国内ドラマ

恋マジ全話あらすじ感想とキャスト相関図を画像付きで!松村北斗や追加ゲストなどまとめ!

恋マジのキャスト相関図を画像付きで!松村北斗や追加ゲストなどまとめ!
Pocket

恋マジ全話あらすじ感想とキャスト相関図を画像付きで!松村北斗や追加ゲストなどまとめ!というテーマについてお伝えします。北斗くんやばい!

2022年4月スタートフジ系月10新ドラマ『恋なんて、本気(ほんき)でやってどうするの?』(恋マジ)!

主演は、プライム帯(午後7時~11時)ドラマ初主演の広瀬アリスさん。

そして広瀬アリスさんのお相手には、SixTONESの松村北斗さん。

9年ぶりの共演となるお2人を含む豪華キャストが織りなす「“恋に本気になれない”6人の男女の群像ラブストーリー」!

この記事では、そんな今から気になる、恋マジ全話あらすじネタバレ感想とキャスト相関図を画像付きで!松村北斗や追加ゲストなどまとめ!を詳しく紹介していきます。

それではどうぞ!

【5~7月】ガーシーchまとめ記録!ポイントと内容を網羅!
ガーシーchまとめ記録!【5~7月】ポイントと内容を網羅! >>~最新今日の全暴露詳細はこちら >>暴露開始の2月~4月の全暴露詳細はこちら 【5~7月】ガ...

 

この記事で書かれている内容

『恋なんて、本気(ほんき)でやってどうするの?』(恋マジ)のドラマ概要は?

恋マジ:ドラマ概要

  • 脚本:浅野妙子さんのオリジナル脚本
  • 制作:カンテレ・フジテレビ系
  • 放送時間:2022年4月18日スタート!毎週月曜夜10時
  • 主演:広瀬アリス・松村北斗(SixTONES)

脚本の浅野妙子さんはあの「ラブジェネレーション」や「ラスト・フレンズ」「八日目の蝉」などたくさんの作品を手掛けられています。

今回もどんなラブストーリーになっているのかとっても楽しみです♪

 

恋マジ:主題歌は~

 

主題歌はあいみょんさんの「初恋が泣いている」に決定しました!

プロデューサーの米田孝さんは、主題歌は絶対にあいみょんさんにお願いしたいと思っていたそう。

恋に取り憑かれている主人公の話になっていて、恋というものを私の中で擬人化させてみながら作ったというこの曲。

胸キュンシーンにピッタリの曲ですね♪

ドラマの中で描かれる様々な恋愛模様とどう合わさるのでしょうか。

 

恋マジ:あらすじ

恋マジ キャスト相関図

※出典:https://twitter.com/koimaji_ktv/status/1492792437081018369?s=20&t=1O1vG7xkM6L6jDHODThTPQ

 

男性経験ゼロの27歳こじらせ女子 × 「来る者拒まず去る者追わず」愛主義男子

安定志向早婚レス妻×謎だらけのワケありミステリアスシェフ

愛され中毒パパ活女子×実はピュアな不思議系陰キャラ男子

無意識のうちに人と向き合うことを避けてきた、恋に本気になれない6人が繰り広げる「本気のラブストーリー」です。

 

「恋マジ」キャスト相関図

恋マジ キャスト相関図

※出典:相関図 | 恋なんて、本気でやってどうするの? | 関西テレビ放送 カンテレ (ktv.jp)

桜沢純(さくらざわじゅん)役:キャスト・広瀬アリス

 

桜沢純:洋食器メーカー「相良製陶」のチーフデザイナー

仕事では若いながらもチーフを任される実力者。
食べ歩きやファッションなどの趣味も多彩で充実、親友たちとの女子会も楽しくて仕方ない、そんなリア充な東京ライフで、人生のビジョンもすでにちゃっとあるので、この自分のペースを乱したくない。と考えています。
「恋愛なんて不確かなもので心と時間を無駄にしたくない」
頑ななまでのそのスタンスには、実はある理由が隠されていたのですが…。

演じるのは、

  • 名前:広瀬アリス
  • 生年月日:1994年12月11日(27歳)
  • 出身地:静岡県

最近では関ジャニ∞の大倉忠義さんとの真剣交際が報じられたことが、大きな話題になっていました。ドラマでは相手役の松村北斗さんとどんな恋愛ドラマを演じてくれるのか楽しみ!

 

長峰柊磨(ながみねしゅうま)役:キャスト・松村北斗(SixTONES)

 

長峰柊磨:フレンチビストロ「サリュー」ギャルソン兼見習い料理人

来る者拒まず去る者追わずな刹那恋愛主義男子。
柊磨目当てに客が殺到するほど目を見張るほどイケメンで、初めての女性客にはマスクを外して心をつかみます。
女性を楽しまる話術や表情、仕草は完璧で天才的。
しかし、本気の恋には興味がない。
ところが、そんな彼女に興味を持った柊磨。恋に対する考え少しずつ変わっていく。

演じるのは、

  • 名前:松村北斗(SixTONES)
  • 生年月日:1995年6月18日(26歳)
  • 出身地:静岡県

最近では、NHK朝ドラ「カムカムエブリバディ」での流暢な英語が話題になりました。
恋愛に興味のない柊磨がなぜ純にだけ興味を持ったのか、謎多き柊磨がどう変化していくのか、とても気になります!

 

清宮響子(きよみやきょうこ)役:キャスト・西野七瀬

 

清宮響子:純の高校時代からの親友。専業主婦。

安定を求め、初めての彼氏と20代前半に結婚。
生活に何一つ不自由はな
いが、実はセックスレスで悩んでいます。
心の内に虚しさはあるが、人に悩みを話すことが苦手。

演じるのは、

  • 名前:西野七瀬
  • 生年月日:1994年5月25日(27歳)
  • 出身地:大阪府

先日発表された「日本アカデミー賞」で新人俳優賞を受賞したことで話題になりました。
人妻役は初めてとのことで新しい西野七瀬さんが見られるのではないでしょうか。

 

岩橋要(いわはしかなめ)役:キャスト・藤木直人

 

岩橋要:フレンチビストロ「サリュー」の超一流シェフ

アパートに一人暮らし。
イケメンだが、なぜか人前に出ることを避けており、誰かから追われているという謎だらけの男性です。

演じるのは、

  • 名前:藤木直人
  • 生年月日:1972年7月19日(49歳)
  • 出身地:岡山県

プライベートが謎だらけな岩橋要。一体どんな役なのか気になりますね!

 

真山アリサ(まやまありさ)役:キャスト・飯豊まりえ

 

真山アリサ:純、響子の高校時代の同級生。親友。

絶賛パパ活中!なアパレル店員。
アリサの専属パパは効率よく心もお金も満たしてくれる妻子持ちのおじさん。
実はパパ活に疲れてきており、レンタル彼氏を雇います。

演じるのは、

  • 名前:飯豊まりえ
  • 生年月日:1998年1月5日(24歳)
  • 出身地:千葉県

実はパパ活女子を演じるのは2回目の飯豊まりえさん。
いつも明るいイメージのある飯豊さんですが、今回は心淋しいパパ活女子とのことで、どんな演技を見せてくれるのか楽しみですね。

 

内村克己(うちむらかつみ)役:キャスト・岡山天音

 

内村克己:不思議系陰キャラ男子なコンビニ店員。

真山アリサにレンタル彼氏として雇われる。
空気が読めず、思ったことをすぐ口にしてしまったり、少しコミュニケーションが独特ですが、ピュアで優しい男性です。
誰にも言えない秘密があるそうですが、その秘密とは…。

演じるのは、

  • 名前:岡山天音
  • 生年月日:1994年6月17日(27歳)
  • 出身地:東京都

たくさんの作品に出演されている岡山天音さんですが、ラブストーリーの印象はあまりありませんよね。
どういった恋をするのかとても気になるところです!

 

中川岬希(なかがわみさき)役:キャスト・香椎由宇

 

中川岬希:洋食器メーカー「相良製陶」の元先輩。ネイルサロン「Ambarvalia」(アンバルワリア)のオーナー。

純たちへアドバイスをする面倒見のいいアネゴ肌。
恋愛事情は多くを語らず、ミステリアス。

演じるのは、

  • 名前:香椎由宇
  • 生年月日:1987年2月16日(35歳)
  • 出身地:神奈川県

なんと香椎由宇さん、連ドラレギュラー出演は約8年半ぶりとのこと!
恋マジでは今までに演じたことのない”アクの強い女性”に挑戦!

 

竹内ひな子役:キャスト・小野花梨

 

竹内ひな子:柊磨にまとわりつくレストラン客。恋多き女。

演じるのは、

  • 名前:小野花梨
  • 生年月日:1998年7月6日(23歳)
  • 出身地:東京都

カムカムでの「きぬちゃん」の印象が強い小野さん。キャリアはめちゃくちゃ長いんですよね。今年で一気にブレイクしそうな予感!

https://1pack.blog/comecome_heroine_all

 

横井めぐみ役:キャスト・ 安藤ニコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

安藤ニコ(@nico.ando.official)がシェアした投稿

 

 

横井めぐみ:「相良製陶」のメンバー。女子力高めの後輩。

演じるのは、

  • 名前:安藤ニコ
  • 生年月日:2000年2月28日(22歳)
  • 出身地:東京都

 

岡真奈美役:キャスト・ 牧野莉佳

 

この投稿をInstagramで見る

 

牧野莉佳(@makino_rika)がシェアした投稿

 

 

岡真奈美:イマドキ女子で純の後輩。

演じるのは、

  • 名前:牧野莉佳
  • 生年月日:1991年2月20日(31歳)
  • 出身地:愛知県

 

木下健吾役:キャスト・三浦獠太

 

 

木下健吾:やや空気の読めないところがあるが憎めない愛されキャラ。純の後輩。

演じるのは、

  • 名前:三浦獠太
  • 生年月日:1997年9月5日(24歳)
  • 出身地:東京都

 

大津浩志役:キャスト・ 戸塚純貴

 

大津浩志:純の幼馴染。昔からの大親友。

純からは、一緒にいて一番楽な存在と思われているが、実は純に秘めたる想いを抱えています。
周囲からは、「安心安全の大津」と呼ばれるほどのいい人。

演じるのは、

  • 名前:戸塚純貴
  • 生年月日:1992年7月22日(29歳)
  • 出身地:岩手県

 

清宮敏彦役:キャスト・味方良介

恋マジ キャスト相関図

※出典:味方良介のファンクラブ | 味方の味方 (fanicon.net)

清宮敏彦:響子の夫。響子に無関心なダメ夫。

演じるのは、

  • 名前:味方良介
  • 生年月日:1992年10月25日(29歳)
  • 出身地:東京都

 

田辺良和役:キャスト・アキラ100%

恋マジ キャスト相関図

※出典:アキラ100% | Sony Music Artists (sma.co.jp)

 

田辺良和:アリサのパパ活相手。専属パパ。

演じるのは、

  • 名前:アキラ100%
  • 生年月日:1974年8月15日(47歳)
  • 出身地:埼玉県

 

坂入拓人(さかいり たくと)役:キャスト・古川雄大

 

坂入拓人:純の高校時代のラクロス部先輩。純の”推し”。

演じるのは、

  • 名前:古川雄大
  • 生年月日:1987年7月9日(34歳)
  • 出身地:長野県

 

恋マジ・全話あらすじネタバレ!

恋マジ:第1話

あらすじ

桜沢純(広瀬アリス)は、ショッピングを楽しみながら、店に飾られた食器に見とれていました。

食器の写真や洋服の写真を親友である真山アリサ(飯豊まりえ)と清宮響子(西野七瀬)に送ります。

街を歩いているとふと目に入った「ビストロ・サリュー」。

なんとなく気になり入ってみると、出迎えてくれたのはギャルソン・長峰柊磨(松村北斗)。

純はおいしい料理に満足しつつも、食器のことが気になる。

純が帰った後、シェフ・岩橋要(藤木直人)になぜマスクを取らなかったのか、と聞かれます。

「あの人、料理に夢中だったから、心ざわつかせたら悪いから」と柊磨。

柊磨はいつもマスクを外してイケメンな顔を見せ新規の客を虜にしているのです。

 

純が務める会社「相良製陶」では、会議が行われていました。

仕事をバリバリこなす純と違い、後輩の横井(安藤ニコ)はクライアントの前で商品説明がうまくできず泣き出してしまいます。

「泣くならトイレで」と純は横井を注意します。

その後、純がトイレに入っていると自分の陰口が聞こえてきます。

「綺麗ではあるが、男もいないし全身乾燥してる」と言われ、ショックを受ける純。

 

純は親友のアリサと響子と映画鑑賞の後、ビストロ・サリューで食事を楽しんでいました。

コスパの良い恋愛のほうが自分に合っているというアリサ。

だからパパ活をしているのか、と響子に言われ2人は口論になってしまいましたが、純が間に入って2人を止めます。

話題は純の恋愛話に。

話の途中で柊磨がメニューを聞きにきて、マスクを外して挨拶します。

アリサと響子はあまりのイケメンぶりにテンションが上がりますが、純だけは「マスク外す必要あった?」と興味がありません。

そういえばと高校時代のラクロス部の先輩・坂入拓人(古川雄大)の話になります。

拓人のことは、恋ではなくただの推しだったという純。

その後偶然同じ会社に入社し、運命の再会をしていましたが、拓人はシンガポールに転勤になっていました。

純は27歳という若さで35年ローンでマンションを購入していて、恋愛という不確定要素は要らないときっぱり言っています。

柊磨は料理を運ぶ際、純の耳元で「このお皿は特別です」と伝えます。

その帰り、階段で転びそうになったところを柊磨が助けてくれます。

純は、食器のことを楽しそうに話します。

柊磨は純にどうしても1人じゃいられないときは力になると話すが、純は「結構です」と断り走り出します。

響子が帰宅すると、夫・俊彦(味方良介)はゲームに夢中。

アリサはコンビニに寄り、パパ活の相手・田辺(アキラ100%)の車に乗り込みアリサの家に向かいます。

その様子をコンビニ店員(岡山天音)が見ていました。

 

次の日、純は会社の元先輩・中川岬希(香椎由宇)のネイルサロンに行きます。

そこで拓人が戻ってくることを知ります。

帰宅後、ビールを飲みながら拓人の写真を見て複雑な気持ちになる純。

その日、純は拓人の夢を見ます。

 

次の日、会社でプレゼンをしていると、拓人が会議室へ入ってきます。

純はとても動揺しうまく説明ができずにいると、拓人が助けてくれます。

拓人は純に何度も話しかけようとしますが、純は拓人を避けようと必死です。

 

後日、3人でいつもの女子会です。

中学生の初恋のように動揺している純に、2人は「1度話してみたら」とアドバイスをします。

次の日、思い切って拓人と同じエレベーターに乗り込みます。

拓人はやっと話せたと喜び、「明日の夜、時間あるかな。話したいことがある。」と誘われます。

 

ビストロ・サリューでは、柊磨がいつものように女性客を虜にしていました。

常連客に今夜いいかと聞かれて、もちろんと答える柊磨。

一方でシェフの岩橋は仕事後にスーパーで買い物をしています。

ある人物を見つけてからは、なぜか逃げるようにスーパーから出て行きます。

帰宅してからも、とても周囲を気にしています。

 

拓人と待ち合わせをしている日、エレベーターで一緒になった純と拓人。

今夜、ホテルの40階のレストランで待ってると伝えられます。

そのことをアリサを響子に伝えると、もしかしたらプロポーズでは?と期待します。

仕事が終わり待ち合わせのレストランへ向かうと、なぜか席は3席。

拓人に「結婚することにしたんだ」と告げられます。

その場に現れた拓人の結婚相手は会議中に泣いてしまったあの横井でした。

幸せそうな2人に、純に結婚式の二次会の幹事をしてほしいと頼まれますが、返事を保留にします。

純は幼少期の記憶がよみがえります。

母は男に振り回されてよく泣いていました。

純は泣く母の手を握るが母は男を追いかけて出て行ってします。

その時から純は泣く女が嫌いになったのです。

 

翌日、純は拓人に二次会の幹事を引き受けると伝えます。

二次会では自らブルゾンちえみの真似をし、場を盛り上げます。

 

二次会後、純は自然とビストロ・サリューに向かっていました。

閉店の準備をしていた柊磨でしたが、純を見てどうぞと店の中へ。

純は強めのお酒を頼みます。

食べ物は頼んでいないという純でしたが、柊磨はパンペレゼを作ってくれます。

柊磨は純が失恋したことに気付いていました。

美味しいと笑う純に、泣けばいいのになぜ笑うの?と柊磨は聞きます。

すると純は自分の母親の話をし始めます。

失恋して泣くなんて時間と労力の無駄、情けないという純を柊磨は抱きしめ、「泣いていいよ」と囁きます。

優しい言葉に純は自分の気持ちを打ち明ける。

純の頭を撫で、部屋なら思いっきり泣けるけどと純を2階にある自分の部屋へ誘います。

柊磨がキスをしようとすると純は拒否し、1000円だけ置いて店を後にします。

帰り道、アリサと響子からは励ましのメールが。

そして拓人からは動画が届き、動揺して転んでしまいます。

自棄になった純はサリューへの道を引き返します。

すると、柊磨が1000円札を手に「これじゃ足りないんだけど」と追いかけてきます。

純は柊磨に抱き着き号泣します。

そんな純を優しく抱きしめる柊磨でしたが、ひとしきり泣くと純は「泣いていいって言ったから」と言い、柊磨から離れて歩き出します。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

1話から松村北斗さん演じる柊磨に振り回された人がたくさんいるみたいですね!

私もその1人です!

公開されていなかった挿入歌にSixTONESの新曲が流れ、そちらもネット上ではとても話題になっています。

登場人物のみんながそれぞれ思っていること、今後関係がどう変わっていくのかがとても気になります!

藤木直人さん演じる、シェフ・岩橋は何者なのでしょうか!

キュンキュン要素だけではない恋マジ、第2話もとても楽しみです♪

 

恋マジ:第2話

あらすじ

純(広瀬アリス)は出勤途中、横井(安藤ニコ)と夫の拓人(古川雄大)と会い、複雑な気持ちで新婚の2人のイチャイチャを見つめます。

 

「いいお店がある!」と木下健吾(三浦獠太)が純を誘い、牧野莉佳(岡真奈美)と横井を含めた4人でランチへ行くことに。

木下についていくと、いいお店とは「サリュー」のことでした。

柊磨と顔を合わせるのが恥ずかしかった純でしたが、柊磨はいたって普通。

帰り際、この前のお酒の代金が200円足りないと純に言い、さらに「パーティー承ります」のチラシを純に渡します。

 

もやもやした純はその夜、アリサ(飯豊まりえ)と響子(西野七瀬)に集合をかけます。

柊磨に抱きしめられ部屋に誘われたことを2人に報告。

誘いを断ったことをアリサが残念がっていると、純にラクロス部の同期・大津浩志(戸塚純貴)から電話がかかってきます。

安心安全の大津と呼ばれているほど人が良い大津。

今は地元・福岡のホテルで働いていて出張で東京に来ていると話す大津を呼び出します。

合流した一同は、久々の再会に盛り上がります。

その飲み会の帰り、大津は「ラクロス部同窓会の幹事をすることになった、いい店はないか」と純たちに尋ねます。

純と2人になった大津は純を同窓会の幹事に誘い、その誘いに純は「やる!」と即答します。

 

一方、アリサはパパ活相手=田辺良和(アキラ100%)と待ち合わせをしていました。

わざわざ有休をとっていたアリサでしたが、田辺は家族が大変とのことでアリサにお金を渡してさっさと帰ってしまいます。

ドタキャンされイライラしていたアリサはその足でコンビニに寄り、コンビニ店員の内村(岡山天音)に1万円を渡して「これで今夜付き合って」と伝えます。

バイト終わりに家へ来た内村をアリサは一緒に映画をみてくれればいいと招き入れます。

 

純と横井は2人で陶器工場へ。

気難しい工場長の島孝史(星田英利)は横井のデザインを一度は拒否しましたが、デザインへの想いを語ると受け入れてくれます。

その帰り、横井に妊娠していると打ち明けられます。

 

純は「サリュー」のチラシを眺め、同窓会に一番適していると判断し「サリュー」へ出向きます。

メニューを一通り食べ、柊磨に同窓会の依頼をします。

柊磨は「失恋の傷は癒えたのか」と言い、「失恋の傷を癒すのは他に相手をみつけるのが一番」と言い出します。

恋なんてするつもりはないという純に、「本気にならなければいい」と柊磨。

形だけのお試しの恋をしよう、と純の手を握ります。

 

同窓会は春のハロウィンがテーマ、全員が仮装して参加してやってきます。

純はジャスミン、大津はドラキュラに仮装しています。

響子はドレス姿で参加していましたが、ドレスをワインで汚してしまいます。

一方、シェフ・岩橋(藤木直人)のもとへ一本の電話が。

「パパ、今度の土曜に会えるかって。ママがあとで電話する。」と息子からでした。

響子が1人でたばこを吸っていると岩橋がやってきて、ドレスの汚れをとってくれます。

 

同窓会が終わり、純は「2人だけで打ち上げをしよう」と大津を誘います。

純の家に2人で向かいます。

純は、「恋愛なんていらないと思っていた。でも大人としてすませておきたい。」と大津に告白します。

大津はわかったと言い、純の肩を抱きます。

純が「待って」とコンビニに買い物に行きますが、戻ると大津はいなくなっていました。

友達としてひとこと言っておく。好きじゃない男とこういうことをするな。

と大津からの置手紙が。

 

純は柊磨の家を訪ね、大津に逃げられたと伝えます。

「やってやろうじゃない、お試しの恋」と言って純は柊磨に抱きつきます。

そしてそのままベッドへ倒れこみ・・・。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

純、アリサ、響子、3組それぞれの恋愛(?)が動き出しましたね!

恋愛なんていらないと言っている純が意外にも積極的でびっくりしました!

この3組は本気の恋愛になっていくのでしょうか?

シェフ・岩橋の秘密も少しずつ明かされてきていますね!

ますます恋マジから目が離せません!

次回もとても楽しみです♪

 

恋マジ:第3話

あらすじ

「やってやろうじゃない、お試しの恋!」と勢いに任せて柊磨(松村北斗)の部屋を訪ねた純(広瀬アリス)だったが・・・。

シャワーを浴びた柊磨は純にキスをしようとしたが、「今したらもったいないから」と言い何もしないまま朝を迎えます。

朝、柊磨がコンソメを作っているところを純が見ていると、拓人(古川雄大)が鍋を持ってやってきます。

驚いた純が、「なんでここに先輩が?」と聞くと、柊磨は拓人と兄弟なんだと告げます。

柊磨と拓人は異母兄弟だったのです。

 

会社では、島(星田英利)から展示会に出すデザイン案の模型が上がってきますが、横井(安藤ニコ)のデザインに比べ、自分の案は冒険が足りないと納得がいかない純。

結局、もう一度考えて新しい案を出そうと決意します。

 

そんな中、突然柊磨からデートのお誘いが入ります。

「2人では間がもたない」と純はアリサ(飯豊まりえ)と克己(岡山天音)を誘いダブルデートをすることにします。

腕を組もうとする柊磨を純は拒否。

「恋愛には興味ない、でも今のうちに女としての最低限の経験はしておかなきゃと思っているだけ」という純を柊磨は受け入れます。

4人で話していると純は急に近くのギャラリーに行こうと言い勝手に行ってしまいます。

「恋愛には興味がない」という思いとは裏腹に柊磨のエスコートに純はドキドキが止まりません。

アリサと克己が腕を組んで歩いていると、別の女性と歩いているパパ活の相手・田辺(アキラ100%)とばったり出会ってしまいます。

「私だけだって言ってたのに!」と怒るアリサに克己は「怒るってことは(田辺を)好きなんですね」と言います。

純と柊磨はガラス工房へ。

「純さん、こういうの好きかと思って」と柊磨がデートの下見までしてデートの場所を選んでくれていたことを知り、喜ぶ純。

このデートがきっかけで新しい食器のデザインが浮かびます。

 

響子は夫の敏彦(味方良介)に一緒に産婦人科に行ってほしいと伝えますが、敏彦はそれを拒否します。

来週は結婚記念日という2人。

結婚記念日当日、響子はサリューを予約し、敏彦を待ちます。

なかなか来ない敏彦に電話をすると、なんとゲームの発売日で並んでいたのです。

サリューを出た響子は、スカーフを忘れて戻ります。

料理を食べていなかったことを謝り、やっぱり料理を食べていくことにする響子。

シェフ・要(藤木直人)はそんな響子の前に座り、一緒食べ始めます。

要は「またいらしてください。1人で」と優しく響子に伝えます。

 

純は新しいデザインを島に持っていき、認めてもらえると嬉しくて柊磨のところに向かいます。

嬉しさのあまり「ありがとう!」と思わず抱き着いてしまいます。

が、気まずくなってしまい慌てて立ち去ります。

 

純の誕生日当日。

純は柊磨とのツーショット写真などが投稿された、ひな子(小野花梨)のSNSを見つけます。

そんなとき、母から電話がかかってきます。

トモベという男性と東京に出てきているという母に純は会いに行きます。

親らしいことをしてあげられなかったと謝る母に、「いつも私より男が大事」と言い切り純は母を振り切りその場から立ち去ります。

 

純が家に戻ると、アリサに住所を聞いたという柊磨が待っていました。

「誕生日おめでとう」と純にブレスレットをプレゼントします。

しかし、「いつか壊れるものならいらない」ともらったブレスレットを落としてしまいます。

そのまま部屋に戻った純は涙をこらえます。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

第3話はとにかく柊磨役の松村北斗くんがかっこよすぎました!

拓人(古川雄大)と柊磨が兄弟だということに、「そういう設定かー!」と驚きました。

3組がそれぞれ色々な思いを抱えながら、お互いに恋に落ちていくかんじが見ていてドキドキします!

純は柊磨のことを本気になってきているからこそ、どんどんひな子(小野花梨)の存在が気になってきましたね。

第4話ではどうなっていくのでしょうか、次回も楽しみにしたいと思います♪

 

恋マジ:第4話

あらすじ

柊磨(松村北斗)との関係をにおわせるひな子(小野花梨)のSNSが気になって仕方ない純(広瀬アリス)。

しかし、面と向かって2人の関係を聞く勇気はなく、純はモヤモヤした気持ちを抱えたまま、柊磨を避けるようになってしまいます。

 

響子(西野七瀬)は1人でサリューにランチを食べに行きます。

柊磨は要(藤木直人)に響子が来ていることを伝えますが、反応せず料理を作り続けます。

すると、「シェフからのサービスです」と食後のコーヒーと共にハートのチョコレートが。

 

アリサは試着室で試着しSNSに写真をアップすると、田辺(アキラ100%)から電話が入る。

が、電話を無視するアリサ。

 

純は大津(戸塚純貴)とばったり会います。

気まずい純に、「長い付き合いだからあんなことでヒビが入るのはもったいない」と今まで通りに接してくれます。

何かあったのかと聞く大津に、純は母親を見てきたから、男に振り回せるのは嫌だと打ち明けます。

大津は、純の母親は不幸じゃなかったんじゃないか、考えすぎとアドバイスをします。

 

田辺がアリサの店に来て、この間一緒にいた女性は前妻の子供だと説明します。

その夜、アリサは田辺と会います。

この前にお詫びにと20万円はするというバッグをプレゼントします。

アリサは抱きつき、ありがとうとは言うものの何か浮かない表情。

 

純は展示会に向けたデザインが納期を目前に行き詰っています。

絶対に納期には間に合わせますと、焦りばっかりが募っていたある晩、突然差し入れを持った柊磨が残業中の純を訪ねてきます。

柊磨は「何か俺に怒ってる?」と聞きます。

純は新しいデザインで行き詰ってると柊磨に話します。

アイデアは机に座っているだけでは浮かばないという柊磨、後日2人で食器市に出かけます。

その帰り、柊磨は「うち寄ってく?」と純を誘いますが、純は誘いを拒否しそのまま帰ってしまいます。

 

アリサは克己(岡山天音)をつれてショップに行きます。

そこで克己は、「本物のデートをしませんか?」とアリサを誘います。

 

自分は遊ばれていると疑念は晴れないものの、意を決してひな子のにおわせ投稿が真実かどうかを確かめにサリューへ向かいます。

そこで柊磨は、「仮に女を泊めたとして、何か問題ある?」と答えます。

 

一方で、アリサは克己にいい景色があるからと言われて山を登ります。

そこで克己は空の箱をプレゼントし、得意の手品でアリサを驚かせます。

この日は克己がアリサの家に行った日から1ヵ月、記念日が大事と言ったアリサの言葉を覚えていたのです。

そして、「キスして」というアリサに克己がキスをします。

 

響子は敏彦(味方良介)に、サリューのレシートを見られます。

ランチ2800円に驚いている敏彦に、以前食べたチーズスフレを再現したくて勉強のために行ったと伝えます。

後日響子はチーズスフレを作ってみるがうまくいきません。

サリューに電話して要に聞いてみると、ちょうど空き時間だからと丁寧に作り方を教えてくれます。

チーズスフレは無事に美味しく完成し、電話を切ろうとする響子に「響子さん、またいらしてください」と要。

その言葉に響子は微笑みながら喜びます。

 

純はインスタを見ていると、ひな子の投稿が偽装だと気づき、家を飛び出し柊磨の部屋へ向かいます。

柊磨の部屋にはひな子が。

純がドアを開けると、2人は抱きついています。

ひな子を柊磨から引き離し「この人に手を出さないで」と純。

「自分だけ特別だなんて勘違いしないで」というひな子に、偽装投稿を見せ「わたしは嘘をつかない」と。

純は続けて「あなた(柊磨)がそういう人だってわかってた、それでも好きになった」と言い、

「それでも好きになるのをやめられない、だから恋なんてしたくなかった、嫉妬でいっぱいの自分も、あなたも大嫌い」と泣きながら気持ちを伝えます。

柊磨は純を引き寄せキスをします。

それを見たひな子は部屋を出ていきます。

激しくキスをする2人はそのままベッドへ・・。

 

ドラマを観た感想

ネットではラストシーンに「キュンキュンした!やばい!」と大盛り上がり!

 

あいみょんさんも取り乱したとツイートされています!

 

 

 

 

純と柊磨の恋が急展開!

ラストのあのキスシーンにはびっくりしました!

このキスシーンから、柊磨も純に本気になってきているのかなと思いました。

さらにアリサと克己の恋も本物になりそうですね!

要に恋心はあるのか・・・そこはまだまだわかりません。

純と柊磨の恋はもちろんですが、アリサと響子それぞれの恋も気になる!!との声もネットでは多くありました!

次回もさらに振り回されそうな予感です!楽しみです!

 

恋マジ:第5話

あらすじ

思いが通じ合い、ついに結ばれた純(広瀬アリス)と柊磨(松村北斗)。

幸福感でいっぱいの純の頭の中は柊磨でいっぱい。

仕事中も上の空でまるで別人のようになってしまいます。

 

アリサ(飯豊まりえ)は、克巳(岡山天音)に会いたくなり、克己が働くコンビニへ向かいます。

仕事が終わった克巳はアリサの家に。

アリサが克巳に迫ると「それはダメです」と拒否されてしまいます。

理由はなんと、克巳はセックスがうますぎて相手を虜にし、ダメにしてしまうから。セックスは終わりの始まりだと言うのです。

 

純とアリサ、響子の3人はネイルサロンへ。

その帰り道、響子はアリサに純には秘密でとセックスレスだと打ち明けます。

さらに、シェフ・要(藤木直人)に会いにサリューに通っていることを打ち明け、アリサをサリューへ誘います。

たまにはサリューへ行くことにたまには付き合ってほしいと響子。

すると響子の思いを知ったアリサが、料理の手伝いを口実に要を家に呼び、ホームパーティーをしようと提案します。

 

一方、純は島(星田英利)に呼び出され、陶器工場へ。

展示会に向けたデザインについて話し合っているうちに、長く使われているものにはそれなりの理由があると柊磨が言っていたことを思い出します。

そして、島を納得させることができた純は嬉しくてそれを柊磨に話します。

柊磨は「聞いているのが楽しい」と純の話を聞き優しく微笑みます。

「恋って悪くないね」と純。

 

柊磨との恋に幸せをかみしめていた純だったが、ふと、柊磨が誰にでもやさしい性格であることを思い出し、不安がよぎります。

純がサリューへ行くとひな子(小野花梨)の姿が。

ひな子への態度も以前と変わらない柊磨を見て、ますます不安になります。

 

響子は、夫・敏彦が出張だという日を狙ってホームパーティーを開きます。

要と料理を作る響子になんとなく違和感を覚える純。

楽しくパーティーをしていると、早く終わったからと予定より早く出張から帰宅する敏彦。

響子は要を紹介し、何も言わずにパーティーを開いたことを謝ります。

パーティーからの帰り、純はアリサに「響子と要さん、何かあったの」と問います。

 

次の日、純はサリューの前で響子と会います。

純はアリサから要のことを聞いたと言い、要のファンであることは全然悪いことじゃないよと伝えます。

しかし響子は、「違う。要さんとキスしたりその先も考えてた。要さんが好き。」と本当の気持ちを打ち明けます。

さらに、自分はもう引き返せない。純には分かりっこない。と思いをぶつけます。

 

柊磨からの連絡を無視している純。

純が帰宅するとマンションの前に柊磨が待っていました。

「俺、避けられてる?」と聞く柊磨に純は仕事が忙しかっただけだと嘘をつきます。

去っていく柊磨に純は後ろから抱き着き、本当は避けていたと打ち明けます。

素直な思いを打ち明けた純に柊磨は、「大丈夫だよ」「心配しなくていいよ」と純を抱きしめます。

 

謎の部屋に謎の女性たち。

謎の女性・真弓(斉藤由貴)は「恋人、もうすぐ会えるんだ」とスマホの写真を見ています。

その写真には、柊磨が・・・。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

第5話も情報がたくさんでしたね!

ラストに出てきた謎の女性は誰なのか、本当に柊磨の恋人なのでしょうか。

それとも過去の女性?母親?とても気になります!

響子の恋心がとても大きく止められなくなってきました。

要は旦那さんと会ってしまったわけですが、今後どう2人の恋が進んでいくのか・・。

克巳が言った衝撃的な告白も気になります。

そして次回、ついに要の過去が明かされます。早く知りたい!

 

恋マジ:第6話

あらすじ

テーブルウエアの展示会が開かれ、純(広瀬アリス)がデザインした器はその斬新さと美しさで大好評。

カップ&ソーサーが欲しいというお客がいると聞き、売り場へ行くと、それは柊磨(松村北斗)でした。

「なんで展示会のこと教えてくれなかったの?」と話していると、そこに拓人(古川雄大)が。

拓人が純の部下の前で2人が付き合っていることをほのめかすが、思わず純はそれを否定し、「友達」だと言ってしまいます。

柊磨も純に合わせ「友達」だと言うが、どこか寂しそうです。

 

同じ頃、「サリュー」にはオーナー(小市慢太郎)がふらりとやって来て、突然、店を閉めると言い出します。

要のことで週刊誌から連絡があったという。

柊磨は反対しますが、要は意外にもあっさり受け入れ、次の仕事を探し始めます。

 

純と柊磨の様子が気になる拓人は、後日会社で純に声をかけます。

純は付き合ってるけど人に知られたくない、もし失敗したら恥ずかしいから、と打ち明けます。

純が柊磨の過去の恋愛について質問すると、

「本気で付き合ったことはないと思う、純と柊磨はお似合いだ。恋愛は人に弱みを見せあうことだから」と拓人は答えます。

 

純がサリューへ行くと店はいつもと違いとても混雑しています。

要が店を空けることが多くなり、柊磨が1人で厨房に立つが、料理の提供が遅れるなどしています。

純がその様子を見て柊磨を心配し「手伝おうか」と言うが「触らないで」と柊磨は余裕がありません。

さらに、ホールで手伝っている男性は自分の父親だと言います。

 

要は本格的に就活活動を始めるがうまくいきません。

穴だらけの履歴書に疑問を持たれた要は「料理を食べてほしい」と頼みます。

 

純は店の片付けを手伝いながら、オーナーと話をします。

オーナーは「サリューを閉める、柊磨には覚悟がない」と言います。

店を出て考えごとをしている柊磨を心配して純は声をかけます。

純は「力になりたい。もっと甘えてよ。」と伝えますが、柊磨は本音を話そうとせず、「甘え方がわからない。」と拒絶してしまいます。

 

アリサ(飯豊まりえ)は克巳(岡山天音)ともんじゃ焼きを食べに行き酔っぱらって帰宅。

アリサがキスをして押し倒しますが、克巳は今回も「ダメ」と断ります。

 

いつもの女子会をしようと純が柊磨に連絡をするとその日はワイン同好会だと断られてしまいます。

貸し切りなんて大丈夫なの?と心配する純に柊磨はその日は要もいるから大丈夫と。

すると当日要のもとに面接した店から「料理を作ってほしい」と連絡が入り、要は面接を優先してしまいます。

1人で厨房に立ち同好会の対応をする柊磨でしたが、1人では対応しきれず、「今すぐ来てほしい」と純に助けを求めます。

純は、アリサと響子にも応援を頼み、アリサが声をかけ克巳も手伝いにやってきます。

一方で、要は面接で料理をつくっています。

オーナーが試食をしていると、コックがやってきて「話が・・」とコソコソと話を始めます。

 

みんなの協力もあり、ワイン同好会は「来年もまたお願いします」とお客からも感謝され、無事に終わります。

そこへ要は戻ってきます。

要の過去のことで就職の話はなくなってしまいました。

喫煙所で1人でいる要のところに響子がやってきます。

要は響子についに過去のことを告白します。

5年前、務めていた証券会社で詐欺をし1年服役していた。

出所後フランスへ行き料理人になった、オーナーは全てを知ったうえで雇ってくれた。と。

 

片付けも終わり、みんなで打ち上げ。

純は「本当にお店を閉めるの?」と純が聞くと、柊磨は自分の気持ちを打ち明けます。

「親父に店の経営とか借金とか自分で持つから、店を譲ってほしい、と言ってみたらどうかな」と聞くと、「言ってみたら?」と純は優しく言います。

 

純がワインを取りに行くと店の外に謎の女性・真弓(斉藤由貴)が。

店は今日は閉店していると伝えると、柊磨を見つめ真弓は立ち去ります。

すると柊磨に電話が。

「真弓さんが施設から抜け出した」と母親の真弓を探しに行きます。

店のそばの公園にいた真弓を発見。

真弓は柊磨に抱き着き、近くにいた純をじっと睨みます。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

要の過去が衝撃すぎました!

どんな理由で詐欺をしてしまったのか気になるところですが、その説明は今後あるのでしょうか。

ポーカーフェイスでいつも優しい柊磨が、どんどん純に弱みを見せられるようになってきましたね!

甘え方がわからないという柊磨が純に甘えるときの松村北斗くんの表情の演技がとてもよかったなと思いました。

柊磨の母親も登場し、まだまだ問題発生しそうな予感です・・・。

個人的には、アリサ×克巳カップルが好きなので、今後どうなるのかが気になっています!

 

恋マジ:第7話

あらすじ

公園からサリューに戻った柊磨(松村北斗)、母親・真弓(斉藤由貴)、純(広瀬アリス)の3人。

真弓はギャンブル依存症で施設に入所していたが、嫌になり出てきてしまったという。

しばらく部屋にいたいという真弓に柊磨は、

・絶対にギャンブルはしない。

・お店のお金は盗まない。

・お店のお酒は飲まない。

という3つの条件を出します。

真弓に純のことを聞かれ、「付き合ってる」と答える柊磨。

洗面台で純の髪留めを見つけた真弓は何やら怪しい表情を浮かべます。

 

翌朝、髪留めがないことに気づき、柊磨の部屋に取りに行く純。

柊磨が真弓に髪留めのことを聞きますが「見てない」と嘘をつきます。

 

一方、響子(西野七瀬)は週に1回、サリューの厨房(ちゅうぼう)で要(藤木直人)から料理を教わっています。

作った料理を外で食べることにした2人。

しかし、突然の大雨。

大雨で響子と急接近した要はキスをしようとしますが、寸前で思いとどまります。

 

「架空詐欺事件の証券マンがシェフに転身」と要の過去がネットニュースとなってしまいます。

サリューのオーナーであり父(小市慢太郎)は柊磨を呼び出し、サリューを閉店すると伝えます。

それを聞いた柊磨は、「サリューを買い取らせてください」と頼みます。

 

要のことを知った純は柊磨を訪ね、「なんで言ってくれなかったの。柊磨はいつも1人で抱えすぎ!」と怒りをあらわに。

お客が激減したサリューのために、純とアリサはビラ配りをし、響子と克巳(岡山天音)も店を手伝います。

 

純の会社では社長が「逆転人生」がテーマの取材を受けていました。

純は「逆転人生」という言葉でひらめき、要の人生を公表して集客できないかと柊磨と要に提案します。

そこで、店を一度閉めてリニューアルオープンすることに。

 

別れを切り出すため、田辺(アキラ100%)と会っていたアリサは何者かに写真と撮られてしまいます。

 

純は柊磨の部屋に。

真弓がいないので「チャンスだ」という柊磨は純にキス。

2人がその気になってきたところで真弓が帰宅してしまいます。

 

車の中で要を記事を見ている怪しい女・佐藤沙羅デュビビエ(藤原紀香)がいます。

 

サリューのリニューアルオープン当日。

純、アリサ、響子もサリューを手伝います。

克巳はバイトを辞めてサリューで本格的に働くことにしたといいます。

店は大繁盛!

すると、真弓がこっそりやってきて店の酒に手をかけます。

そこに柊磨が。

上で休んでてという柊磨に真弓は「わたしだって盛り付けぐらいできる」と反論します。

すると少し怒った様子の柊磨がみんなのことを説明します。

響子は要のもとで料理を習い、

克巳は言われたことをきちんとこなす努力の人。

アリサは天才的な接客ができる。

純がいなくちゃ何もまわらない、ここにいる人達はすごい、と。

真弓は面白くなさそうに口をとがらせます。

 

オーナーが女性と来店。

帰り際、「今日から3ヵ月で前年比3割増しを目指せ。それができたら店を譲る。」とオーナー。

柊磨は喜び、純に抱き着きます。

 

店を出たオーナーは真弓と偶然会います。

柊磨の邪魔をするな、もうアイツに付きまとうなと真弓にお金を渡しホテルに泊まれと伝えます。

真弓はお金を握りしめ、涙。

 

柊磨と純はサリューのリニューアルオープンに喜び、2人でくつろぎながら両親の話をしています。

柊磨は小さい頃、オーナー・父と仲が良かった。

しかし、真弓がギャンブルにはまり、6歳の時、何も言わず父が出て行ってしまったという。

それを聞いた純は柊磨に抱き着き、「わたしはどこにも行かないよ。」と微笑みます。

いい雰囲気になったところに、真弓が帰宅。

 

克巳と帰宅中のアリサに田辺から電話が。

妻にアリサとの関係がバレてしまい、慰謝料300万円を請求されているという。

田辺の妻が興信所に浮気調査を依頼していたのです。

 

一方、響子も自宅へ帰宅。

家に入ると、夫・敏彦(味方良介)がソファに寝ころびながら「お皿洗っといて」と言ってきます。

響子はそんな夫に言います、「別れてくれる?別れてくれますか」と。

 

酔って帰ってきた真弓は洗面所で転んでゴミ箱を倒してしまいます。

するとゴミ箱の中から、純の髪留めが出てきます。

「これ捨てた?」と聞く柊磨に、真弓は「知らない」と答えます。

柊磨は「ごめん、俺が間違えて捨てたかも」と真弓をかばいます。

 

部屋を出た純は髪留めを手にし、「絶対捨ててるじゃん」とつぶやきます。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

ネット上では斉藤由貴さんの演技がさすがだと話題に!

あの雰囲気は斉藤由貴さんにしか出せませんよね。

母親を庇う柊磨に切なくなってしまいます。

純との関係がこじれなければいいのですが・・・。

そして、ここにきて新たな謎の女性、まさかの藤原紀香さんの登場に驚きました。

要とはどういった関係なのでしょうか?

ネット上には元妻などとの声が。

アリサと克巳、響子と要の恋の行方もありますし、終盤に向けてまだまだ気になることがたくさん!

最後まで目が離せません!!

 

恋マジ:第8話

あらすじ

店をリニューアルオープンして一発逆転を狙った純(広瀬アリス)の作戦が功を奏し、サリューには客足が戻ってきます。

柊磨(松村北斗)が店を買い取る条件として、オーナーの次郎(小市慢太郎)が提示した売上目標も、達成まであと少しに迫ります。

 

店での仕事が終わると、柊磨は母・真弓(斉藤由貴)に純の髪留めを捨てたことを問い、「純を傷つけないで」と言います。

 

そんなある日、純が同僚とサリューへランチを食べに行くと、店では真弓(斉藤由貴)がホール係として働いています。

柊磨は本人の希望と人件費節約のためだというが、真弓はどう見ても足手まといです。

再び店の評判が落ちることを危惧した純は、柊磨に「やめさせたほうがいい」と忠告します。

 

柚希(香椎由宇)のネイルサロンでいつもの女子会の帰り道。

響子は、公園で要(藤木直人)が息子と妻といるのを見かけます。

週1回の料理教室の際に、そのことを要に話すと、要は「この後時間ありますか」と言い響子を自宅に招きます。

月1回子どもと会うこと、養育費を払っていること、妻は一生かけて償わなければならない相手だということを響子に話します。

未来は明るくないという要に、

「料理をしているときの要さんは輝いている。そういう要さんが好きです」と響子。

要は「僕も好きです」と言い、2人はキスをします。

 

アリサの部屋に克巳が訪ねてきます。

克巳がたまたまアリサの携帯を見ると、そこには「会いたい」などと田辺からのたくさんのメッセージが。

克巳は田辺に会いに行きます。

克巳はどうしてアリサが田辺と別れられないのかと問うと、田辺はアリサと別れたと言います。

そこで、克巳は田辺の妻に不倫がバレたことを聞きます。

 

大津(戸塚純貴)が純の会社を訪ねてきます。

働いているホテルのレストランで純がデザインした食器を使いたいとのこと。

仕事の話が終わると、大津は純の母親の話をします。

母親のことを許せない純に「もう許してやれ」と。

 

純がサリューへ行くと、店の裏で真弓が野菜の皮むきをしています。

店に出るなと言われたのは純が柊磨に言ったからだ、と真弓。

そこで純は正直に謝り、「柊磨のことを1番に考えられないでしょうか」と言ってしまいます。

真弓は「私が母親失格って言いたいんでしょ」と出て行ってしまいます。

そこへ柊磨がやってきて真弓をかばいます。

 

アリサは克巳に会いにサリューへ行きます。

アリサが田辺とホテルに行ったことがショックだった、アリサとはそんな深い関係じゃなかったんだ。

「付き合えたことは奇跡だった、ありがとうございました。」と言う克巳に、

アリサは「あんたなんかお金で買われたくせに、もう顔もみたくない。さようなら。ふったのは私なんだからね」と強がります。

克巳は「わかりました」と言ってその場を去ってしまいます。

 

純は拓人(古川雄大)に真弓のことを聞きます。

真弓がギャンブル依存の施設に入っていて、次郎に捨てられ自殺未遂を図ったということ。

柊磨が12歳の頃、自分が引き取るという次郎に真弓が死なないように自分が見張ってなければいけないと柊磨はそれを拒否。

そのかわり、真弓にばれないように毎月5万円を振り込んで欲しいと次郎に頭を下げたと。

幼い頃から苦しめられ、縁を切るほど母親を嫌っている純は、真弓を決して見捨てようとしない柊磨に複雑な思いを抱きます。

しかし、幼い頃の柊磨の驚くべき話を聞いて、自分から真弓に歩み寄ろうと決意します。

 

純は柊磨と2人で行こうと約束していた野菜の買い付けに真弓も誘おうと提案します。

柊磨が野菜を見ている間、純は真弓と2人で話します。

柊磨の幼い頃の話など、いい雰囲気で話をしていたが依存症を治そう、一緒に頑張りましょうなどと純が言うと、

「バカにしないで、あんたに何がわかるの」と真弓は怒ってしまいます。

そこへ柊磨やってきて、「何を言ったの」と純を責め、真弓の傍に行ってしまいます。

 

店に戻ると、ひな子(小野花梨)がやって来て、こっそり純を呼びます。

以前来店した際、ワインに酢が入っていたといいます。

そこで他の女性客にも意地悪をしまくっていることも判明します。

純は苦情が出ていることを柊磨に伝え、真弓には施設に帰ってもらったほうがいい、このままでは店に影響が出る。

「毒親は毒親、変わらない」と言ってしまいます。

それを聞いていた真弓は包丁を持ち走りだします。

追う柊磨と純。

真弓は純に包丁を向け、「柊磨に近づかないで、わたしたちのうちに2度と来ないで!」と泣き叫びます。

純に「帰ってくれ、帰って、帰れ」と柊磨。

 

一方、サリューでは謎の女性(藤原紀香)が店に現れます。

そしていきなり要にキスを・・・。

それを目撃した響子は店を飛び出します。

 

柊磨に帰れと言われ、歩いていた純の前から響子が。

2人は抱き着き泣きじゃくります。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

今回は、見ていてモヤモヤする回でしたね(笑)。

見ている人をそう思わせる斉藤由貴さんの演技が本当にすごすぎて、引き込まれてしまいます。

このまま、柊磨と純は別れてしまうのでしょうか・・。

そして、藤原紀香さん演じる謎の女性の正体はまだ分からずでした。

いきなり、お店に来て要さんにキスって何事?!ってなりましたよね!

アリサ×克巳もこのまま別れてしまうのでしょうか。

可愛いカップルだなと思って見ていたので、アリサには素直になってほしいです!

まだまだどのカップルも展開が読めません。

次回を楽しみに待ちたいと思います!!

 

恋マジ:第9話

あらすじ

サリューにやってきた謎の美女・佐藤沙羅デュビビエ(藤原紀香)。

沙羅はかつて要(藤木直人)がパリで世話になったパトロン(支援者)でした。

突然いなくなった要をずっと探していたと言い、「パリに帰りましょう」と、新たに開業するレストランに要を誘います。

そんな2人のやり取りをみていた響子(西野七瀬)は圧倒的な敗北感を感じていました。

 

刑期を終えパリへ行った要は、名門貴族の未亡人・沙羅に世話になったそう。

沙羅はうなるほど金を持っていて、要は専属の料理人(ただのヒモ)だったといいます。

 

柊磨(松村北斗)は、要のシェフとしての未来を思い、パリに行ってほしいと告げます。

本当はその言葉とは裏腹に、要がいなくなることが寂しくて仕方ないのですが、その思いを素直に口にすることができません。

幼い頃から、大切な人が自分の前からいなくなる経験を繰り返してきた柊磨は、引き止めて傷つくことが怖いのです。

 

 

その頃、克巳(岡山天音)に別れを告げたアリサ(飯豊まりえ)は、田辺(アキラ100%)の妻に慰謝料を支払うため、キャバクラでアルバイトを始めていました。

 

純(広瀬アリス)は、克巳にアリサは克巳のことが好き、そして必要としてると伝えます。

そこでアリサがキャバクラで働いていると知った克巳は、全財産を持ってアリサが働いているキャバクラへと向かいます。

するとそこに田辺(アキラ100%)もお金を持ってやってきました。

そのお金を持って田辺の家に謝りに向かう克巳とアリサ。

アリサは田辺を本当に好きだったという克巳に、田辺は自分のカラダだけが好きだったと嘘をつきます。

 

アリサの家に戻ると、なんであんなこと言ったのと怒るアリサに「これからは本当のことを言ってください」と克巳。

田辺とはカラダの関係がないと愛されていないと感じていたアリサでしたが、克巳は違うと言います。

でも、したらもっとわかるかも、と言い2人はそのままベッドに・・・。

 

一方、デートを楽しむ要と響子。

そこで響子はKANAMEと刺繍の入ったエプロンをプレゼントします。

響子は今まで道を踏み外さないように生きてきたとこれまでのことを話します。

そんな中での要との出会いは大冒険で、会えてよかった、楽しかったと別れを告げます。

 

純は大津(戸塚純貴)と仕事で会い、その後ご飯に行くことに。

入った店に純の母親がいます。

そこで男の人ってそんな悪いもんじゃないよ、優しい人もおるんよという母親の話を聞く純。

帰り道、「恋をしたら辛くなるのが嫌」という純に、大津は結婚するなら俺ぐらいがちょうどいいんじゃないかと突然の告白。

「ジョーダンだ」と大津は笑います。

 

大津と別れ1人になった純は、純はとても仲良さそうに歩く克巳とアリサに会います。

きっちり別れたわけじゃないんですよね?と克己に柊磨のことを聞かれ、連絡もないしわたしなんかいらないのかなと弱気になる純。

寂しいときに寂しいと言えないのが柊磨だと、克巳は言います。

 

純はサリューへ。

そこでひな子から、柊磨の母親の嫌がらせは昔からで柊磨に彼女ができると別れさせようと邪魔をしていたと聞きます。

純は店の裏で玉ねぎの皮むきをしている真弓のところに行きます。

皮むきのやり方を真弓にアドバイス。

そして、柊磨と一緒に暮らしたいからギャンブルはやっていないという真弓にその調子で頑張ってくださいとだけ言い、その場を立ち去ります。

 

会社に戻った純は、大津から純の器を採用できなかった聞きます。

そして、上司から営業部に異動になることを告げられます。

すると大津から誘いが入り、仕事終わりに2人で飲むことに。

大津からの「俺はいつでも味方だよ」という優しい言葉に純は思わず泣き出してしまいます。

 

沙羅は要から返事を聞きに再びサリューへ。

要は、パリには自分の代わりはたくさんいるが、サリューには自分しかいないとパリ行きを断ります。

しかし諦めない沙羅は、料理人としての100%の答えが聞きたいと店を出て行きます。

要の答えを聞いた柊磨が、いい選択だとは思えない、要さんが本当にしたいようにしてと要を気遣います。

そんな柊磨に「お前はこの店をどうしたいんだ」と要が問うが、柊磨は何も言えずにいます。

 

大津は純との帰り道、この間の結婚の話は本気だったと白状します。

すると純は「じゃあさ、結婚する?」と言います。

 

柊磨は玉ねぎのむきかたを純から教えてもらったと真弓から聞き、純がいつも応援してくれていたことを思い出します。

走って純のマンションに向かうが、そこで見たのはマンションに向かって歩いてくる純と大津の姿でした・・。

 

ドラマを観た感想

 

 

 

今回は克巳が大活躍でかっこよかったですね!

アリサ×克巳が無事に仲直りできて安心しました、とても可愛いカップルです♪

柊磨がやっと自分の気持ちに素直になったと思ったら・・・。

純はどちらを選ぶのでしょうか?

もちろん柊磨を選んでほしいと思うのですが、大津が良い人すぎて報われてほしいとも思ってしまいます(笑)

そして、要はパリに行ってしまうのか。

次回いよいよ最終回。楽しみにしています!!

 

恋マジ:第10話(最終回)

あらすじ

久々の女子旅に出かけた純(広瀬アリス)、響子(西野七瀬)、アリサ(飯豊まりえ)の3人。

そこで純は、大津(戸塚純貴)に結婚しようと言ったこと、上司に営業部への異動を告げられてショックだったことを2人に話します。

そして響子とアリサが眠った後、純は1人、柊磨(松村北斗)と最後に会った日のことを思い出します・・・。

 

柊磨と最後に会った日。

柊磨がやっと素直になり、「戻ってきてほしい」と伝えられるも、純は無理だと断ります。

純は結婚するかもしれない、と柊磨に告げ逃げてしまいました。

 

サリューでは、仕事が終わった柊磨が家で酒を飲み、酔っぱらっています。

閉店した店へ降りるとそこには店の酒を飲む真弓が。

純のことで右往左往する柊磨を見て、真弓は「お店のお酒を飲んだら施設に帰る約束をしたよね」と言います。

 

一方、恩義のある沙羅(藤原紀香)からのパリへの誘いを断り、日本に残る決意をした要(藤木直人)は、沙羅を店に呼び、柊磨と2人で作った料理を食べてもらうと言い出します。

沙羅は美味しいと認めるも、上には上があるとパリ行きを勧めます。

帰り際、要の詐欺被害者という男が急に要に殴りかかります。

沙羅はその男に詐欺にあったという200万円分の小切手を渡し、もう近づかないでと伝えます。

要はサリューにいる限り、このようなことがまた起こるかもしれないとパリ行きを決めます。

 

要がパリへ旅立つ日。

響子は要を追いかけて空港へ。

響子は離婚届を置いて家を出てきたというのです。

本格的にフランス料理を習って、いつか要のもとで働きたいと告げます。

「弟子にしてください、生まれて初めてこれしかないと思えた」と響子。

そんな響子に、「3年たったら戻ってくる、待っていてください」と要。

要は沙羅から2週間の猶予をもらい、響子に料理を教え込むといいます。

その夜、アリサは酔っぱらった響子を連れて純の部屋へ。

そこで純は真弓が施設に戻ったことを知ります。

 

純は大津に会いにレストランへ。

純がデザインした皿にのった料理が出てきます。

大津は、純の嘘をつけないところが好き、本当の気持ちを聞かせてくれん?と笑顔で純に聞きます。

 

純はサリューへ走ります。

テーブルには純がデザインした皿にのった料理が置いてあります。

大津からプロポーズされたけど帰ってきた、自分のお皿に合う料理は柊磨の料理だけだと感じたといいます。

 

柊磨の手を取って公園へ走り出す純。

そして、「好きって言って」「ここでみんなに聞こえるように好きって言って」と大声で叫ぶ純。

すると柊磨も「好きだ、大好きだ、二度と離れないでくれ」と叫びます。

柊磨は純がいなくて苦しかったと素直に伝え、直したブレスレットを純に投げます。

2人は抱き合い、ブレスレットをはめます。

 

失恋に乾杯する柚希(香椎由宇)と大津。

そこで自分はアセクシュアル(他人に恋愛感情を抱かないこと)だと打ち明けます。

そして、純のことを気にかけていたことを話します。

 

純と柊磨は、オーナー・柊磨の父親(小市慢太郎)のもとへ。

土下座をしてサリューを譲ってもらった柊磨。

純は、フリーのコーディネーターになっており、ゆくゆくは柊磨とサリューを共同経営するつもりと伝えます。

 

2年後。

サリュー、リニューアルオープン2周年パーティーの日。

パリにいる要とビデオ通話でつながります。

お店ではみんなが賑やかに盛り上がっています。

そして純と柊磨がみんなの前にやってきて、笑顔で手を振ります。

「いらっしゃいませ、恋するサリューにようこそ」

ドラマを観た感想

 

 

 

毎週楽しみにしていた恋マジが終わってしまいました。

響子はまさかの弟子にしてくださいでびっくり!

純が「好きって言って」という公園のシーンはとても可愛かったです。

そして個人的には、柊磨と母親の真弓がお酒を飲んでしまうシーンの松村北斗くんの演技がとてもよかったなと思いました。

ネット上では、早くも柊磨ロスがおきています(笑)

要さんが帰ってくる3年後や大津の今後も気になりますが・・・

最終回、ハッピーエンドでとてもよかったです!!

 

まとめ

恋マジのあらすじ感想とキャスト相関図を画像付きで!

いかがでしたでしょうか?
キャスト相関図や設定を詳しくみていくと「恋マジ」がますます楽しみになりますよね。
6人それぞれの恋はどうすすんでいくのでしょうか。

特になにかとプライベートでも話題の広瀬アリスさん、

そして大人気朝ドラ「カムカムエブリバディ」では好青年・稔さんを演じたばかりの松村北斗さんが、完全真逆キャラの長峰を演じるなど、キャストのメンバーだけでも見どころがほんとにたくさんです!

個人的には人妻役の西野七瀬さん、恋のライバル役・小野花梨さんがどんな演技を見せてくれるか楽しみすぎる!

月曜の夜をこれから楽しみにしたいと思いますw

以上、恋マジのあらすじ感想とキャスト相関図を画像付きで!松村北斗や追加ゲストなどまとめ!でした!

松村北斗と広瀬アリスがドラマ再共演で熱愛?画像つきでキスシーンや濃厚ラブシーンを調査!
松村北斗と広瀬アリスのベッドシーンとキスシーンまとめ!2022ドラマ濃厚ラブシーンを調査! 松村北斗と広瀬アリスのベッドシーンとキスシーンまとめ!2022ドラマ濃厚ラブシーンを調査!きわど! 2020年4月期の月1...
【2022最新】山田杏奈の歴代彼氏との匂わせがすごい!松村北斗と現在は?
【2022最新】山田杏奈の歴代彼氏との匂わせがすごい!松村北斗と現在は?【2022最新】【2022最新】山田杏奈の歴代彼氏との匂わせがすごい!松村北斗と現在は?というテーマでお話します! 「ミスミソウ」...
永瀬廉が池田エライザと初キス・ベッドシーン!映画「真夜中乙女戦争」みどころまとめ!
永瀬廉が池田エライザと熱愛キス・ベッドシーン!映画「真夜中乙女戦争」お似合いのラブシーンまとめ!永瀬廉が池田エライザと熱愛キス・ベッドシーン!映画「真夜中乙女戦争」お似合いのラブシーンまとめ! 2022年公開の映画「真夜中乙女...
【2022最新】鈴木伸之の筋肉がやばい!身長や好きなタイプなどプロフまとめ!
【2022最新】鈴木伸之の筋肉がやばい!身長や好きなタイプなどプロフまとめ!【2022最新】鈴木伸之の筋肉がやばい!身長や好きなタイプなどプロフまとめ!というテーマでお話します!見ほれちゃう! 劇団EXILEと...