不可殺~プルガサル~

Netflix「不可殺」プルガサル第8話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!

Netflix「不可殺」プルガサル第8話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!
Pocket

Netflix「不可殺」プルガサル8話のあらすじと伏線まとめ!韓国ドラマ内容を考察!

百年の間に人として死と転生を繰り返し、前世を記憶している女。
600年の間、不死身の存在、「不可殺」になって死ぬことができない男。

この物語はそんな女と男の互いに殺し合うべき運命を背負った、

悠久の時間を過ごす二人の復讐の物語です。

アジアの人間には深く理解ができるそんな輪廻転生の生死観の中で繰り広げられる、

Netflix韓国ドラマの本格ミステリー「不可殺」のあらすじと伏線をまとめてご紹介します

Netflix「不可殺」プルガサル第8話のあらすじ

不可殺のあらすじネタバレ完全版!Netflix韓国ドラマ情報や伏線も解説! Netflix「不可殺」プルガサル第7話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!

サンウンの人間らしい言動や優しさに、ファルは徐々にこれまでの復讐心とは違った感情が沸き起こりつつありました。

そんな中、衣食住と共にしているファルやサンウン、シホにドユン、そしてヘソクたちでしたが、

ヘソクが過去に巫女であった頃のように何かに取り憑かれたように突然予言を言い出しました。

「記憶を失ったものがここにいる…その者が記憶を取り戻した瞬間、ここにいる全員が噛み殺されるだろう」

そんな恐ろしい予言をヘソクが言ってしまったため、サンウン自身、また周りの人間たちも互いに距離を取るようになります。

サンウンはかねてよりファルより「過去においてサンウンがファルの家族を殺した恐ろしい不可殺であった」と聞いていたため、

自分が記憶を取り戻すのは危険なことでは…そう危惧しつつ、妹のシホたちを心配させないためにも独自で自身の真実を探ることを決意します。

 

そこで彼女は前回の前世であるキム・ファヨン時代の妹であった、現在病院で痴呆のため入院しているキム・ゴブンに会いにいきました。

そして彼女との会話で、ある衝撃の言葉を聞くのでした。

それは、過去の火災事件の犯人はサンウンではなかった。彼女は皆にその場から逃げるように伝えていたこと。

さらに、「手に傷を持つ男の家族を殺し、サンウンにその罪をなすり付けたのが不可殺ウルテであった」という衝撃の言葉でした。

ホユルは独自に捜査を進め、単独で不可殺ウルテに近づいていました。

ウルテを尾行しますがすぐにバレ、ウルテはホユルに詰め寄ります。

ホユルの問いに答えていくウルテ。

 

自分の正体が不可殺であることは否定せず、ただ過去にホユルの追っていた一家殺害事件、

またホユル自身の妹が殺された事件、そのどれもが自分がやってはいない、と。

そして不可殺はもう1人いることをホユルに伝えます。その言葉に驚くホユル。

しかしそんな事件の核心に迫るもウルテはホユルを殺しませんでした。自分はむやみに人は殺さないのだ、と。

Netflix「不可殺」プルガサル第8話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!

立ち去るウルテを見て殺されなかったことに安心したホユルでしたが、刹那そんなホユルにウルテの秘書が襲いかかります。

ホユルを囮にしてファルをおびき寄せる秘書。

彼女の正体は過去に「頭抑神」という鬼物であり、実は不可殺の秘密を知っていました。

それは、転生した鬼物たちはウルテの指示のもと、みんなサンウンを狙っていましたが、

本当にすべきことはサンウンの魂の持ち主であるファルを殺すこと、

さらに自分は不可殺の弱点も知っている、と告げるのでした。

 

そこにおびき出されたファル、彼を襲う頭抑神は毒入りの注射でファルの動きを鈍らせ、

ファルを捕獲しようとしますが、そこに戻ってきたウルテが頭抑神の秘書を噛みつきファルたちを助けました。

「自分はサンウン以外を殺すつもりはない、だからこそ協力してくれ」懇願するウルテですが、

そこにサンウンが駆けつけ、ファルとウルテに向かって叫びました。

「ファルの家族を殺し、その罪をなすりつけたのは私ではなくウルテなのよ!」

衝撃の事実が告げられ、それぞれが向き合う3人でした。

Netflix「不可殺」プルガサル第8話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!

(第8話おわり)

Netflix「不可殺」プルガサル第8話の伏線考察

Netflix「不可殺」プルガサル第8話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!

不可殺・ウルテの生き方

不死身のウルテはファルのように同じ名前でこの数百年を過ごしているのではなく、

30年に一度姿と名前を変えて生きてきた、ということが明かされました。

この8話でも体にシワができてきた…そのためには急がないと…というセリフがあり、

それが人間の血を吸う行動を意味するのか、またはその行為を持ってしてもなお、

30年に一度は姿を変える必要があるような、体の秘密があるようです。

ファルの親の逃れられない宿縁

600年前にファルを産み落としながら首吊り自殺をした母は、現在ではホユル刑事の部下・スギョン刑事として転生していました。

しかしサンウン一家の殺害事件の捜査の際、ウルテの部下(誰かはまだ不明)により首吊り殺害をされてしまいました。

ファルの父親は、過去においても現在においても、「妻が首吊り」「その苛立たちを息子にぶつける」という行動を繰り返していました。

ファルに関わる両親の、転生後も変わらない行動の平行世界が悲しいですね。

ちなみに現世で父親に虐待を受けていた少年は、まだ誰の転生かは明かされていません。

>>転生がややこしい、不可殺キャスト相関図はこちら

シホの能力

これまでの描写では、シホがその人の過去を視る能力はその時代だけ、のようでしたが、

今回ヘソクに触れ巫女時代の映像、さらに自分に話しかけてくるイメージ、を。

彼女の能力が覚醒すれば、タイムトラベルとして過去の前世の時代の人間に話しかけることができる…そんな展開を示唆するシーンだと思われます。

ガールクラッシュって?

ヘソクに話しかけるサンウン。その際に出てきたセリフの「ガールクラッシュ」って?

意味は韓国における「女が惚れる女」のことです。

前世から現世の宿縁を知るヘソクですが、どうもこれまでファルから聞いていた「サンウン像」が変わってきたことを感じていました。

秘書の正体はやはりあの鬼物

不可殺 不可殺

彼女の正体は「頭抑神」、過去ファルに討伐された鬼物でした。

筋肉隆々のマッチョな鬼物でしたが、確かにその变化前は子供の女の子でしたね。

すると性別はやはりこの秘書と同じ女性なのかな?

今回ウルテを裏切り、しかもボロボロになりながら逃げた…とのこと。

彼女自身、サンウンでなくファルこそが追うべき存在であり、かつ不可殺の弱点も知っている、

という気になるセリフも言っていました。次の登場ではどのようなアクションをしてくるかが注目です。

Netflix不可殺プルガサルが観れるのはNetflixだけ

>> Netflix不可殺の公式サイトはこちら

まとめ

Netflix「不可殺」プルガサル8話のあらすじと伏線まとめ!韓国ドラマ内容を考察!

六百年の間に人として死と転生を繰り返し、前生を覚えている女性。
600年の間、耳の不可殺になって死ぬことができない男。

果たして2人はどのような運命の螺旋に委ねられていくのか…?

引き続きNetflix「不可殺」のあらすじと伏線まとめをお楽しみください!

Netflix「不可殺」プルガサル第9話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!
Netflix「不可殺」プルガサル第9話のあらすじと伏線考察まとめ!韓国ドラマ内容を考察!Netflix「不可殺」プルガサル9話のあらすじと伏線まとめ!韓国ドラマ内容を考察! 百年の間に人として死と転生を繰り返し、前世を...
不可殺のあらすじ感想を徹底考察!Netflix韓国ドラマのネタバレや伏線を解説!
不可殺のあらすじ全解説!ラスト結末やネタバレ伏線、感想など考察! Netflix不可殺のあらすじ全解説!ラスト結末やネタバレ伏線、感想など考察!スタート! 韓国tvNで放送される新土日ドラ...
Netflix韓国ドラマ「不可殺」のキャスト相関図一覧!インスタ顔写真付きで紹介!
不可殺(韓国ドラマ)キャスト相関図一覧!転生前後やインスタ・視聴率・OSTなども紹介!Netflix不可殺(韓国ドラマ)キャスト相関図一覧!転生前後やインスタ・視聴率・OSTなども紹介! 2021年、日本ではNetf...