芸能・エンタメ

モーターサイクル男って何?怪我をした理由なども検証

モーターサイクル男に対し、あなたはどういうイメージがありますか?

バイクに乗っている男性というイメージが、強いかもしれません。

実はモーターサイクル男とは、目の下から顎にかけて消えた男性の画像を言います。

本記事では、モーターサイクル男とは何かや、怪我をした理由についてお伝えをしていきます。

この記事でわかること

・モーターサイクル男って何?
・モーターサイクル男が怪我をした理由
・モーターサイクル男に関してSNSでの反応

モーターサイクル男って何?

モーターサイクル男とは、目の下から顎にかけて亡くなっている男性のことです。

つまり、鼻や口などがない状態ですので、どうやって息をしているのかが疑問ですね。

チューブとかで栄養とか、補給しているのでしょうか。

そもそも、そういう状態で生きていること自体が、不思議ですよね。

モーターサイクル男は、海外で起きたハードな事故やグロテスクな画像を扱う、『rotten.com』や『motorcycle.jpg』という表記で、投稿されたのが始まりでした。

そこから訳されて、『モタ男』といわれるようになったようです。

ただ、『モタ男』というのは、検索をしてはいけない言葉に含まれており、危険度は7段階の5番目にランクインしています。

モーターサイクル男が怪我をした理由

モーターサイクル男は、顔面半分以上が激しく損壊した、白人男性を撮影したグロ画像です。

ネット上では、目から下半分がない状態の白人男性が、どうして、このような大きなけがを負ったのか関心が集まりました。

たしかに、バイク事故とはいえ、顔面が損壊するほどの事故が起きるとは想像しにくいです。

大型のタンクローリーに衝突したとしても、そのような顔面にはならないでしょう。

実は、モーターサイクル男のオリジナル画像が最初に投稿されたときに、どうしてそのような顔面になったのかは説明されていませんでした。

なので、現在もその真相に関しては、不明のままなのです。

ただ、投稿したファイル名が『motorcycle.jpg』だったので、バイク事故かが顔面損壊の原因ではないかと推測されたのです。

この画像が最初に投稿された『Rotten.com』のコメント欄には、『ショットガンでの自殺に失敗したため』とコメントが英語で書き込まれていたのです。

つまり、顔半分がない白人男性はショットガンで自殺しようと、顎に当てて発砲をしたけど散弾が骨に当たり前のほうにそれたため、脳や脊髄などの急所をはずしたので、顔下半分だけが損壊した状態で、生存したというのが真相のようです。

モーターサイクル男に関してSNSでの反応

モーターサイクル男に関してSNSでの反応は、ショッキングな画像という意見がありました。

確かに、モーターサイクル男に関しては、ショッキングな画像が多いですね。

モーターサイクル男には3人いるらしいですが、顔半分がないという男性が、一番ショッキングではないでしょうか。

モーターサイクル男って何?怪我をした理由なども検証【まとめ】

モーターサイクル男とは、体のどこかが一部無くなっている男性のことです。

下半身がないという場合もありますし、顔半分がないという場合もあります。

ただ、こうしたグロテスクな画像に興味があるなら、みてみるのも良いかもしれません。