芸能・エンタメ

今際の国のアリスはひどい?ネットフリックスの実写ドラマが批判される理由とは!

今際の国のアリスはひどい?ネットフリックスの実写ドラマが批判される理由とは!
Pocket

ネットフリックスで配信された実写ドラマ『今際の国のアリス』は、麻生羽呂さんの人気漫画を原作としたサバイバル・サスペンス作品です。

山崎賢人さんや土屋太鳳さんなどの豪華キャストが出演し、壮大なセットやVFXで異次元の東京を再現しています。

しかし、このドラマは一部の視聴者から「ひどい」と批判されています。

なぜ、今際の国のアリスはひどいと言われているのでしょうか?

この記事では、今際の国のアリスがひどいと言われる理由について解説します。

今際の国のアリスがひどいと言われる理由とは?

今際の国のアリスがひどいと言われる理由とは、主に以下の3つです。

  • ストーリーがつまらない
  • キャストの演技が下手
  • 結末が意味不明

まず、ストーリーがつまらないという点ですが、今際の国のアリスは、ゲームでメインキャストが生き残り、その後ゲームのない時間が流れ、またゲームが始まるという繰り返しです。このストーリー展開は、視聴者にとって単調で予測しやすく、サスペンスドラマに求められるハラハラ感やドキドキ感が感じられません。また、ゲームに一度休憩が入ることで、緊張感も持続できず、「つまらない」「ひどい」と感じられます。

次に、キャストの演技が下手という点ですが、今際の国のアリスは、人気俳優や声優などが多数出演していますが、その演技力には疑問符が付きます。例えば、以下のような演技に批判が集まっています。

  • 親友に殴られても怒らないアリス(山崎賢人)
  • 意味不明な大泣きをするウサギ(土屋太鳳)
  • チンピラ風を装うも無理している感じがするニラギ(山下智久)
  • 過剰な喧嘩をするカルベ(磯村勇斗)とシブキ(小関裕太)

これらの演技は、視聴者にとって違和感や不快感を与えるだけでなく、キャラクターに感情移入できないこともあります。また、演技力だけでなく、キャラクター設定やキャスティングにも不満があります。例えば、

  • 原作では20代前半の若者たちが主役だったのに、ドラマでは30代以上の俳優たちが演じており年齢差がありすぎる
  • 原作では重要な役割を果たすキャラクターたちがドラマでは登場しなかったり死んだりしており物語に深みがなくなっている
  • 原作では個性的で魅力的なキャラクターたちがドラマでは美男美女に統一されておりキャラクターの特徴がなくなっている

などの意見があります。これらのことから、今際の国のアリスはキャストの演技やキャラクターに対する評価が低く、「ひどい」と言われています。

最後に、結末が意味不明という点ですが、今際の国のアリスは、最終回で隕石が落ちてきて全員が死んでしまうという衝撃的な展開になります。しかし、この展開は視聴者にとって納得できないものでした。なぜなら、

  • 隕石が落ちてくることは事前に伏線が張られておらず唐突すぎる
  • 隕石が落ちてくることとゲームの関係性が不明で謎が解決されない
  • 隕石が落ちてくることで今までのゲームやキャラクターの成長が無駄になる

などの理由があります。このように、今際の国のアリスは結末が意味不明で、「ひどい」と言われています。

今際の国のアリスはひどい?ネットフリックスの実写ドラマが批判される理由とは!まとめ

この記事では、今際の国のアリスがひどいと言われる理由について解説しました。今際の国のアリスは、人気漫画を原作としたネットフリックスの実写ドラマですが、ストーリーがつまらない、キャストの演技が下手、結末が意味不明という3つの理由で「ひどい」と批判されています。原作ファンやサスペンスドラマファンにとっては、期待外れな作品になってしまったかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。