アニメ・漫画

家入硝子が死亡!?呪術廻戦の美人医師の過去と現在を徹底解説

家入硝子が死亡!?呪術廻戦の美人医師の過去と現在を徹底解説
Pocket

『呪術廻戦』に登場する家入硝子は、反転術式という希少な能力を持つ呪術高専東京校所属の医師です。

気だるげな雰囲気と濃いクマが特徴的な彼女は、五条悟や夏油傑と同級生であり、虎杖悠仁や伏黒恵らの治療を担当しています。

しかし、彼女は内通者ではないかと疑われたり、渋谷事変で死亡したのではないかと心配されたりすることもあります。

そこでこの記事では、家入硝子の基本情報や能力、過去や現在の活躍、死亡説や内通者説などについて詳しく解説していきます。

家入硝子のプロフィール

  • 誕生日:11月7日
  • 年齢:28歳
  • 身長:不明
  • 所属:東京都立呪術高等専門学校
  • 階級:不明
  • 技:反転術式
  • 声優:遠藤綾

家入硝子は酒とタバコを多く摂取し、医師として働くことで睡眠時間も満足に取れなくなってしまったため、目の下に濃いクマができてしまっています。

しかし、それが逆に彼女の色気を引き立てており、小説版では「妖しげな魅力のある美人」とも表現されています。

彼女は先輩の庵歌姫から禁煙を勧められており、現在は禁煙5年目ですが1、渋谷事変後はストレスから喫煙を再開しています。

彼女は学生時代から反転術式を使いこなすことができており、その能力ゆえに呪術界では貴重な存在です。

家入硝子の能力:反転術式とは

反転術式とは、本来「負のエネルギー」である呪力を掛け合わせることで「正のエネルギー」に変換する高度な呪力操作です。

この「正のエネルギー」によって、人間の治癒が可能になります。

反転術式は特級クラスの術者であれば使えるようですが、自分だけでなく他人も治癒できる術者は数少なく、家入硝子はその中でも特に優秀です。

彼女は虎杖悠仁が死亡した際に反転術式で蘇生させたり、真人によって異形化された人々を元に戻したり、渋谷事変で重傷を負った伏黒恵や九十九由基らの治療を担当したりしています。反転術式は治癒だけでなく、攻撃や防御にも使える可能性がありますが、家入硝子は戦闘には参加せず、医師としての役割に徹しています。

家入硝子の過去:五条悟や夏油傑との関係

家入硝子は呪術高専東京校の卒業生であり、五条悟や夏油傑と同級生でした。

彼女は当時から反転術式を使えることで有名でしたが、気だるげな性格や酒豪ぶりも目立っていました。

彼女は五条や夏油のことを「クズども」と呼んでいましたが、それは仲が悪いというよりはからかっているという感じでした。

実際には彼らと仲が良く、飲みに行ったり、放課後に遊んだりしていました。

特に夏油の離反後は五条のことを心配しており、彼らの対立を見て怒りや呆れを表していました。

彼女は五条や夏油に対して恋愛感情は持っておらず、友人としての関係でした。

家入硝子の現在:渋谷事変での活躍とその後

家入硝子は渋谷事変では高速料金所で治療班として待機していました。

彼女は夜蛾正道学長や呪骸に守られており、敵の攻撃を受けることはありませんでした。

しかし、事態が混乱する中で多くの負傷者や死者が出ることになり、彼女も精神的なストレスを感じていました。

事変終結後は禁煙を解禁し、タバコを吸いながら治療に励んでいます。

彼女は虎杖悠仁や伏黒恵らの生存を確認し、安堵の表情を見せました。

また、五条悟が死亡したという報道に対しても疑いの目を向けており、彼が生きていることを信じています。

家入硝子の死亡説:内通者ではないかと疑われた理由

家入硝子は死亡したことはありませんが、内通者ではないかと疑われたことがあります。

その理由は偽夏油こと羂索が虎杖悠仁の生存を知っていたことです。

虎杖は宿儺の策略によって一度死亡しましたが、家入硝子の反転術式で蘇生しました。

しかし、それを知っていたのはその場にいた五条悟や伊地知潔高や家

入の三人だけでした。しかし、羂索は虎杖が生きていることを知っており、それを真人に教えていました。

真人は虎杖を狙っており、彼の生存を知ることで自分の計画を進めることができました。

このことから、虎杖の生存を漏らした内通者がいるのではないかという疑惑が生まれました。

そして、その内通者の候補として家入硝子が挙げられました。なぜなら、彼女は反転術式で虎杖を蘇生させた人物であり、その能力は呪術界でも珍しいものでした。

また、彼女は夏油傑と同級生であり、彼と連絡を取っている可能性もありました。

さらに、彼女は渋谷事変では高速料金所で治療班として待機しており、敵の攻撃を受けることもなく安全に過ごしていました。

これらのことから、彼女は内通者ではないかと疑われたのです。

しかし、この疑惑は根拠がなく、彼女は内通者ではありませんでした。

実際には虎杖の生存を漏らしたのは五条悟でした。五条は虎杖が死亡した際に宿儺に取引を持ちかけており、その際に宿儺に「虎杖悠仁は死んだ」と言っていました。

この言葉を聞いた羂索は宿儺に興味を持ち、五条に接触しました。

そして、五条は羂索に「虎杖悠仁は生きている」と教えてしまいました。

五条は羂索が偽夏油であることを知らず、彼が真人や夏油傑とつながっていることも知りませんでした。

五条は虎杖の生存を教えたことで羂索に協力する気があると思われてしまい、その結果、真人や夏油傑にも虎杖の生存が知られることになりました。

このことは後に五条自身が認めており、家入硝子は内通者ではなかったことが証明されました。

家入硝子のまとめ

家入硝子は呪術高専東京校所属の医師であり、反転術式という希少な能力を持っています。

彼女は気だるげな雰囲気や濃いクマが特徴的な美人であり 、酒やタバコを好みます。

彼女は五条悟や夏油傑と同級生であり 、友人として仲が良く心配しています。

彼女は渋谷事変では治療班として活躍しましたが 、内通者ではないかと疑われたこともありました。

しかし、その疑惑は根拠がなく、彼女は呪術界では貴重な存在です。