芸能・エンタメ

吉田屋の駅弁がまずいと言われる理由!食中毒で話題となった駅弁について

吉田屋の駅弁がまずいと言われる理由!食中毒で話題となった駅弁について
Pocket

吉田屋の駅弁は、青森県八戸市の老舗駅弁店で、ウニやイクラなどの海鮮系の駅弁が人気です。

しかし、2023年9月20日に報道されたところによると、この駅弁を食べた人に食中毒が疑われる症状が全国で相次いでいます。

この記事では、吉田屋の駅弁がまずいと言われる理由や、食中毒で話題となった駅弁について詳しく解説します。

吉田屋の駅弁がまずいと言われる理由は?

吉田屋の駅弁がまずいと言われる理由は、主に以下の2点です。

  • 食中毒を起こした可能性がある
  • ご飯が納豆のように糸を引いていた

青森県八戸市保健所は、吉田屋の駅弁を食べた人から体調不良などを訴える報告が1都23県から295人に上ったと発表しました。対象の商品は、9月16日と17日が消費期限のイクラやウニ、ホタテなどが入った海鮮系の駅弁11種類です。保健所は、食中毒菌や毒素の検査を行っており、原因究明に努めています。

また、静岡県内の薬局で「海女のうに弁当」を購入し食べた男性は、下の方のご飯を持ち上げたら納豆みたいに糸を引いていたと証言しました。その後、吐き気や発熱などの症状が出たということです。このように、吉田屋の駅弁は品質や安全性に問題があるという印象を与えてしまっています。

食中毒で話題となった駅弁について

食中毒で話題となった駅弁については、以下のような特徴があります。

  • 創業明治25年の老舗駅弁店
  • 海鮮系の駅弁が人気
  • 惣菜・べんとうグランプリで金賞受賞
  • デパートやスーパーでも販売

吉田屋は、明治25年(1892年)に創業した老舗駅弁店です。八戸市内に本社工場と直売所を構えており、八戸駅や新青森駅などで販売しています。海産物が豊富な八戸市ならではの海鮮系の駅弁が人気で、「海女のうに弁当」や「イクラ丼」、「ホタテ丼」などがあります。これらの商品は、「惣菜・べんとうグランプリ」で金賞を受賞するなど高い評価を得ています。

また、吉田屋はデパートやスーパーでも販売しており、全国にファンが多いです。特に、大手スーパー「ヤオコー」では、吉田屋の駅弁を取り扱っており、人気商品でした。しかし、食中毒の疑いが浮上したことで、ヤオコーは吉田屋の駅弁の販売を中止しました。このように、食中毒で話題となった駅弁は、かつては人気の高かった商品だったのです。

まとめ

吉田屋の駅弁は、青森県八戸市の老舗駅弁店で、ウニやイクラなどの海鮮系の駅弁が人気です。

しかし、2023年9月20日に報道されたところによると、この駅弁を食べた人に食中毒が疑われる症状が全国で相次いでいます。

吉田屋の駅弁がまずいと言われる理由は、食中毒を起こした可能性があることや、ご飯が納豆のように糸を引いていたことです。

食中毒で話題となった駅弁は、創業明治25年の老舗駅弁店で、惣菜・べんとうグランプリで金賞受賞したり、デパートやスーパーでも販売されたりしていた人気商品でした。