芸能・エンタメ

折り紙の折り方が難しい作品ってある?コツなどや折り方も検証

折り紙は子供のころによく折ったという人も、かなりいるのではないでしょうか。

ですが、折り紙はコツさえつかめば、難しい折り方もすぐにできるようになるのです。

本記事では折り紙の折り方が難しい作品はあるのかや、コツなどや折り方などもお伝えをしていきます。

この記事でわかること

・【折り紙 難しい】折り紙とは?
・折り紙のおり方が難しい作品ってある?
・【折り紙 難しい】折り紙を折るコツなどや折り方
・折り紙は難しいに関してSNSでの反応

【折り紙 難しい】折り紙とは?

折り紙とは、紙を折って動植物や生活道具などを形にする、日本伝統の遊びです。

折り紙で作られた作品は、折り紙用に作られた正方形の専用紙の『千代紙』を使用します。

戦国時代には存在していて、江戸時代くらいに庶民に広まったとされています。

一般的に使用されていた折り紙と認識される遊戯折り紙は、期限が定かではないですが、最古の証拠として1500年末の戦国時代から1600年代初頭の江戸時代までに、装剣金工師の後藤栄乗が作った小柄に折り鶴が描かれています。

つまり、このころまでには現に、折り紙というものが存在していたことが確認されているのです。

紙を折るという文化に関しては、ヨーロッパなどは独自に発達をしています。

現代では日本語の発音を移した、『ORIGAMI』という名前で海外でも広く広く使われています。

折り紙は厳冬的側面でも評価されていて、過去にはなかった優雅で優れた作品が次々と生み出されているのです。

また、各国に伝承する折り方に加えて、新しい折り方も考案され続けています。

折り紙のおり方が難しい作品ってある?

折り紙というのは見た目はむつかしそうに見えても、折り方が単純の場合もあります。

普通の平べったい手裏剣を折る場合は、意外に簡単です。

しかし、立体的な手裏剣の場合は、かなり難易度が上がってしまいます。

【折り紙 難しい】折り紙を折るコツなどや折り方

子供のころに追った折り紙のいり方など、覚えているでしょうか。

なかなかうまくおれなかったり、きちんと折れていなかったりしたこともあるかもしれません。

折り紙をきれいに折るコツとしては、折り目をしっかりとつけることがポイントとなります。

折り目を付けるというのを聞いたことがありますが、後で開くからと言ってふんわりと折り目を付けるのでは意味がありません。

折り目を付ける場合は、しっかりと折った部分が見えるように折る必要があります。

折り目に沿っておることもありますし、折り目を中心に折っていったりすることもあるのです。

軽く爪を立ててもいいので、折り目が消えないようにきっちりと折りましょう。

折り紙は難しいに関してSNSでの反応

折り紙は難しいに関してSNSでの反応は、難しい折り紙についての作品が公開されていました。

夏休みの工作に、折り紙をする子供も昔からいましたね。

工作といえば、正直に自分で一から作るという子供は、昔から筆者を除いていませんでしたね。

折り紙の折り方が難しい作品ってある?コツなどや折り方も検証【まとめ】

折り紙の折り方が難しい作品は、世の中にはたくさんあります。

たとえば、トラなどを折り紙で折るのは大変難しいですね。

折り紙を折るコツとしては、折り目をしっかりとつけて、折り目に沿って折っていくことです。

慣れないうちは、かなり難しいと思います。