国内ドラマ

金田一少年の事件簿ドラマあらすじネタバレを短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!2022!

金田一少年の事件簿を短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!
Pocket

金田一少年の事件簿ドラマあらすじネタバレを短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!2022!

4月24日日曜22:00から日本テレビで放送の「金田一少年の事件簿」、このドラマの主演は道枝駿佑さんです。

  • 前週の復習がしたい!
  • 時間がないからとりあえずポイント要点だけ知りたい!

そんな皆さんのために、「金田一少年の事件簿」のあらすじと内容や感想、そして考察などをネタバレありで、短く簡単にまとめました。

金田一少年の事件簿ドラマあらすじネタバレを短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!2022!

それではどうぞ!

https://1pack.blog/kindaichi-cast

 

「金田一少年の事件簿」の概要は?

画像

出展:公式Twitter

 

「金田一少年の事件簿」:ドラマ概要

  • 原作:『金田一少年の事件簿』
  • 脚本:川邊優子、大石哲也
  • 監督:木村ひさし、丸谷俊平
  • 制作:日本テレビ
  • 放送時間:毎週日曜日の22時30分から放送(初回のみ22時から)
  • 主演:道枝駿佑(なにわ男子)、上白石萌歌、岩崎大昇(美少年/ジャニーズJr.)

主演に抜擢されたのは今話題沸騰中のなにわ男子メンバーである道枝駿介さんです。

テレビドラマでは、「母になる」や「消えた初恋」などに出演していました。

ヒロインの上白石萌歌さんは「義母と娘のブルース」、「3年A組~今から皆さんは人質です~」のイメージが強いですね。

若いジャニーズの二人が出演していて目の保養になりそうです。

 

「金田一少年の事件簿」:主題歌はなにわ男子の「The Answer」

 

主題歌はなにわ男子の「The Answer」です。

速いテンポでかっこいいこの曲はサスペンス要素満載な「金田一少年の事件簿」のイメージにぴったりですね。

 

「金田一少年の事件簿」:原作コミックや小説があれば紹介

画像

出展:公式Twitter

 

この作品は講談社から出版され、1992年から2001年まで連載されていました。

ミステリーを題材とした作品で推理要素満載のため、毎回誰が犯人なのかわからない面白さがあります。

 

「金田一少年の事件簿」のキャスト相関図一覧

画像

出展:公式Twitter

 

こちらでは主要なキャストを紹介します。金田一一役の道枝駿佑さんと七瀬美雪役の上白石萌歌さんが幼馴染で二人は高校2年生という設定です。

二人の恋愛シーンが見られるのも魅力の一つですね。

 

金田一一:キャスト・道枝駿佑

画像

出展:公式Twitter

 

山田太郎:本作の主人公、どこか頼りない感じですが、殺人事件を察知すると人が変わったように事件の推理をします。    

演じるのは、      

 画像   

出展:https://pbs.twimg.com/media/FRHefVPUUAUnYE5?format=jpg&name=large

  • 名前:道枝駿佑
  • 生年月日:2002年7月25日
  • 身長: 179 cm

 幼げで子犬のようにかわいいイメージの好青年です。

笑った顔がとてもかわいくて思わずぎゅっとしてあげたくなっちゃいますね。

 

七瀬美雪:キャスト・上白石萌歌

画像

出展:https://pbs.twimg.com/media/FRGi3ZxVIAABbpO?format=jpg&name=small

 

七瀬美雪:本作のヒロイン、ミステリー研究会に所属しており、部員たちと学園七不思議に迫っていきます。

演じるのは、

 

  • 名前:上白石萌歌
  • 生年月日:2000年2月28日
  • 身長:163 cm

上白石姉妹の妹で、親しみやすがありドラマのヒロイン役に抜擢されることの多い方ですね。

演技だけでなく、歌唱力も非常に高いのが魅力です。

 

佐木竜太:キャスト・岩崎大昇

画像

出展:https://pbs.twimg.com/media/FRHKWSBaAAAe-Kt?format=jpg&name=small

 

佐木竜太:ミステリー研究会の部員で一や美雪の後輩の男の子。

演じるのは

画像

出展:https://pbs.twimg.com/media/FRHQIX-VsAA0xBS?format=jpg&name=small

  • 名前:岩崎大昇
  • 生年月日:2002年8月23日
  • 身長:174.5 cm

ジャニーズJr兼美少年で活動していて、歌唱力が非常に高いと多くの方から評価されています。

自身でも特技が歌うことだと言っているので、気になる方はぜひ聞いてみてはいかがでしょうか。

 

ドラマ名のあらすじと感想一覧

画像

出展:公式Twitter

 

★それぞれのあらすじにはネタバレを含みます。ご注意ください!★

第1話「学園七不思議殺人事件」

あらすじ

金田一達が通う不動高等学校には学園七不思議という七つの怪談話の噂があり、これをすべて知ってしまうと「放課後の魔術師」に殺されるという言い伝えがありました。

不動高等学校には2つの校舎があり、物語は古い校舎である「北の館」に脅迫文が届くところから始まります。

脅迫文の内容は、「放課後の魔術師」の名前を使って北の館を取り壊してしまうと七つの呪いがふりかかってしまうというものでした。

北の館は経年劣化のため以前から取り壊しの計画は進んでいました。

桜木るいこに誘われ、ミステリー研究会に入ることになった金田一。

るいこはミステリー研究会の会長を務めていました。

学園七不思議について調べていたるいこは、夜中に金田一含むミステリー研究会メンバーを呼び出します。

生物室を見るとるいこが首を吊られているのを見つけ、騒然となりますが、実際はなにもありませんでした。

何事もなかったと思われましたが、次の日、 金田一達が生物室にいくと昨夜見た光景と全く同じことが起こっていて、るいこは何者かに殺害されていたのでした。

死ぬ間際に残したであろうダイイングメッセージがパソコンに残されていましたが、その時は誰も解読することができません。

その後、同じ手口でミステリー研究会の尾上も殺害されてしまいました。

次々に起こる殺人に金田一らミステリー研究会メンバーは不安に駆られている中、美雪が次のターゲットとして狙われますが、なんとか生きていたのでした。

これ以上被害を拡大させるわけにはいかないと奮い立った金田一は周囲の状況や噂話、るいこのダイイングメッセージをもとに推理し、ついに犯人にたどり着くことに成功します。

犯人に辿り着く鍵となったのは10年前に起こった女子高生殺人事件と過去に製薬会社が治験の際に起こした6名の治験者失踪事件でした。

10年前の殺人事件で殺された女子高生は治験者の失踪事件について調べていたようです。
これらの情報からダイイングメッセージの意味を完全に把握した金田一はここから犯人の暴き出しにかかります。

まず、生物室で起こったように見えた首吊りによる殺害は鏡を廊下に斜めに置くことで生物室で起こったように見せかけるトリックで実際は物理室で起こっていたのだと見抜きました。

では、なぜ犯人は殺害場所を隠す必要があったのか、それは旧校舎に残っていたのが犯人だけだという致命的な事実を隠すためです。

ここで、犯人はこの中にいると金田一は言います。

選ばれたのは的場先生でした。金田一いわく彼の動機は音楽室の秘密を隠すためだということでした。

なぜなら音楽室には10年前に的場先生が殺した女子高生青山千尋の遺体を隠しているからです。

この秘密に迫ろうとしたるいこ、尾上、美雪は的場先生の標的になったのでした。

さらに、青山千尋が殺害された秘密にまで迫ると、25年前の治験者失踪事件にまでさかのぼります。

なんと的場先生は、製薬会社で働いていましたが、事件をきっかけに教師となりました。

事件を隠蔽することに決めた製薬会社は死体を学校に埋め、的場先生を死体の見張り役として教師という立場に置いたのです。

つまり、青山千尋は製薬会社の事件に迫ろうとしたことで、殺害されてしまったということです。

こうしてすべての過去が明らかになり、事件は解決しました。

 

ドラマを観た感想

 

 

第一話は30分延長して放送されましたが、90分間本当に目が離せませんでした。

個人的には、記念すべき第1話の冒頭でいきなり二人の人物が殺害されてしまうのが衝撃的でした。

さすがは本格サスペンスドラマだなと思いましたが、学園もののドラマでもあるんだし、いきなり二人も殺さなくても、、って思っちゃいました。

そこからの展開はハラハラドキドキで次は誰が殺されてしまうのかと自分も金田一と一緒に推理していましたね。

私の推理としては、ミステリー研究会メンバーの中に何かしら恨みを抱えている人物がいて、気に食わない人物を片っ端から殺していくのかな?なんて甘い推理をしていたら金田一君の推理を聞いて思わず「なるほどね、そういうことか!」と思わされてしまいました。

1つ1つの伏線がしっかりしていて、順を追って明らかにしていくとすべての行動の辻褄が合うように設定されているのが見どころじゃないかと思います。

正直、こんな推理一般人には無理だろって思いましたけど、金田一君は事件の推理に関しては右に出るものなしだからしょうがないです。

金田一役の道枝駿佑さんも金田一のイメージにぴったりで、普段のかわいらしいイメージとは打って変わってクールで知的な印象的でしたね。

美雪役の上白石萌歌さんも役にハマっていて、ドラマの最後で金田一にからかわれた時に照れるシーンが可愛かったですね。

美雪が目覚めるまで、ずっとそばにいてあげる金田一のやさしさも感じられて、これから恋愛シーンにも注目してみていこうと思いました。

次はどんな事件が起こるのか、来週の「金田一少年の事件簿」放送が楽しみですね。

 

第2話:聖恋島殺人事件 前編

あらすじ

金田一はは美雪たちミステリー研究会メンバーとフィッシングツアーに参加します。

フィッシングツアーには剣持警部も参加していて、訪れた場所はギリシャ神話に登場する海の怪物「セイレーン」がいると噂の聖恋島だったのでした。

セイレーンは気味の悪い声で人間を迷わせ、海に引きづりこみ食い殺してしまうという伝説があり、参加者は気が引けている様子でした。

ツアー初日の夜、参加者全員が寒野医師から指定した時間にある場所に集まるようにという内容の手紙が届きます。

参加者は手紙に書いてある要望通り指定された時間に集まるのですが、そこいたのは手紙の差出人の寒野医師で、息をする間もなく突然海から飛んできた矢が刺さり、殺害されてしまうのでした。

寒野医師の殺害に驚愕した参加者たちは、セイレーンの仕業なのかと疑う者と何者かによる犯行ではと疑う者で意見が分かれてしまいます。

さらに船内では食料を盗まれてしまったという問題が発生し、金田一・剣持警部・潮という参加者が荒れた海に釣りに行くのですが、その時潮が突然強い力で海に引きづりこまれ、命を落としてしまうのでした。

釣りに向かう前、金田一はコテージ管理人の霧声から海が荒れると魚はとれるが、今はとれないと意味深な発言を聞いたが引っかかっていました。

潮が亡くなった後、霧声が何かを隠していると推理した金田一は海について分析を始めます。

そんな中船内ではツアーガイドの凪田が昔看護師をしていて、潮に医療ミスの責任をかぶせられたことへの恨みから殺したのではないかと影尾から疑われていました。

ツアー参加者は度重なる参加者の不審な死に動揺し、緊迫した様子が続きます。

さらにセイレーンの声と思われる不気味な音が船内では鳴り響き、参加者の不安は募ります。

潮の死について推理する金田一は、手袋をしていたはずの潮の手に手袋がはめられていないことに気づき、違和感を覚えました。

その後、セイレーンの住処と思わしき場所を見つけたという報告があり、金田一は剣持警部に案内されその場所に向かいます。

そこで魚雷を発見した金田一はセイレーンなんて最初からいないことに気づき、セイレーンに成りすまして殺人トリックをしている犯人がいることに気づき、前編は終了しました。

 

ドラマを見た感想

 

 

1週間間を挟んで放送された第2話も見どころ満載であっという間の60分でしたね。

今回は元乃木坂46のメンバーで女優の生田絵梨花さんが出演していたことで、SNSでの反響も大きかったようです。

このドラマは殺人トリックを題材にした話ですから相変わらず殺人事件が頻繁に起こる物騒な世界ですね。

ギリシャ神話の伝説といわれるセイレーンの住処がある場所といわれると非常に魅力的な場所のように思えますが、こんなに参加者が謎の死を遂げるのなら絶対に参加したくないです。

聖恋島殺人事件は2話構成となっており、前編は参加者の謎の死が何者かの犯行によるものだと分かったところで終わりましたね。

個人的に驚いたシーンは金田一が潮が海に落ちたのを助けるために自分も飛び込んだところでした。

あんなに荒れた海に飛び込んだらまさかの主人公まで死んじゃうぞって思っちゃいますよね。

助かったみたいで安心しましたが。

今回の事件のトリックは潮の流れやツアー参加者の人間関係、コテージ管理人の霧声が隠していることが犯人特定に関わっているのではないかと推理しました。

次回の3話ではこの聖恋島殺人事件の犯人が分かるので、皆さんも次回放送までに犯人を推理してみてはいかがでしょうか。

犯人が誰なのか楽しみで次回も目が離せませんね。

 

第3話 聖恋島殺人事件 後編

あらすじ

事件について推理を始める金田一と剣持警部、美雪、佐木。

手がかりが全く掴めず困り果てていました。

同じ病院のドクターが2人も殺されたことに対して剣持警部は影尾に何か知らないか問い詰めるも答えは見つからず。

そんな時、ツアーガイドの凪田がある相談を持ちかけてきて、話を聞いていたところでまた新たな動きがありました。

舟着小屋の明かりがついていて、中では影尾が倒れていたのです。

そして今度は小屋の明かりが消え、小さな光が動いているのを見つけます。

その光の正体は影尾だったのでした。

これまでの事件についてツアー参加者の中に犯人がいると推理する金田一でしたが、推理どころではない他の参加者から反感を買ってしまいます。

そこで、密かに佐木と事件について調べ始める金田一。

調べるうちに犯人かもしれない人間を見つけた金田一は佐木にあることを調べさせます。

荒天が治まり2時間後には帰ってしまうため、それまでには犯人のトリックを見破りたい金田一は一睡もせずに推理していました。

そんな時佐木からボートを見つけたという連絡があります。

そのボートで釣り糸を見つけた金田一は寒野殺害のトリックに辿り着きました。

さらに美雪の話から影尾殺害のトリックにもたどり着きます。

そして再びツアー参加者の前で犯人はこの中にいると話す金田一。

金田一の話ではセイレーンの声は潮の満ち引きで起こり、犯人は全て計算通り犯行に及んだということでした。

そして犯人は伊豆丸だと明かすのでした。

伊豆丸は潮の流れと釣り糸、安全ピン、水中銃を利用したトリックで寒野を自動で殺害する仕掛けを作っていたのです。

さらに影尾殺害のトリックについても説明する金田一。

しかし、なにもかもに完ぺきなアリバイがあり証拠がないと反論する伊豆丸。

ただ、彼が犯人である証拠は手紙から指紋が出なかったことで明らかになり、ついに負けを認めた伊豆丸は事件に及んだきっかけを話し始めるのでした。

全てを打ち明けた伊豆丸は罪を償うを決め、事件は終わるのでした。

 

ドラマを見た感想

 

今回は前回の話から引き続き、聖恋島殺人事件の犯人が明らかになりましたね。

皆さんの予想は当たりましたか?

事件のトリックはしっかりと辻褄が合うようにできていて、トリックの種を聞いたらなるほどってなるんですけどなかなか犯人を当てるのは難しいですね。

今回の金田一は推理にかなり苦労していたようですが、かっこよかったですね。

朝まで一睡もせずに推理していたなんてすごすぎます。

普通なら少し寝ないと頭が回らなくて推理どころではないですよね。

犯人の伊豆丸が今回の事件を起こしてしまったきっかけを知ったら、こんな事件に及んでしまう気持ちも分からなくもないですね。

しかし、恨みがあるからと言って人を殺してしまうのは良くないことですね。

個人的には金田一の役に立つことができて嬉しそうな美雪がかわいかったです。

次回はどんな事件が起こるのでしょうか。

来週も金田一と一緒に事件について推理してみましょう。

 

第4話:白蛇蔵殺人事件

あらすじ

金田一と美雪は白蛇を神様の使いとして崇めている白蛇村に旅行に来ていました。

その旅行中に殺人犯を捜索中の剣持警部に出会います。

そんな3人の前に突如顔をマスクで隠したいかにも怪しい男が現れます。

男の正体は「白蛇酒造」という造り酒屋を営む白神音松の二男、蓮月だったのでした。

蓮月がマスクで顔を隠している理由は火事で追った怪我を隠すためとのこと。

彼は5年前の火事で行方不明だったものの2か月前に帰宅し、DNA鑑定で血縁関係は証明済みでした。

身元が発覚したためこれ以上の捜査はできなくなり、引き下がる金田一。

その後金田一らは職人の黒鷹らがいる酒蔵を見学することになります。

酒蔵見学をしているなかで事件が起こり、樽の中で蓮月の死体が発見されるのでした。

蓮月の父親の音松は息子の変わり果てた姿を見て、「白蛇様の天罰だ」と我を失っている様子。

そんなことがあるはずがないと金田一は犯人を捜すべく推理を始めます。

白蛇村の住人に話を聞く中で犯人が樽を使ったトリックで蓮月を殺害したのではないかと推測した金田一。

そんな金田一のもとに剣持警部が現れ、死体は蓮月ではなく左紺だったと連絡に来ます。

それを聞いて何かがつながった金田一はついに犯人を突き止めることに成功します。

すぐに白蛇村の住人を集め、推理について話し始める金田一。

犯人は左紺になりすました鷺森だと打ち明けます。

そして樽のトリックについて話し始めるのでした。

鷺森は樽のなかに左紺の死体を入れ、蓮月や左紺になりすましアリバイを作っていたのだと話す金田一。

さらに鷺森の正体は白神家三男白神黄介だと見抜くのでした。

その推理に負けを認めた犯人の黄介は事件の全貌を話し始めます。

黄介がいうには蓮月を殺したのは二男の左紺で、蓮月が巻き込まれた火事で黄介も被害に遭っていました。

その恨みからヤクザの鬼門と知り合った黄介は、整形して鷺森と名乗って村に潜入し左紺殺害を企てたのでした。

すべてを打ち明けた黄介は逮捕され、事件は幕を閉じました。

 

個人的感想

 

 

せっかくの旅行中なのに今回も推理に大忙しの金田一でした。

犯人の鷺森こと白神家三男の黄介は白蛇村を守るために自ら悪役を買って出た姿にはしびれましたね。

村を守るために実の兄を殺すのは相当勇気のいる行動だったのではないかと思います。

今回は比較的余裕そうな金田一でした。

あれだけのトリックを見破るのは相当てこずるのではないかと思いましたが、白蛇蔵殺人事件が1話完結だっただけに早かったですね。

今回の皆さんの犯人予想は当たりましたか?

私は見事当てることができました。

あんな細かいトリックまでは見抜けなかったので、ただのあてずっぽうですが。

鷺森が三男の黄介だったというのは本当に驚かされました。

来週はどんなトリックが見れるのか楽しみですね。

 

第5話:トイレの花子さん殺人事件

あらすじ

佐木からの誘いで民宿に行くことになった金田一と美雪。

民宿には合宿中の美大生がいて2人は彼らと肝試しをすることになります。

肝試しをする場所となったのは病院のトイレで、過去に患者だった「花子」の霊がいたとのこと。

クジの順番通りに花子さんの個室に向かう美大生と金田一ら3人。

肝試し中は金田一が終始頼りない姿を見せ、美雪にあきれられてしまいます。

2人の仲を縮めたい佐木は肝試しでのつり橋効果で急接近するのを期待していました。

そんな中、美大生の伊能の姿だけ見当たらないことに気づきます。

伊能の捜索をしている金田一らは床に血のようなものが落ちているのを見つけ、事件性を感じますが、ただのインクだと気づき伊能のいたずらだというになるのでした。

しかし、翌朝伊能の死体が見つかり事件が始まります。

今回の事件の犯人は肝試しに参加した美大生の中にいると推理する金田一。

地元の警察の捜査が役に立たず、金田一は1人、剣持警部に電話して事件について調べていました。

しかし、あと一歩のところで犯人にたどり着くことができず頭を抱える金田一でした。

そんな時、剣持警部から一見事件には関係のなさそうな電話がくるのですが、それをきっかけについに犯人にたどり着きます。

そして美大生らを集め、犯人のトリックについて話始める金田一。

剣持警部からの情報で犯人が毒殺だったことを説明し、犯人は偽トイレを使ったトリックで伊能を殺害したと話します。

そしてクジの順番まで操作し、伊能を殺害することができた唯一の人物は美大生の鳴沢だと断言します。

トリックのすべてを暴かれた鳴沢は伊能を殺害するに至った経緯を話し始めるのでした。

鳴沢は妹のさやが伊能によって自殺まで追い込まれ、命を落としてしまったことに対する復讐がしたかったのです。

こうしてトイレの花子さん殺人事件は解決するのでした。

 

個人的感想

 

 

今回の見どころは肝試しでビビりまくりの金田一でしたね。

事件について推理するときはかっこいいのに、こういうかわいらしいところはギャップがあっていいですよね。

肝試しのつり橋効果で金田一と美雪の距離が縮まるかと思いきや、安定に金田一が鈍感なままでした。

鈍感なのに、美大生の三角関係に気づくのは早くて佐木が感心していたのも面白かったですね。

最後まで進展がないまま終わるのかと思いきや、最後に金田一と美雪がイチャイチャするシーンもあって佐木だけでなく、私達視聴者も安心でしたね。

推理も大事ですが、金田一と美雪の恋の進展にも注目です。

来週も目が離せませんね。

 

第6話:金田一少年の殺人

あらすじ

金田一は有名ノンフィクション作家である橘氏のパーティーに新作原稿のありかが隠された暗号を解くための助っ人として出席していました。

橘氏の話では、原稿の中に出席者が過去に起こした犯罪が書かれているとのこと。

それを手に入れることができれば、大ヒット作を生み出すこと間違いなしということで暗号解読に躍起になる参加者たち。

一方金田一は暗号解読に対して消極的で、橘氏を激怒させてしまいます。

怒らせたままではまずいと剣持警部に言われ、謝罪に向かった金田一ですが、ここで事件が起こります。

金田一が帰ってこないので、橘氏の書斎まで剣持警部、佐木らが向かうとそこには、頭から血を流して倒れている橘氏と血の付いたトロフィーを持った金田一だったのでした。

このことから犯人の疑いをかけられる金田一。

しかし、金田一も橘氏の書斎に入ってから何者かに殴られて気を失い、気づいたらトロフィーを握らされていた被害者だったのです。

しかし、警察の捜査が入りこのままだと捕まってしまうと感じた金田一は1人で事件について推理を始めます。

暗号解読のため、剣持警部のふりをして大村から手がかりを得ようとしていた金田一ですが、またしても事件が起こり今度は大村が殺害されてしまうのでした。

このことでさらに事件の犯人だと疑われる金田一。

次は時任から手がかりを得ようと話をするのですが、またしても事件が起こり、金田一の目の前で時任が殺害されます。

次々に自分の目の前でパーティーの参加者が殺害されることに違和感を抱いた金田一は自分が誰かにつけられているのではないかと考えました。

連続殺人事件は世間でも広がりを見せ、金田一は完全に犯人だと疑われ、指名手配犯として捜索が開始されます。

逃亡中の金田一はもう捕まってしまう寸前のところで、いつきと都築にかくまってもらい推理を続行することに成功しました。

そして佐木が撮ったパーティーのビデオ動画を確認し、今度は桂木に話を聞きに向かいますがそこで今度は桂木が殺害されてしまいます。

警察から立て続けに追いかけられ、疲労困憊な金田一は何とか逃げ切ることに成功しますが、倒れてしまうのでした。

 

個人的感想

 

 

今回は金田一が犯人として疑われ、逃亡する姿が印象的な回でした。

犯人を見つける側のはずの金田一が犯人として疑われるのは新鮮でしたね。

しかもただの犯人ではなく、連続殺人の指名手配とは驚きです。

金田一の目の前で次々にパーティーの参加者を殺害する犯人は一体何者なのでしょうか。

ラストでは、金田一は疲労困憊で体がボロボロになり、倒れ込んでしまいました。

果たして金田一は真犯人にたどり着くことができるのか気になりますね。

次回予告では、金田一が警察に銃口を向ける姿もあり、どんな展開になるのか全く予想できません。

来週の放送で金田一をここまで追い詰めた犯人が誰なのか、そしてどんなトリックを使っていたのか早く知りたいですね。

 

第7話:金田一少年の殺人 後編

あらすじ

見えない所で金田一を追い詰める見えない真犯人は誰なのでしょうか。

世間では、金田一は重要指名手配犯となっています。

倒れていた金田一の下に佐木が駆けつけ、金田一は間一髪元気を取り戻しました。

金田一がこれから解くべき謎は原稿の在りかを見つけること、犯人はどうやって足跡を残さずに立花氏を殺害したのかです。

事件が長引き、美雪のことも心配になる金田一。

美雪にこれ以上心配をかけないように金田一は事件解決に向けて再び走り出します。

そして次に犯人から狙われるであろう野中にたどり着き「私で終わりよ」という伝言を受け取りした。

この言葉で自分が何か思い違いをしていたことに気づきますが、またしても今度は野中が殺害されてしまいます。

警察に追われる金田一はもうこれ以上の逃亡は無理だと悟ったのか、捨て身の覚悟で剣持警部ら警察集団に銃を向けます。

しかし、金田一は剣持警部に打たれ病院送りになりました。

ところが、これはその場をしのぐための演技で、剣持警部と連携して警察たちを欺くことに成功したのでした。

そして、ついに原稿の在りかの手がかりにたどり着き、剣持警部の協力で立花氏の殺害現場を見ることができた金田一は犯人のトリックのすべてを見抜きます。

犯人を見つけた金田一は、もう同じ場所にいることが分かり、犯人に向かってトリックのすべてを話し始め、犯人は都築だと明かしました。

この話に対して、都築は余裕の笑みを浮かべ、自分が犯人だという証拠はないと語り始めます。

しかし、トリックのすべてを見破られた都築は負けを認めたのか、自分が犯行に及ぶに至った過去を話し始めました。

都築には最愛の妻がいましたが、結婚後すぐに腎臓が悪いことが発覚し長く生きられないことが分かります。

自分の腎臓をささげてでも妻を救いたかった都築は、自分の腎臓を使って腎移植を考えますが、手術は失敗してしまうのでした。

そして臓器密輸グループに目を付けられ、立花氏と揉めることになり、結果的に5人を殺害してしまったのです。

すべてを打ち明けた都築は、自らの胸をナイフで突き刺し自害してしまいます。

都築の最後のメッセージは最愛の妻に僕の腎臓をささげて助けて欲しいとのこと。

犯人である都築は極悪な殺人犯になってしまいましたが、本心はただ最愛の妻を助けたかっただけなだったのです。

都築の思いは叶い、妻の手術は成功に終わり、今回の事件も解決できたのでした。

 

個人的感想

 

 

今回ばかりは解決できない難事件なのではないかと思われましたが、さすがは金田一でしたね。

何度も犯人として疑われながらもあきらめずに推理する姿は非常に元気をもらえました。

犯人は5人もの人間を殺害した極悪非道な人物かと思いきや、ただ最愛の妻を助けたかっただけの優しい心の持ち主で驚きでした。

ラストのシリアスな展開には思わず涙腺が緩くなってしまいます。

今回の犯人となった都築の男らしさが光っていましたね。

個人的には、金田一が警察に銃を向けるシーンが一番ハラハラしました。

今回の事件のトリックは奥が深く、金田一も相当追い詰められていましたので、まだ見たことがないという方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

来週はどんなトリックが繰り広げられるのか。

金田一と美雪の関係が進展するかどうかもこのドラマの大きな魅力の1つとなっています。

金田一少年の事件簿の今後の展望に目が離せません!

 

第8話:首狩り武者殺人事件

あらすじ

剣持警部の幼馴染で巽家に嫁いだ紫乃という女性のもとに首狩り武者から当主の生首をもらうという脅迫状が届きます。

それを聞き、金田一と剣持警部は巽家を訪れました。

巽家では紫乃の連れ子である征丸と前の妻の子供である龍之介が家督争いを繰り広げているのでした。

その最中、金田一は紫乃とからくり部屋を訪れ、客人の首なし死体を発見します。

首なし死体を発見し、からくり部屋について調べるも事件についての手がかりは見つからない様子。

そんなとき、金田一と美雪は村で行われる首なし祭りに誘われま、浴衣姿で参加することになります。

首なし祭りは普通の夏祭りかと思いきや、事件が起こり、美雪が何者かにさらわれていしまいます。

さらに金田一も何者かに襲われ意識を失い、気がついたときには2人の前首狩り武者が現れます。

危うく殺されかけていた金田一と美雪でしたが、帰りが遅いのが心配になった剣持警部が2人を探しにいき、森で倒れているところを保護したのでした。

今回は、剣持警部が金田一のじっちゃんの名にかけて事件について捜査を始めます。

そしてすぐに事件のトリックを見破ったと話し、事件のトリックについて話し始め、仙田猿彦だと明かしました。

その直後、仙田猿彦が銃を持って逃走したという連絡が入り、追いかけた先で仙田は命を亡くしていました。

これで事件は解決かと思われましたが、剣持警部の推理についてどこか引っかかる様子の金田一はこの事件の真犯人は別にいると明かします。

金田一の推理では真犯人は紫乃だというのです。

すべてのトリックを金田一に見破られてしまった紫乃は、事件を起こした経緯について話し始めます。

紫乃は前の妻である綾子という女に恨みがあったのです。

さらに龍之介の本当の母親は紫乃だったのでした。

前の妻である綾子のことが許せなかった紫乃は生後間もない龍之介と征丸をすり替えていたのです。

そして本当の子供である龍之介を当主にするために征丸と猿彦を殺害したということでした。

紫乃は自らの手で盛った毒の入ったお茶を飲み、自ら命をってしまうのでした。

 

個人的感想

 

 

今回は剣持警部の推理で、早い段階で事件が解決したかと思いきや、あと一歩詰めが甘かったようですね。

見ていて、「え、今回はもう犯人分かったの?」と驚きましたが、そう簡単に解決できる事件ではありませんでした。

家督争いというのは恐ろしいですね。

息子を思う母親の愛情と強さも感じられる物語でした。

家督争いの原因となった紫乃がまさかの本当の母親だったと知った龍之介は悲しくて見てられないですよね。

個人的に見どころだと感じたシーンは金田一と美雪の首なし祭り(夏祭り)デートです。

浴衣姿の美雪はかわいかったですね。

夏祭りデートまでしたのになかなか恋が発展しないのがムズムズしますよね。

2人の恋が進展するのが待ち遠しいです。

 

第8話:オペラ座館 ファントムの殺人 前編

あらすじ

オペラ座の怪人という舞台を見るために金田一達は音楽家の響という女性が経営するオペラ座館を訪れます。

人気女優でヒロイン役を務める湖月レオナに会えるということで大喜びな美雪と佐木でした。

劇団を辞めた水森は関係者によるレセプション中にレオナに接近を試みますが、三鬼谷に拒まれてしまいます。

他の劇団員や城、いずみもレオナが引き抜かれるのではないかと警戒している様子。

嫌な雰囲気の中リハーサルが始まり、いずみは演出家影島の指示でステージ中央に立ちます。

その瞬間、いずみの頭上にあったシャンデリアが落下し、いずみは命を落としてしまうのでした。

この様子を見ていたメンバーは騒然となり、ライターの白神がファントムという館に潜む怪人の仕業だと話します。

騒然とした現場を落ち着かせるために、剣持警部はそこにいるメンバーを部屋に返し、事件について金田一と推理を始めました。

そして金田一、剣持警部、美雪、佐木の4人で事件の手がかりを探しにいきます。

その最中に佐木が階段でつまづいて軽く負傷してしまいました。

佐木が心配な剣持警部は、金田一、美雪に佐木を手当てするように指示し、1人で先に向かいますが、何者かに背後からぶたれ意識を失ってしまいます。

そのあいだ、氷森とレオナが話していました。

その様子を目撃した三鬼谷は氷森に激怒し、殴りかかります。

騒ぎが起こっていることに気づいた金田一、美雪、佐木の3人は彼らのところに駆けつけまました。

その騒ぎで氷森がファントム事件という言葉を発したことから金田一はその事件が今回の事件と何らかの関わりがあるのではないかと考えました。

その後、剣持警部が帰ってこないことを心配した金田一は、剣持警部を探しにいきます。

しかし、剣持警部の姿は見当たらず、そこでもまた新たな事件が発生します。

レオナが白い仮面をつけたファントムに襲われていたのでした。

すぐにレオナのもとに駆けつけた金田一ら3人。

レオナは生きていましたが、ファントムの正体が桐生鋭治かもしれないという心当たりがあり、すぐにその場を飛び出してしまいます。

桐生鋭治が何者かわからない金田一は劇団員らに尋ねますが、なかなか教えてもらえません。

ところが、演出家の影島が桐生鋭治の全てを打ち明けてくれました。

影島いわく、桐生は天才劇団員だったそうですが、2年前に失踪しているのだそう。

桐生は劇団員達に復讐を誓った恐ろしいファントムだと言われていました。

この話から剣持警部は恐らくファントムに攫われてしまったのではないかと判断します。

しかし、ライターの白神が剣持警部はもうファントムの餌食になっていて生きてはいないだろうと意地悪く忠告していました。

事件について捜査を再開した金田一ら3人は今度は三鬼谷の死体を発見します。

次々とファントムが起こす行動に剣持警部の安否が心配になる3人。

その後金田一らはオペラ座館にあった日記から事件についてある手がかりを発見します。

そしてついにファントムの手がかりにたどり着きますが、ラストで金田一がファントムに連れ去られてしまうのでした。

 

個人的感想

 

 

今回は「オペラ座の怪人」で原作でもかなり人気のある話がドラマ化されていました。

ファントムの正体について恐らく桐生という男なのではないかといわれていますが、大どんでん返しで真犯人が飛び出すのがこのドラマの魅力ですので、最後まで何が起こるかわからないですね。

剣持警部の行方が分からないうえに、金田一までさらわれてしまって、絶体絶命の状況に陥りつつありそうですが、じっちゃんの名にかけて今回もきっと金田一が解決してくれることでしょう。

金田一少年の事件簿もあっという間に次回で最終回ということで、皆さんの犯人予想はこれまでどのぐらい当たりましたか。

今回の事件はについて犯人が恐らく桐生だと思われますが、本当の犯人は誰なのかは来週にならないと分からないですね。

次回で最終回になるのはちょっぴり寂しいですが、来週の最終回での金田一の活躍に目が離せません。

 

第8話:オペラ座館 ファントムの殺人 後編

あらすじ

怪人ファントムの仕業と思われる殺人事件が続いている中、劇団員・城の部屋から湖月レオナを襲った犯人が被っていた仮面と同じものが見つかります。

城は犯人の疑いをかけられるも激しく否定。

しかし、身の潔白を証明する証拠がないことから城が犯人に違いないと断言する白神。

どうしても犯人じゃないと言い張るのなら、一人で鍵のかかった劇場にこもってみればいいと白神に提案され、城は籠ることになります。

そして、城が籠っている劇場のカギ置き場を交代で見張ることになるのですが、束の間、城は劇場で殺害されていたのでした。

完璧すぎる密室殺人事件に手も足も出せず苦しむ金田一。

その時、剣持警部がファントムに襲われた「離れの塔」を歩いたときに何かに気づきます。

そして犯人のトリックについて再び調べ始める金田一、剣持警部、美雪、佐木。

劇場の中を捜査するうちに、金田一はついに犯人の恐るべきトリックを見破ることに成功しました。

その後、劇団員たちを全員集め、犯人のトリックについて説明し始めます。

まず犯人はドライアイスを使ったトリックであたかもファントムが存在するかのように匂わせたのでした。

次にシャンデリアを落下させたトリックについて説明。

犯人はワイヤーに巧妙な仕掛けを施し、シャンデリアを自然に落下させる仕組みを作っていました。

そんなことができた真犯人は湖月レオナで彼女が真犯人だと断言する金田一。

これまでの密室殺人の真相について次々に解き明かしてみせますが、なかなか罪を認めないレオナ。

しかし、レオナには火恐怖症という弱点があり、乾電池についていた指紋に動かぬ証拠が隠されていたのでした。

言い逃れができなくなったレオナはあきらめたのか殺人に及んだ経緯を話し始めます。

以前レオナはファントムだと思われていた桐生に拉致されたのではなく、駆け落ちしていたのです。

桐生に自分からついていったレオナでしたが、気づいたら桐生はレオナから離れてしまっていました。

その理由が劇団員のメンバーのせいだと考えたレオナは劇団員のメンバーに復讐することを誓い、今回の事件に及んだのでした。

すべてを話したレオナは劇場に火をつけ、そこにいるメンバーもろとも焼き殺して自殺を試みます。

そんな中、劇場に火をつけて死のうとしたレオナの前に桐生が現れ、一緒にいることはできないと告げられてしまうのでした。

なんとか消火に成功し、レオナは罪を認め事件は無事解決しました。

 

個人的感想

 

今回で最終回を迎えてしまいましたね。

オペラ座の怪人は原作でもかなり人気のある回なだけにファンの期待は大きかったようで、出演者たちの演技が少し物足りないという意見もあったようですが、道枝くん演じる金田一はかっこよかったです。

最後には金田一と美雪が手をつないで走るシーンも待っていてよかったですね。

結局最後まで金田一と美雪の恋が発展することはありませんでした。

佐木が2人の恋愛が進展するのを楽しみにしていて、必死にカメラにおさめようとする姿も可愛かったですね。

最終回のトリックは細かくて奥が深すぎでした。

あのトリックが見破れたという方は金田一ばりの名探偵になる素質があるかもしれませんよ。

最終回もハッピーエンドで無事終わったので安心ですね。

今後続編があるのかどうかにも期待したいところです。

 

まとめ

画像

出展:公式Twitter

金田一少年の事件簿ドラマあらすじネタバレを短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!2022!というテーマでまとめてみました!

このドラマ、毎週起こる事件が本格的で思わず金田一と一緒に推理して犯人が誰か予想したくなっちゃいますよね。

金田一と美雪の幼馴染コンビの恋愛シーンにも注目したいところです。

こちらでは毎週継続的に「金田一少年の事件簿」のあらすじネタバレを更新していきます。

個人的感想もたくさん言いますが、是非お付き合いください♪

以上、金田一少年の事件簿ドラマあらすじネタバレを短く簡単に!全話あらすじ考察まとめ!2022!でした!

金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!
金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!というテーマで詳しくご紹介! 日本の推理サスペン...
金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!
金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!金田一少年の事件簿キャスト相関図を画像付きで!初代から道枝まで歴代も合わせて紹介!というテーマで詳しくご紹介! 日本の推理サスペン...
なにわ男子 メンバー 人気順
なにわ男子のメンバー人気順ランキング【2022最新】1位は道枝くんじゃなく?なにわ男子のメンバー人気順ランキング【2022最新】1位は道枝くんじゃなく?というテーマでお伝えします!やっぱり??いやいや! ...