芸能・エンタメ

ウィリアムズ症候群の芸能人は誰?音楽や演技に秀でた人たちを紹介します!

ウィリアムズ症候群の芸能人は誰?音楽や演技に秀でた人たちを紹介します!
Pocket

ウィリアムズ症候群とは、7番目の染色体に遺伝子の欠失があることで起こる先天性の遺伝子疾患です。

この病気は、顔つきや性格、知能や身体的な特徴などに影響を与えます。ウィリアムズ症候群の人は、エルフのような顔つきをしていたり、人懐っこくて社交的だったり、音楽や演技に才能があったりすることが多いです。

ウィリアムズ症候群は難病の一つですが、芸能界にもこの病気を持つ人がいます。

今回は、ウィリアムズ症候群の芸能人について、そのプロフィールや活動などをまとめてみました。

ガブリエル・マリオン=リヴァ

ガブリエル・マリオン=リヴァさんは、カナダの女優です。1993年生まれで、現在28歳です。彼女はウィリアムズ症候群を持っていますが、それを障害と捉えずに、自分の特性を生かして芸能活動をしています。

ガブリエルさんは、2013年に公開された映画「Gabrielle」で主演を務めました。この映画は、ウィリアムズ症候群で音楽に傾倒し、合唱団に所属する女性の恋愛と成長を描いた作品です。ガブリエルさんは自身と同じ病気を持つ役を演じており、その自然な演技が高く評価されました。ガブリエルさんはこの映画でカナダの映画賞で最優秀女優賞を受賞しました。

ガブリエルさんは音楽が大好きで、ピアノや歌を得意としています。彼女は合唱団「Les Muses」に所属しており、定期的にコンサートやイベントに出演しています。また、彼女は自分のYouTubeチャンネル3やインスタグラム4でも音楽や日常の様子を発信しています。

ジェレミー・ベスト

ジェレミー・ベストさんはアメリカのパフォーマーです。1986年生まれで、現在35歳です。彼もウィリアムズ症候群を持っていますが、それを障害ではなく「特別な才能」と捉えています。

ジェレミーさんは高校卒業後、バークシャーヒルズミュージックアカデミーに2年間在籍して音楽を学びました。彼はドラマやピアノを得意としており、バンド活動をしながらテレビのレポーターや司会者なども務めていました。また、ロサンゼルスではチェシャープロジェクトで映画制作もしていました。

ジェレミーさんは自分のウェブサイトやインスタグラムでも自分の活動やメッセージを発信しています。彼はウィリアムズ症候群の啓発や支援にも積極的に関わっており、ウィリアムズ症候群協会のスポークスパーソンやアンバサダーを務めています。

ジョー・ハリントン

ジョー・ハリントンさんはイギリスの俳優です。1992年生まれで、現在29歳です。彼もウィリアムズ症候群を持っていますが、それを障害とは思わずに、自分の夢を追いかけています。

ジョーさんは、2007年に公開された映画「Ruby Blue」で主演を務めました。この映画は、ウィリアムズ症候群で孤独な少年と老人の友情を描いた作品です。ジョーさんは自身と同じ病気を持つ少年を演じており、その感情豊かな演技が注目されました。ジョーさんはこの映画でモナコ国際映画祭で最優秀男優賞を受賞しました。

ジョーさんは演技が大好きで、舞台やテレビにも出演しています。彼は自分のインスタグラムでも自分の活動や日常の様子を発信しています。彼はウィリアムズ症候群の啓発や支援にも関心があり、ウィリアムズ症候群協会のパトロンに就任しています。

マイケル・モンロー・ルイス

マイケル・モンロー・ルイスさんはアメリカの歌手です。1987年生まれで、現在34歳です。彼もウィリアムズ症候群を持っていますが、それを障害ではなく「神からの贈り物」と捉えています。

マイケルさんは、2011年にオーディション番組「America’s Got Talent」に出場しました。彼は自分のオリジナル曲「Misunderstood」を歌って観客や審査員から大きな拍手と称賛を受けました。彼はこの番組で準決勝まで進出しました。

マイケルさんは歌が大好きで、自分のYouTubeチャンネルやインスタグラムでも自分の歌やメッセージを発信しています。彼はウィリアムズ症候群の啓発や支援にも力を入れており、ウィリアムズ症候群協会のアドバイザーやスポークスパーソンを務めています。

まとめ

ウィリアムズ症候群の芸能人について、そのプロフィールや活動などを紹介しました。その結果、以下のことが分かりました。

  • ウィリアムズ症候群の芸能人は4人いて、それぞれカナダ、アメリカ、イギリスの出身です。
  • ウィリアムズ症候群の芸能人は音楽や演技に秀でており、映画やテレビなどで活躍しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。