アニメ・漫画

青のエクソシストはいつ完結するのか?長期休載の理由や最新話の展開は?

青のエクソシストはいつ完結するのか?長期休載の理由や最新話の展開は?
Pocket

悪魔の王サタンの息子である奥村燐が、祓魔師になって父と戦うことを決意するダーク・ファンタジー漫画『青のエクソシスト』。

しかし、この作品について検索すると「完結」「長期休載」という言葉が目に入ります。これらの言葉はどういう意味なのでしょうか?

今回は、『青のエクソシスト』の完結時期や休載の理由、最新話の展開について調べてみました。

『青のエクソシスト』とは

『青のエクソシスト』は、加藤和恵による日本の漫画作品です。略称は「青エク」。『ジャンプスクエア』(集英社)にて、2009年5月号から連載中です。テレビアニメ化や舞台化もされた人気作品で、悪魔と人間が別々の世界に住む設定で、悪魔に憑依された人間や物質を浄化する祓魔師という職業が存在します。

主人公の奥村燐は、神父・藤本獅郎に育てられた双子の兄弟ですが、実は悪魔の王サタンが人間に産ませた息子であり、その力を継いでいます。獅郎がサタンに殺されたことをきっかけに、燐は祓魔師になることを決意し、名門私立「正十字学園」に入学します。そこで祓魔師養成機関「祓魔塾」で訓練を受けながら、同じく祓魔師を目指す仲間たちと共に成長していきます。

完結時期は未定

『青のエクソシスト』はまだ完結していません。しかし、なぜ「完結」という言葉が出てくるのでしょうか?

その理由は、この作品が2021年9月号から8か月間休載していたことにあります。この休載は、「営繕かるかや怪異譚」のコミカライズ連載や12年間の連載疲れが溜まったことが原因だと発表されました。そのため、読者からは「完結したのではないか?」という心配や疑問が出てきたようです。

しかし、休載発表時には「近日中に復帰予定」と明言されており、2022年6月号から連載再開しています。作者の加藤和恵さんもツイッターで「連載再開します」とファンにメッセージを送っています。つまり、完結ではなく一時的な休載であり、連載再開後も物語は続いています。

ただし、完結時期については未定です。作者の加藤和恵さんはインタビューで、「まだまだ先ですね」と答えています。また、連載再開後も月1回のペースでしか更新されていません。そのため、完結までにはまだ時間がかかると考えられます。

最新話の展開は

『青のエクソシスト』の最新話は、2023年9月号に掲載された第136話です。以下にそのあらすじを紹介します。

燐たちは、イルミナティの本拠地である「ゲヘナゲート」に突入する。そこで燐は、サタンの娘であるルキフェルと対峙する。ルキフェルは、サタンが人間界に侵攻するために作った「人造悪魔」の一人であり、燐の異母姉妹でもある。ルキフェルは、燐をサタンの元へ連れて行くと言い、燐に襲いかかる。

一方、雪男は、自分が人造悪魔であることを知り、自分の存在意義に悩む。そこへ現れたイルミナティの幹部・レンゾウ・シマは、雪男を仲間に誘う。レンゾウは、雪男と同じく人造悪魔であり、イルミナティに協力していた。レンゾウは、雪男に自分の過去を語り、イルミナティの目的が人間と悪魔の共存であると言う。

しかし、雪男はレンゾウの言葉を信じない。雪男は、レンゾウが自分を裏切ったことや、イルミナティが多くの人間や悪魔を殺したことを責める。そして、レンゾウに戦いを挑む。

青のエクソシストはいつ完結するのか?長期休載の理由や最新話の展開は?まとめ

『青のエクソシスト』の完結時期や休載の理由、最新話の展開について調べてみました。その結果、以下のことが分かりました。

  • 完結時期は未定。2021年9月号から8か月間休載していたが、2022年6月号から連載再開している。
  • 休載の理由は、「営繕かるかや怪異譚」のコミカライズ連載や12年間の連載疲れが溜まったこと。
  • 最新話は第136話。燐はサタンの娘・ルキフェルと対峙し、雪男はイルミナティ幹部・レンゾウと戦う。

『青のエクソシスト』は、悪魔と人間が別々の世界に住む設定で、祓魔師という職業が存在するダーク・ファンタジー漫画です。主人公の奥村燐が祓魔師になって父・サタンと戦うことを決意する物語です。完結や休載に関する情報は事実ではありませんので、安心して読んでください。

最後までお読みいただきありがとうございました。