アニメ・漫画

【推しの子】有馬かな(重曹ちゃん)が嫌いな理由とは?アンチの声や炎上ネタを徹底解説

【推しの子】有馬かな(重曹ちゃん)が嫌いな理由とは?アンチの声や炎上ネタを徹底解説
Pocket

「推しの子」は、赤坂アカと横槍メンゴの豪華タッグによる芸能界を舞台にした転生サスペンス漫画です。

アニメ化やYOASOBIの主題歌「アイドル」も話題になっています。しかし、この作品に登場するキャラクターの中には、嫌いな人や不人気な人もいます。

その代表格が、新生B小町のセンターである有馬かな(重曹ちゃん)です。彼女はなぜ嫌われているのでしょうか?

その理由やアンチの声、炎上ネタなどを紹介していきます。

有馬かな(重曹ちゃん)とはどんなキャラクターか?

有馬かな(重曹ちゃん)は、元天才子役で、「10秒で泣ける天才子役」と呼ばれていた人物です。しかし、成長とともに仕事が減っていき、アイドルグループB小町のセンターとして再起を図ります。彼女は演技に対する情熱や努力家な一面を持っていますが、同時に自分勝手で計算高く、周りに迷惑をかけることも多いキャラクターです。

有馬かな(重曹ちゃん)が嫌われている理由とは?

有馬かな(重曹ちゃん)が嫌われている理由は、主に以下の4つです。

  • アクアへの理不尽な態度
  • スキャンダルを起こす危機管理能力の低さ
  • アイの秘密が世間にバレるきっかけを作ったこと
  • スキャンダル後の態度

それぞれ詳しく見ていきましょう。

アクアへの理不尽な態度

有馬かな(重曹ちゃん)が嫌われている理由の一つ目は、アクアへの理不尽な態度です。有馬かな(重曹ちゃん)は、「今日は甘口で」というネットドラマでアクアと共演した際に、彼女に惹かれるようになります。しかし、その後アクアが恋愛リアリティショー「今からガチ恋♡始めます」で他の女性とカップルになったことを知り、嫉妬心から彼女を突き放します5。この理不尽な怒りや裏切り感が、読者からも不快感を持たれました。

スキャンダルを起こす危機管理能力の低さ

有馬かな(重曹ちゃん)が嫌われている理由の二つ目は、スキャンダルを起こす危機管理能力の低さです。有馬かな(重曹ちゃん)は、役者としての仕事が激減していることに焦りを感じており、飛ぶ鳥を落とす勢いの映画監督・島政則に近づきます。彼女は、仕事につながるかもしれないという期待から、彼と食事に行き、その後彼のスタジオについていきます。しかし、この行動が週刊誌に撮られてしまい、スキャンダルに発展しかけます。このように、自分の立場や影響力を考えずに行動することが、読者からも非難されました3

アイの秘密が世間にバレるきっかけを作ったこと

有馬かな(重曹ちゃん)が嫌われている理由の三つ目は、アイの秘密が世間にバレるきっかけを作ったことです。有馬かな(重曹ちゃん)のスキャンダルは、結局週刊誌に掲載されることはありませんでしたが、それはアクアが自分の母である星野アイの秘密を週刊誌に提供したからです。星野アイは、16歳で双子を出産していたことを誰にも知られずに隠しており、その双子がアクアとルビーだったのです7。この秘密は、星野アイが全てをかけて守ってきたものでしたが、有馬かな(重曹ちゃん)のせいで世間に公表されてしまいます。このことが、星野アイや双子のファンからも憎まれました。

スキャンダル後の態度

有馬かな(重曹ちゃん)が嫌われている理由の四つ目は、スキャンダル後の態度です。有馬かな(重曹ちゃん)は、自分のせいでアイの秘密がバレたことや、双子と決裂したことに対して、あまり反省していないような様子を見せます。彼女は、「お礼を言わなきゃ」と言いながらアクアに自分勝手な気持ちを吐露したり、散々痛い目に遭った後でもアクアと二人で出歩き注目を集めたりします。このように、呑気で軽率な行動や言動が、読者からも不快感を持たれました。

まとめ

「推しの子」に登場する有馬かな(重曹ちゃん)が嫌われている理由やアンチの声や炎上ネタを紹介しました。有馬かな(重曹ちゃん)は、演技への情熱や努力家な一面も持っていますが、同時に自分勝手で計算高く、周りに迷惑をかけることも多いキャラクターです。彼女は、

  • アクアへの理不尽な態度
  • スキャンダルを起こす危機管理能力の低さ
  • アイの秘密が世間にバレるきっかけを作ったこと
  • スキャンダル後の態度

の4つの理由で、読者からも嫌われています。有馬かな(重曹ちゃん)は、演技への情熱や努力家な一面も持っていますが、同時に自分勝手で計算高く、周りに迷惑をかけることも多いキャラクターです。彼女は、物語の中でどのような変化や成長を見せるのでしょうか?今後の展開に注目です。