アニメ・漫画

虎杖悠仁の母親の正体とは?額に縫い目がある謎の女と虎杖香織の関係を徹底解説

虎杖悠仁の母親の正体とは?額に縫い目がある謎の女と虎杖香織の関係を徹底解説
Pocket

『呪術廻戦』の主人公・虎杖悠仁は、高い身体能力と人懐こい性格を持つ15歳の少年です。

しかし、彼は実は1000年間生まれなかった逸材であり、呪術界の黒幕・羂索によって作られた存在でした。

彼はどのようにして生まれたのでしょうか?

また、彼の母親は一体誰なのでしょうか?

今回は、虎杖悠仁の母親について、プロフィールや正体、額に縫い目がある理由などを詳しく解説します。

虎杖悠仁の母親のプロフィール

まずは虎杖悠仁の母親のプロフィールを見てみましょう。

  • 名前:不明
  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 所属:不明
  • 声優:不明

虎杖悠仁の母親は、彼が赤ん坊だった頃に回想シーンで登場しています。

彼女は額に独特な縫い目がある女性で、虎杖悠仁を抱いていました。

彼女は虎杖悠仁の父親・虎杖仁と結婚していたと思われますが、詳細は不明です。

虎杖悠仁の母親の正体とは?羂索に乗っ取られた虎杖香織

虎杖悠仁の母親の正体は、実は羂索に乗っ取られた虎杖香織です

。虎杖香織とは、虎杖仁の元妻であり、本来ならば虎杖悠仁の母親であるべき人物です。

しかし、彼女は子供を産む前に何らかの理由で死亡してしまいます。

その後、羂索という呪術師が彼女の遺体を利用して復活し、再び虎杖仁に近付きます。

羂索とは、1000年以上前から活動している呪術師で、物語の黒幕的な存在です。

彼は宿儺の器となり得る人間体を欲し、その結果作られたのが虎杖悠仁だと考えられます。

羂索はそれ以前に作っていた呪胎九相図は、虎杖悠仁を完成させるための実験だったとも捉えられます。

つまり、虎杖悠仁は羂索と加茂憲倫(呪胎九相図制作者)の子供であり、宿儺の器として作られた存在なのです。

羂索は虎杖悠仁を自分の器とすることを目論んでいますが、虎杖悠仁はそれに気づいていません。

虎杖悠仁の母親の額に縫い目がある理由

虎杖悠仁の母親の額に縫い目がある理由は、羂索が彼女の遺体を乗っ取った際に、脳を入れ替えたためです。

羂索は自分の脳を他人の遺体に移植することで、その人物になりすますことができます。

これは羂索の術式である「反重力機構」によって可能になっています。

羂索はこの方法で、加茂憲倫や夏油傑などの呪術師の遺体も乗っ取っています。

彼らも同じく額に縫い目がありますが、虎杖悠仁の母親とは異なり、縦一本の線で綺麗に縫われています。

これは羂索が技術を向上させたためだと思われます。

『呪術廻戦』虎杖悠仁の母親の謎が明かされる日は来るのか?

虎杖悠仁の母親は、彼の出生に深く関わっている重要な人物です。

しかし、彼女はすでに死亡しており、現在は羂索に乗っ取られています。

羂索は何故彼女を選んだのでしょうか?また、彼女は本当に虎杖悠仁を愛していたのでしょうか?今後の展開で彼女の思惑や感情が明かされる日が楽しみですね!