芸能・エンタメ

シルクドソレイユの座席表を徹底解説!おすすめの席や見え方の違いを紹介

シルクドソレイユの座席表を徹底解説!おすすめの席や見え方の違いを紹介
Pocket

シルクドソレイユとは、カナダ発祥の世界最大のサーカス団です。

驚異的なアクロバットや美しい音楽、華やかな衣装などで観客を魅了するシルクドソレイユは、日本でも人気が高く、定期的に公演が行われています。

そんなシルクドソレイユの公演を見るときに気になるのが、座席表です。座席表によって、見え方や満足度が変わってきますからね。

この記事では、シルクドソレイユの座席表を徹底解説します。おすすめの席や見え方の違いなどを紹介しますので、チケット購入の参考にしてください。

シルクドソレイユの座席表とは?

シルクドソレイユの座席表とは、公演会場における座席の位置や種類を示した図です。シルクドソレイユは、一般的な劇場ではなく、専用のテント(ビッグトップ)やアリーナで公演を行うことが多いです。そのため、座席表は公演ごとに異なります。また、座席表は公式サイトやチケット販売サイトで確認することができます。

シルクドソレイユの座席は、大きく分けて以下の4つに分類されます。

– プレミアム
– カテゴリー1
– カテゴリー2
– カテゴリー3

プレミアムは最前列から数列目までの最高級席で、最も舞台に近く迫力満点です。カテゴリー1はプレミアムよりも少し離れた位置にある高級席で、舞台全体を見渡すことができます。カテゴリー2はカテゴリー1よりもさらに離れた位置にある普通席で、舞台全体を見ることができますが、細かい表情などは見えにくいかもしれません。カテゴリー3はカテゴリー2よりも最も離れた位置にある安価席で、舞台全体を見ることができますが、遠くて小さく感じるかもしれません。

シルクドソレイユのおすすめの席は?

シルクドソレイユのおすすめの席は、プレミアムかカテゴリー1です。プレミアムは最前列から数列目までの最高級席で、最も舞台に近く迫力満点です。カテゴリー1はプレミアムよりも少し離れた位置にある高級席で、舞台全体を見渡すことができます。どちらもシルクドソレイユの素晴らしいパフォーマンスを堪能することができます。

プレミアムとカテゴリー1の違いは、舞台との距離感と視野角です。プレミアムは舞台に近い分、パフォーマーの表情や動きを細かく見ることができますが、舞台全体を見ることは難しいかもしれません。カテゴリー1は舞台に離れた分、パフォーマーの表情や動きを見ることは難しいかもしれませんが、舞台全体を見ることができます。どちらが好みかは個人の好みによりますが、どちらもおすすめです。

シルクドソレイユの見え方の違いは?

シルクドソレイユの見え方の違いは、座席の位置や種類によって変わります。座席の位置や種類によって、以下のような見え方の違いがあります。

– 舞台との距離感
– 舞台全体の視野角
– 舞台上部や側面の視界
– 舞台装置や照明の影響

舞台との距離感は、座席が前方にあるほど近く感じられます。近く感じるほど、パフォーマーの表情や動きを細かく見ることができますが、舞台全体を見ることは難しいかもしれません。座席が後方にあるほど遠く感じられます。遠く感じるほど、パフォーマーの表情や動きを見ることは難しいかもしれませんが、舞台全体を見ることができます。

舞台全体の視野角は、座席が中央にあるほど広く感じられます。広く感じるほど、舞台全体を見渡すことができますが、パフォーマーに対して正面から見ることは少ないかもしれません。座席がサイドにあるほど狭く感じられます。狭く感じるほど、舞台全体を見渡すことは難しいかもしれませんが、パフォーマーに対して正面から見ることが多いかもしれません。

舞台上部や側面の視界は、座席が高い位置にあるほど良くなります。良くなるほど、空中で行われるパフォーマンスや舞台装置などを見逃さないで済みますが、パフォーマーとの距離感が薄れるかもしれません。座席が低い位置にあるほど悪くなります。悪くなるほど、空中で行われるパフォーマンスや舞台装置などを見逃してしまう可能性がありますが、パフォーマーとの距離感が強まるかもしれません。