アニメ・漫画

【漫画】地獄楽の死亡キャラクターを振り返る!感動と衝撃の最期とは?

【漫画】地獄楽の死亡キャラクターを振り返る!感動と衝撃の最期とは?
Pocket

地獄楽は、賀来ゆうじ先生による人気漫画です。

罪人と打ち首執行人がペアとなり、神秘の島で仙薬をめぐる激闘を繰り広げるストーリーです。本作では、死罪人という設定もあり、多くのキャラクターが命を落としています。

その中には、感動的な最期を迎えた者や衝撃的な死に方をした者もいます。

この記事では、地獄楽の死亡キャラクターを、死因とあわせて振り返ってみます。

地獄楽の死亡キャラクター・死因一覧

地獄楽の死亡キャラクターは、以下のように分類できます。

  • 罪人:島に降り立った12人の死罪人
  • 打ち首執行人:罪人とペアを組んだ山田浅ェ門
  • 天仙:島で不老不死の研究を行う仙人たち
  • その他:島に関係するその他の人物

それぞれのキャラクターと死因は、以下の表の通りです。

名前 立場 死因
法流坊 罪人 亜左弔兵衛に返り討ちに遭い死亡
あか絹 罪人 士遠に返り討ちに遭い死亡
茂籠牧耶 罪人 画眉丸に首を斬られ死亡
いがみの慶雲 罪人 画眉丸に首を斬られ死亡
罪人 蓮に上半身を潰され死亡
陸郎太 罪人 蓮に刺され死亡
士遠 罪人 蓮に刺され死亡
牡丹 打ち首執行人(朱槿) 画眉丸に首を斬られ死亡
朱槿(本体) 打ち首執行人(牡丹) 画眉丸に首を斬られ死亡
衛善 山田浅ェ門(陸郎太) 陸郎太に上半身を潰され死亡
典坐 山田浅ェ門(ヌルガイ) 朱槿との戦いで士遠とヌルガイを逃し死亡
付知 山田浅ェ門(民谷巌鉄斎) 自分ではなく民谷巌鉄斎を治療し死亡
仙太 山田浅ェ門(杠) 牡丹との戦いで花化し死亡
源嗣 山田浅ェ門(茂籠牧耶) 陸郎太に重傷を負わされ死亡
期聖 山田浅ェ門(いがみの慶雲) 帰国の途中で花化して死亡
清丸 山田浅ェ門(士遠) 蓮との戦いで柱の下敷きになり死亡
威鈴 山田浅ェ門(蓮) 蓮の攻撃で上半身を潰され死亡
徐福 天仙 画眉丸に首を斬られ死亡
天仙 画眉丸に首を斬られ死亡
牡丹(本体) 天仙 画眉丸に首を斬られ死亡
朱槿(本体) 天仙 画眉丸に首を斬られ死亡
花魁 天仙 画眉丸に首を斬られ死亡
花魁の子供たち 天仙 画眉丸に首を斬られ死亡
その他の天仙たち 天仙 画眉丸に首を斬られ死亡
山田浅ェ門の父親 その他 山田浅ェ門に殺される

地獄楽の死亡キャラクターの感想と見どころ

地獄楽の死亡キャラクターは、それぞれに感動や衝撃を与える最期を迎えました。以下では、いくつかのキャラクターについて、その感想と見どころを紹介します。

  • 法流坊:最初に死んだ罪人で、自分の罪を認めずに傲慢な態度をとっていました。しかし、亜左弔兵衛との戦闘で自分の弱さや愚かさに気づき、最後は涙ながらに謝罪しました。彼の最期は、罪人たちが島で成長するきっかけとなりました。
  • 付知:山田浅ェ門の中でも最も優しい性格で、民谷巌鉄斎と心を通わせました。彼は自分よりも巌鉄斎を治療することを選び、彼の無事を願って息絶えました。彼の最期は、山田浅ェ門と罪人の絆を象徴するものでした。
  • 仙太:杠とは正反対の性格で、常に振り回されていました。しかし、牡丹との戦闘で花化した彼は、杠を守るために自分の命を捨てました。彼は杠に自分が想像する幸せな場所を教えてもらい、満足そうに笑って死んでいきました。
  • 源嗣:茂籠牧耶とは対立していましたが、陸郎太との戦闘で重傷を負いました。彼は佐切と共闘し、陸郎太に勝利することができました。彼は佐切を認めてから息絶えましたが、その後佐切が彼の遺体を埋葬しました。
  • 期聖:いがみの慶雲とはあまり仲良くなかったが、島での生活で次第に打ち解けていった。彼は島を脱出することができたが、帰国の途中で花化してしまった。彼は最後の力で慶雲に手紙を書き、自分の想いを伝えて死んでいった。
  • 清丸:士遠とは親友であり、彼のことを心配していた。彼は蓮との戦闘で柱の下敷きになり、士遠に自分の分まで生きるように言って死んでいった。彼の最期は、士遠に勇気と希望を与えるものだった。
  • 威鈴:蓮とは恋人同士であり、彼女のことを愛していた。彼は蓮の攻撃で上半身を潰されたが、最後まで蓮を信じていた。彼は蓮に自分の想像する楽園を教えてもらい、幸せそうに笑って死んでいった。
  • 徐福:天仙のリーダーであり、仙薬を作ることに執着していた。彼は画眉丸との戦闘で首を斬られたが、その前に仙薬を飲んだ。彼は仙薬の効果を確かめることなく死んでいった。

地獄楽の死亡キャラクターの感想と見どころまとめ

地獄楽の死亡キャラクターは、それぞれに感動や衝撃を与える最期を迎えました。その中でも特に印象的だったのは、以下のようなポイントです。

  • 法流坊や付知など、罪人や山田浅ェ門が島で成長する様子が描かれました。
  • 仙太や源嗣など、罪人や山田浅ェ門が互いに助け合う姿が描かれました。
  • 期聖や清丸など、罪人や山田浅ェ門が島から脱出することができたものの、その後に死んでしまう悲劇が描かれました。
  • 威鈴や徐福など、天仙が仙薬によって不老不死になることを目指すものの、その代償に死んでしまう皮肉が描かれました。

以上が、地獄楽の死亡キャラクターを振り返る記事でした。地獄楽は、死亡キャラクターだけではなく、生存キャラクターも魅力的です。生存キャラクターのその後は、次回作「地獄楽外伝」で描かれる予定です。地獄楽ファンはぜひお楽しみにしてください!