アニメ・漫画

羂索と宿儺の関係は?1000年前の因縁や目的を徹底解説!【呪術廻戦】

呪術廻戦の物語に大きく関わる2人のキャラクター、羂索と宿儺。

彼らはどのような関係にあるのでしょうか?

1000年前の因縁や目的を徹底解説します。

羂索と宿儺とは?

羂索と宿儺は、呪術廻戦に登場する重要なキャラクターです。

それぞれのプロフィールは以下の通りです。

  • 羂索:1000年以上前から生き続ける正体不明の呪詛師。人間の身体を乗っ取って暗躍し、人間の可能性を追求する目的を持つ。現在は夏油傑の身体を乗っ取っており、天元を呪霊操術で操っている。
  • 宿儺:「呪いの王」と称される特級呪物。1000年前に呪術師たちに倒され、20本の指に分かれて封印された。主人公・虎杖悠仁に受肉しており、時々彼の肉体を支配する。残忍で狡猾な性格をしている。

羂索と宿儺の関係は?

羂索と宿儺の関係は、以下のように考えられます。

  • 1000年前につながりがあった
  • 宿儺を復活させる目的とは?
  • 味方同士ではない

1000年前につながりがあった

羂索と宿儺は、呪術全盛だった1000年前からつながりがあったと思われます。その根拠は以下の通りです。

  • 羂索は宿儺を「お前」と呼び、宿儺も羂索を「おまえ」と呼んでいる。これは互いに面識があることを示唆しています。
  • 羂索は宿儺に対して「お前もまた私と同じだ」と言っています。これは互いに何か共通点があることを示唆しています。
  • 羂索は宿儺に対して「お前もまた私と同じだ」と言っています。これは互いに何か共通点があることを示唆しています。
  • 羂索は宿儺の指を集めて復活させようとしています。これは宿儺に何か利用価値があることを示唆しています。

ただし、羂索と宿儺が1000年前にどんな関係だったか、敵だったのか味方だったのか、協力していたのか対立していたのかなどについてはまだ不明です。

宿儺を復活させる目的とは?

羂索は宿儺を復活させようとしていますが、その目的とは何でしょうか?以下のような可能性が考えられます。

  • 宿儺の力を利用する
  • 宿儺と戦う
  • 宿儺と同化する

宿儺の力を利用する

羂索は宿儺の力を利用することで、自分の目的を達成しようとしている可能性があります。その目的とは、人間の可能性を追求し、人類進化の強制です 。

羂索は人間の可能性を追求するために、様々な人間の身体を乗っ取り、様々な実験を行ってきました。その中で、宿儺の指を持つ虎杖悠仁を「宿儺の器」として意図的に作り出したと考えられます 。

羂索は宿儺の器である虎杖に興味を持ち、彼に宿儺の指を食べさせて復活させようとしています 。その理由としては、以下のようなものが考えられます。

  • 宿儺は「呪いの王」として最強の呪力を持ち、人間の可能性の限界を超える存在である
  • 宿儺は虎杖と共存しており、虎杖が死ぬと宿儺も死ぬため、虎杖に呪力や生命力を与えることができる
  • 宿儺は虎杖に影響を与えており、虎杖が宿儺に近づくことで人間の可能性が変化する

羂索は宿儺の力を利用することで、自分の目的である人類進化の強制に近づこうとしているのかもしれません。

宿儺と戦う

羂索は宿儺と戦うことで、自分の可能性を試そうとしている可能性があります。その理由としては以下のようなものが考えられます。

  • 羂索は1000年前に六眼の術師に2度敗れた経験があり、六眼に対抗できる存在として宿儺に興味を持っている
  • 羂索は自分から生まれるものではなく、自分の手を離れた混沌こそが自分が創るべきものだと悟っており、宿儺はその混沌の代表格である
  • 羂索は自分が最強であることを証明したいというプライドや欲望があり、宿儺はその最大のライバルである

羂索は宿儺と戦うことで、自分の可能性や強さを確かめようとしているのかもしれません。

宿儺と同化する

羂索は宿儺と同化することで、自分自身を進化させようとしている可能性があります。その理由としては以下のようなものが考えられます。

  • 羂索は人間の可能性を追求する過程で、自分自身も人間ではなくなっていくことに気づいており、宿儺はその先にある存在である
  • 羂索は人間ではなくなった自分に対する不安や孤独感があり、宿儺はそれらを埋め合わせてくれる存在である