アニメ・漫画

『ダーウィン事変』が完結! 人間とチンパンジーのハーフ「ヒューマンジー」の少年の物語に感動の幕

『ダーウィン事変』が完結! 人間とチンパンジーのハーフ「ヒューマンジー」の少年の物語に感動の幕
Pocket

『ダーウィン事変』は、うめざわしゅんによる人気漫画で、人間とチンパンジーの間に生まれた「ヒューマンジー」の少年・チャーリーを主人公にした社会派サスペンスです。

2020年から『月刊アフタヌーン』(講談社)で連載され、マンガ大賞2022や文化庁メディア芸術祭など数々の賞を受賞しました。

2023年9月22日に発売された最新9巻で完結しました。この記事では、『ダーウィン事変』のあらすじや見どころ、最終回のネタバレや感想などを紹介します。

『ダーウィン事変』とは?

『ダーウィン事変』は、人間とチンパンジーの間に生まれた「ヒューマンジー」の少年・チャーリーが、過激派の動物解放同盟(ALA)や警察、政府などと対峙しながら、自分の居場所や生き方を模索する物語です。

チャーリーは15歳で高校に入学しますが、猿に近い風貌をしているために周囲から差別や偏見を受けます。しかし、彼は優れた頭脳と身体能力を持ち、人間でもチンパンジーでもない、同時に人間でもありチンパンジーでもあるという特異性を持っています。

ALAはチャーリーを仲間に加えようと画策し、彼をテロ活動に引っ張り出そうとします。一方で、警察や政府はチャーリーを危険視し、捕獲や殺害を企てます。チャーリーは自分の意思で行動しようとしますが、その結果は思わぬ方向に展開していきます。

『ダーウィン事変』の見どころ

『ダーウィン事変』の見どころは、以下のような点が挙げられます。

  • 人間と動物の境界や生存権について考えさせられるテーマ
  • チャーリーの成長や苦悩が感動的に描かれるキャラクター性
  • ALAや警察など多様な価値観がぶつかり合う社会派的な展開
  • チャーリーの超人的な身体能力や知性が活かされるアクションシーン

本作は、「もしチャーリーみたいな存在が生まれ、人間と動物の境界が崩れると、人々はどういうふうに反応するだろう」という思考実験的な作品です。人間とその他の動物との関係性や権利をどう捉えるべきか、ヴィーガニズムやアニマルライツなど現代的な思想も取り入れて描かれています。

また、本作はチャーリーの人間としての成長や苦悩が感動的に描かれています。チャーリーは自分の居場所や生き方を探しながら、友人や家族、恋人などとの関係を築いていきます。しかし、彼はヒューマンジーであるがゆえに、様々な困難や危機に直面します。彼はどのように乗り越えていくのでしょうか?

さらに、本作はALAや警察など多様な価値観がぶつかり合う社会派的な展開も見どころです。ALAは動物の解放を求めてテロ活動を繰り返しますが、その中にはチャーリーに共感する者や利用する者もいます。警察や政府はチャーリーを危険視し、捕獲や殺害を企てますが、その中にはチャーリーを守ろうとする者もいます。チャーリーはどのような立場を取るのでしょうか?

また、本作はチャーリーの超人的な身体能力や知性が活かされるアクションシーンも見どころです。チャーリーは人間やチンパンジーを凌駕する力や速さ、跳躍力や反射神経を持ちます。また、彼は高い知性や洞察力も持ちます。これらの能力を使って、チャーリーはテロリストや警官などと戦ったり、謎を解いたりします。

『ダーウィン事変』最終回のネタバレと感想

『ダーウィン事変』最終回のネタバレと感想は以下の通りです。

  • チャーリーはALAと警察の戦闘に巻き込まれる
  • チャーリーはマックスと対決し、彼を倒す
  • チャーリーはルーシーと再会し、キスをする
  • チャーリーは自分の意思でヒューマンジーとして生きることを決める

最終回では、ALAと警察の戦闘に巻き込まれたチャーリーが、マックスと対決します。マックスはチャーリーを仲間に加えようと画策し、彼をテロ活動に引っ張り出そうとした人物です。マックスはチャーリーに「お前は人間でもチンパンジーでもない」と言い放ちますが、チャーリーは「お前もだ」と言い返します。マックスは自分がヒューマンジーであることを否定しますが、チャーリーは彼の血液型がAB型であることから、彼もヒューマンジーであることを暴露します。

マックスは激昂し、チャーリーに襲い掛かりますが、チャーリーは彼の攻撃をかわし、反撃します。チャーリーはマックスを倒し、彼に「お前もヒューマンジーだから殺さない」と言います。しかし、マックスは自分がヒューマンジーであることを受け入れられず、自分で自分の首を切って死んでしまいます。

その後、チャーリーはルーシーと再会します。

『ダーウィン事変』が完結! 人間とチンパンジーのハーフ「ヒューマンジー」の少年の物語に感動の幕【まとめ】

  • ルーシーはチャーリーの恋人であり、ヒューマンジーであることを受け入れてくれた人物です。ルーシーはチャーリーにキスをし、彼に「あなたはあなたよ」と言います。チャーリーはルーシーの言葉に感動し、彼女に抱きつきます。
  • チャーリーは自分の意思でヒューマンジーとして生きることを決めます。彼はALAや警察などの組織に属することを拒否し、自分の道を歩むことを宣言します。彼は自分の存在が人間や動物の関係に変化をもたらすことを期待し、未来に向かって歩き出します。

最後までお読みいただきありがとうございました。