ニュース

関川崇志容疑者が起こした事件とは?経営する居酒屋で客を包丁で刺した男について

経営する居酒屋で客を包丁で刺したとして、警視庁蒲田署は7日、傷害の疑いで、店主の関川崇志容疑者(50)=東京都大田区東六郷=を現行犯逮捕しました。

現在、関川崇志容疑者について検索している方が多い様です。

本記事では、関川崇志容疑者について述べていきます。

関川崇志容疑者が起こした事件の概要

経営する居酒屋で客を包丁で刺したとして、警視庁蒲田署は7日、傷害の疑いで、店主の関川崇志容疑者(50)=東京都大田区東六郷=を現行犯逮捕しました。

逮捕容疑は7日午前4時50分ごろ、大田区仲六郷の自身が経営する居酒屋で、50代の男性客の腹を店の包丁(刃渡り約13センチ)で刺したとしている。男性は意識不明の重体。

事件当時、関川容疑者と男性は酔って口論になったということですが、切れたら怖い人には近づかない方がいいでしょう。

関川崇志容疑者のSNS

関川崇志容疑者のSNSアカウントは見つかっていません。

同姓同名のアカウントは複数ある様です。

関川崇志容疑者の自宅は?

関川崇志容疑者の自宅は、東京都大田区東六郷です。

関川崇志容疑者の画像は?

関川崇志容疑者の顔画像は公開されていません。

関川崇志容疑者に対する世間の反応

  • 容疑者と被害者は酔って口論になった。 この書き方だと店主も酔ってたことになりますよね? 酔った店主が接客するとかどんなお店なんだろう…? 包丁を当てただけとかは苦しい言い訳だと思います。刃渡り13センチの刃物を持ち出している時点で殺意はあるでしょう。

関川崇志容疑者が起こした事件とは?経営する居酒屋で客を包丁で刺した男について【まとめ】

この記事では、関川崇志容疑者が起こした事件とは?経営する居酒屋で客を包丁で刺した男について述べてきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。