アニメ・漫画

聖女なのに国を追い出されたので、崩壊寸前の隣国へ来ました〜力を解放したので国が平和になってきましたが元の国まで加護は届きませんよ〜とは?

聖女なのに国を追い出されたので、崩壊寸前の隣国へ来ました〜力を解放したので国が平和になってきましたが元の国まで加護は届きませんよ〜とは?
Pocket

聖女なのに国を追い出されたので、崩壊寸前の隣国へ来ました〜力を解放したので国が平和になってきましたが元の国まで加護は届きませんよ〜とは、よどら文鳥による日本のライトノベルです。

小説投稿サイト「アルファポリス」「小説家になろう」にて2021年7月14日から2022年11月15日まで連載された。

2022年12月6日には、スピアノベルス(Rentaコミックス)より電子単行本が発売された。

ミドリとRTC STUDIO作画による漫画版が、2023年2月28日よりRenta!にて配信されている。

この作品は、聖女の力を信じない国王によって国を追い出されたリーシャが、隣国の国王ラオウハルトと出会い、聖女の力で隣国を復興させていくという異世界ファンタジーです。

あらすじ

リーシャは、バーズーデン国の聖女として、聖女の力を使って国の土地を豊かにしていました。しかし、国王ダルエストは、リーシャの力を信じず、新しい婚約者アエルができたという理由で、リーシャを隣国メートポリスへと追放してしまいます。メートポリスは、荒地に囲まれた貧しい国でした。そこでリーシャを助けてくれたのは、メートポリスの国王ラオウハルトでした。ラオウハルトは、リーシャを丁重に扱い、彼女の力を認めてくれました。リーシャは、ラオウハルトに心を打たれ、自分の力を使ってメートポリスを改善していくことを決意します。メートポリスは、リーシャの力によって、次第に緑や作物が増え、人々の暮らしが豊かになっていきます。一方、バーズーデン国は、リーシャの力がなくなったことで、作物が育たなくなり、飢饉や疫病に苦しむようになります。ダルエストは、リーシャを追放したことを後悔し、彼女を連れ戻そうとしますが、リーシャはもうバーズーデンには戻りません。リーシャは、ラオウハルトと恋に落ち、メートポリスの聖女として幸せに暮らしていきます。

登場人物

  • リーシャ:バーズーデン国の聖女。聖女の力で土地を豊かにすることができる。ダルエストに国を追い出された後、メートポリスの国王ラオウハルトと出会い、彼と恋に落ちる。
  • ラオウハルト:メートポリスの国王。心優しい性格で、リーシャを助けてくれる。リーシャの力を認め、彼女と恋に落ちる。
  • ダルエスト:バーズーデン国王。リーシャの力を信じず、新しい婚約者アエルができたという理由で、リーシャを隣国メートポリスへ追放する。その後、リーシャの力がなくなったことで国が荒れるのを見て、リーシャを連れ戻そうとするが失敗する。
  • アエル:ダルエストの妃。魔導士で、王妃の座を狙ってダルエストに近づく。リーシャを追放することに協力するが、その後、ダルエストに捨てられる。

作風

この作品は、Web小説界で人気のジャンルである「聖女もの」「追放もの」の作品です。リーシャが国を追い出された後、隣国で幸せになっていく様子や、追い出した国が不幸になっていく様子を描いています。リーシャとラオウハルトのウブな恋愛模様や、リーシャの力で起こる奇跡も作品の魅力となっています。また、リーシャの出自や世界の秘密にも謎があり、読者の興味を引きます。

まとめ

聖女なのに国を追い出されたので、崩壊寸前の隣国へ来ました〜力を解放したので国が平和になってきましたが元の国まで加護は届きませんよ〜とは、よどら文鳥による日本のライトノベルです。この作品は、聖女の力を信じない国王によって国を追い出されたリーシャが、隣国の国王ラオウハルトと出会い、聖女の力で隣国を復興させていくという異世界ファンタジーです。この記事では、この作品のあらすじ、登場人物、作風について、詳しくご紹介しました。