする一ノ瀬が可愛かったです。

新人の一ノ瀬にとって康介はとても頼りになる先輩なんだなあって改めて思いましたし、康介みたいに可愛くて頼りになる上司のもとで仕事ができたら幸せですね。

でも先輩のデートの邪魔をするのは良くないです。

まあ一ノ瀬本人は康介と和泉がデートしているなんて知らないんですけどね。

デートを中断されてしまい2人の関係は進展しないまま終わってしまうのかと思いきやラストに大どんでん返しが待っていて驚きでした。

次回から本格的に2人の交際が始まるのか、はたまた新たな展開が待っているのか。

どちらに転んでも今後の展開には目が離せませんね。

俺かわ:7話

 

あらすじ

本格的に付き合うことになった康介と和泉。

ひっそりと始まった社内恋愛で初々しい様子の2人ですが、会社では付き合っている素振りを全く見せず、公私の線引きは完璧にできている様子でした。

そんなある日、康介の家に和泉が訪れて楽しいお家デートになるかと思いきやまさかの康介の母親乱入。

康介の父親が入院したのを知らせるために来たという母に和泉との関係を根掘り葉掘り聞かれていました。

そのことを聞いた和泉は未来の康介という設定のおっさんを連想していたので、すかさずごまかす康介。

さらに話は進み、康介と和泉は2人で父親のお見舞いに行くことになるのでした。

急な展開に驚きを隠せない康介は、なんとかして実家に行くのを避けるためにあのおっさんに協力を要請するのですが、努力は実らず結局実家に帰省することになります。

そして、和泉と2人で実家に帰省するのですが、ここでまさかのおっさん登場で康介はざわついてしまいます。

そんな康介はさておき、和泉と康介母は女2人で康介の昔話に花を咲かせます。

康介の周りにはいつも人が集まってきて、いつのまにか自分の居場所を作ってくれたと語る康介母。

その話に深く共感し、自分も康介から居場所を作ってもらったと語る和泉。

2人の中は自然と深まっていくのでした。

そんな2人のもとに康介が帰ってきますが、和泉はお酒を飲み過ぎて眠っている様子。

眠っている和泉をお姫様抱っこで運ぶ康介。

ここで和泉が康介に抱きつくシーン、康介が和泉にキスする胸キュンシーンが連続で登場します。

この2人の様子を影でこっそり見守る母。

そして実家から東京に帰る康介と和泉でしたが、またあのおっさんが登場し、意味深な言葉を放って第7話は幕を閉じます。

個人的感想

 

 

今回はラストに2つの胸キュンシーンが連続で飛び出してきて驚きででしたね。

康介が和泉をお姫様抱っこするシーンに女性の多くがうらやましいと感じたのではないでしょうか。

付き合ってから数日で親にばれて、しかも実家に行くことになるなんて展開が早すぎますよね。

個人的にはすんなりと実家に行っちゃう和泉もすごいなって思ってしまいました。

実家に行ってからはまさかのおっさん登場で笑わされましたし、和泉と康介母のトークはしんみりとした感じではありましたが、2人の仲がグッと縮まってよかったですね。

7話ラストでおっさんが意味深なセリフを放っていたのも今後の物語に何かしら影響があるのか気になるところですね。

今後も康介と和泉の幸せな恋は続いていくのかそれともなにか波乱の展開が起こるのか。

来週の放送にも注目です。

 

俺かわ:8話

 

あらすじ

激熱な社内恋愛を繰り広げる康介と和泉は2人だけの呼び名をつけるほどのいちゃいちゃっぷりで幸せ真っ只中でした。

そんなある日、康介は出勤前に知らない男から声をかけられる和泉を目撃します。

さらに不運なことに出勤後には康介と和泉の会社である弥生ビールが他の会社に吸収されるかもしれないという噂が立っており、康介ら営業部の人間は組織改革についてのコンサルを受けることになります。

弥生ビールのコンサルタントとして姿を現したのは、朝和泉に声をかけていた男だったのでした。

男と和泉の関係が気になる康介は講話中も心ここにあらずという感じで全く集中していない様子。

気になって仕方ない康介は自分を安心させるために和泉を食事に誘いますが、断られてしまいます。

明らかに様子のおかしい和泉が何か隠しているのではないかと推測する康介。

どうしても和泉のことが気になる康介はその日の夜和泉に電話をかけるのですが、何も話してくれず、不運なことに和泉があの男とどこかへ出かけているのを目撃してしまいます。

もう我慢できなくなった康介は翌日、コンサルタントと話をする機会を設け、和泉との関係について詰め寄るのです。

しかし、和泉との関係は話せないというコンサルの男。

それでも必死に問い詰めた結果、コンサルの男は和泉の兄だということが分かり、安心する康介でした。

その日の仕事終わり、康介と和泉、コンサルの男の3人で食事をすることになります。

食事の席で和泉は兄からアメリカに行かないかと誘われます。

それに対して強く反論する和泉は怒って外に飛び出してしまいます。

兄弟の関係を知らない康介は、何もわからないまま飛び出した和泉を追いかけ、話を聞こうとしますが、和泉は話そうとしません。

さらに康介は父親が丸谷ビールの社長であることを隠していたことを和泉に指摘されてしまいます。

そんな康介に話すことは何もないと走り去ってしまう和泉。

それを追いかけようとする康介ですが、ここで自称未来から来た康介を名乗るおっさんが行く手を阻み、可愛いの消費期限切れを告げられるのでした。

 

個人的感想

 

 

今回は幸せな社内恋愛の様子から一転して、シリアスな展開で終わりました。

第7話で康介と和泉の2人が康介の実家を訪れた際、父親のことをうやむやにしていたのが運の尽きでした。

ついに未来から来た康介を名乗るおっさんの正体が明らかになりそうな予感がしますし、康介の可愛いの消費期限が終わってしまうという意味が分かるのではないでしょうか。

和泉との恋の終わりが康介が持つ可愛いの消費期限切れを意味するのか、はたまた別の理由があるのか気になるところです。

弥生ビールは吸収される危機に陥っていますし、そのタイミングで登場した和泉のお兄さんが今後の動きにどう関わってくるのかも注目ですね。

来週の9話でついに最終回を迎えてしまう俺かわ。

あっという間でもう最終回かという感じですが、最終回は1時間スペシャルとなっていますし、康介と和泉の結末を最後まで見届けられるようにしたいですね。

 

俺かわ:最終回

 

あらすじ

前回康介は、和泉と口論になり、走り去る和泉を追いかけようとするも、おっさんに行く手を阻まれていました。

おっさんは康介に可愛いの消費期限切れを宣告し、今追いかけても和泉との未来はないと言い放ちます。

その言葉に対して康介は、

「30年後の俺が今の俺を干渉する権利はないだろ!」とおっさんに強い怒りを示します。

そして次の日、和泉から話があるとメールをもらった康介は、話の内容が気になって仕事どころではない様子でした。

そのうえ、後輩の一ノ瀬から山室部長が営業部の誰かの退職届を受理していたという話を聞き、退職届を出したのは和泉なのではないかとさらに不安になります。

仕事中、和泉と二人で営業に回っていた康介は和泉の話が気になりすぎて、休憩を早めに取り、ランチ中に和泉から話を聞くことになりました。

話は康介にとって最悪な内容で、別れてほしいとのことでした。

和泉は男性との付き合いに限界を感じたこと、明日から有休をとって自分を整理する時間をつくることを康介に話しました。

突然の別れ話に気持ちが追い付かない康介は、仕事が終わるまで待てなかった自分の甘さに後悔し、和泉を一人会社に返し、泣き出してしまうのでした。

その後会社に帰った康介の前に元カノの莉子が現れ、康介の泣きすぎて腫れている目を見て驚かれます。

営業部に戻ると、一ノ瀬が「売上一割アップ」の計画を立てていました。

この計画を成功させ、統合の話をなきものとするため、奮起する営業部メンバー。

そこへ山室部長が姿を現し、1週間後の話し合いまでに計画を進めることができれば何とかなるかもしれないと営業部メンバーに激励の言葉を贈ります。

そして、営業部が一致団結して仕事に励み、部署のムードが良くなってきたところで一ノ瀬が「決起集会」を企画します。

決起集会でビールを飲みながら、退職届を出したのは誰かという話になり、この場にいない和泉の可能性が高いのではということになりました。

そんな中和泉はおっさんと会っていました。

和泉は康介と別れたことを話し、おっさんは自分が康介の父ではないと認め、未来から事故的に来てしまったのだと話します。

2人には消したい過去があるという点で意気投合し、おっさんは未来に帰ったら今の康介のようにもう一度自分も恋をしてみると言います。

一方康介は和泉の兄の大和と会い、和泉の過去を知るのでした。

昔の和泉にとって唯一の居場所は家族だったが、両親の離婚を機に和泉は自分のせいで両親が別れてしまったのだと思い込み、居場所を失ってしまったのだと。

そんな和泉のために大和は居場所を作ってあげようとしていたが、逆に疎外感を与えてしまっていたのだそうです。

しかし、康介が和泉の居場所を作ってくれたのだと大和から告げられ、康介は和泉に電話をかけます。

営業部のみんなが和泉の力を必要としているのだと伝え、和泉に会社に来てほしいと頼みました。

それを聞いた和泉はすぐさま会社に向かい、仕事を手伝い始めました。

和泉の協力のおかげで営業部の仕事は一気に片付き、営業部メンバーは和泉に対して「退職しないで」と声を掛けます。

しかし、和泉は退職する気はないとのこと。

なんと退職を申し出ていたのは山室部長だったのでした。

そして康介は30歳の誕生日を迎えます。

和泉は自分の居場所を作ってくれた康介に感謝していました。

和泉から感謝され、康介は過去を過去は変えることができるのだと気づくのでした。

和泉は、会社を辞め、アメリカに行くことを康介に告げます。

それに対して康介は和泉の決断を尊重し、自身もこれから会社を立て直していきたいと話しました。

それから何日か経過し、和泉がアメリカに発つ日がやってきます。

康介は和泉のもとに駆け付け、愛を確かめ合うかのように和泉とキスを交わして、物語は完結しました。

 

個人的感想

 

 

遂に最終回を迎えてしまいましたね。

おっさんの過去や和泉の過去も明らかになり、ハッピーエンドで物語は幕を閉じました。

個人的にはこの物語で未来はどうなるかわからないけれど、過去は変えることができるのだという教訓を得る事ができました。

おっさんも今の康介に対して厳しい言葉を投げかけていましたが、今の康介の行動を見ながら自分の過去も振り返っていたのですね。

未来に帰ったおっさんが、明るい未来に向かって動いていくのが楽しみですね。

おっさんの過去の行動が今の康介の未来になるのではなく、康介の今の行動がおっさんの今につながるんだなとも感じました。

人によって様々な解釈ができるのではないかと思いますので、気になる方はぜひこの記事を参考に自分なりの考察をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は俺かわネタバレ感想を短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!【俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?】というテーマでまとめてみました。

特に私はこのドラマで山田涼介さんのあざとかわいさと芳根京子さんの陰キャ感に注目しています。

見どころは山田涼介さん演じる康介の可愛さがどうなってしまうのかというところではないでしょうか。

以上、俺かわネタバレ感想を短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!【俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?】でした!

鋼の錬金術師の実写2の舘ひろしが大絶賛!新キャストを原作漫画と比較で紹介!
鋼の錬金術師の実写2の舘ひろしがひどい?新キャストを原作漫画と比較で紹介!鋼の錬金術師の実写2の舘ひろしがひどい?新キャストを原作漫画と比較で紹介!についてお伝えします。 鋼の錬金術師の実写2、キング・ブ...
金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!
金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!というテーマで詳しくご紹介! 日本の推理サスペン...
未来への10カウント生徒役のキャスト相関図!高橋海人や村上虹郎など詳しく紹介!
未来への10カウント生徒役のキャスト相関図!高橋海人や村上虹郎など詳しく紹介!未来への10カウント生徒役のキャスト相関図!高橋海人や村上虹郎など詳しく紹介!などまとめ!というテーマについてお伝えします! 久々...