芸能・エンタメ

コールドストーンが閉店した理由とは?コロナ禍やフランチャイズの問題について

コールドストーンとは、アメリカ発祥のアイスクリームショップです。

日本では2005年に初上陸し、全国に約200店舗を展開していました。

しかし、最近では「コールドストーンが閉店した」という話題がネット上で広まっています。

その理由とは何なのでしょうか?この記事では、コールドストーンが閉店した背景や、コロナ禍やフランチャイズの問題について詳しく解説します。

コールドストーンが閉店した背景とは?

https://youtu.be/yr_O69FCvuc?si=oJo6__hBJBfibVlZ

本文:コールドストーンが閉店した背景には、主に以下の3つの要因があります。

  • 一つ目は、新型コロナウイルス感染拡大の影響です。コールドストーンは、アイスクリームを注文すると、店員が目の前でミックスしてくれるというサービスが特徴です。しかし、コロナ禍では、人と人の距離を保つことや衛生管理を徹底することが求められます。そのため、コールドストーンのサービスは感染リスクが高いという印象を与えてしまいました。また、外出自粛や緊急事態宣言などの影響で、客足も減少しました。これらのことから、コールドストーンの売上は大きく落ち込みました。
  • 二つ目は、フランチャイズ契約の問題です。コールドストーンは、日本では株式会社エフエムアイが運営しており、フランチャイズ契約を結んでいる店舗も多くあります。しかし、フランチャイズ契約には厳しい条件がありました。例えば、
    • 契約期間は10年であり、途中解約はできない
    • 契約更新時には更新料が必要であり、更新料は初期加盟金の半額以上である
    • 商品や備品などは指定された仕入先から購入しなければならない
    • 店舗の立地や内装などにも制限がある

これらの条件は、フランチャイズオーナーにとって負担が大きく、利益を上げることが難しかったと言われています。そのため、フランチャイズオーナーの不満や苦情も多くありました。

  • 三つ目は、競合他社との差別化の失敗です。コールドストーンは、アイスクリームをミックスするサービスや歌を歌う店員などで差別化を図っていました。しかし、これらのサービスは時代に合わなくなりました。例えば、
    • アイスクリームをミックスするサービスは、時間がかかることや衛生面で不安を感じる人が増えた
    • 歌を歌う店員は、うるさいと感じる人や恥ずかしいと感じる人が増えた
    • アイスクリーム自体も、健康志向や低糖質志向の人にとって魅力的ではなくなった

これらのことから、コールドストーンのサービスは時代遅れになりました。また、他のアイスクリームショップやスイーツ店との競争も激化しました。そのため、コールドストーンの集客力は低下しました。

コールドストーンの閉店に対するネットの反応は?

コールドストーンの閉店に対するネットの反応は、大きく分けて以下の2つに分かれます。

  • 一つ目は、コールドストーンを惜しむ人たちです。この人たちは、
    • コールドストーンのアイスクリームは美味しかった
    • コールドストーンのサービスは楽しかった
    • コールドストーンの思い出がある
    • コールドストーンがなくなると寂しい

などとコメントしています。

  • 二つ目は、コールドストーンを批判する人たちです。この人たちは、
    • コールドストーンのアイスクリームは高かった
    • コールドストーンのサービスはうざかった
    • コールドストーンのフランチャイズ契約はひどかった
    • コールドストーンがなくなっても構わない

などとコメントしています。

コールドストーンが閉店した理由とは?コロナ禍やフランチャイズの問題について【まとめ】

コールドストーンが閉店した理由は、コロナ禍やフランチャイズの問題や競合他社との差別化の失敗などが関係していると考えられます。

コールドストーンの閉店に対しては、惜しむ人と批判する人が分かれました。

コールドストーンは、かつて日本で人気を博したアイスクリームショップでしたが、時代の変化に対応できなかったことが痛手となりました。