芸能・エンタメ

性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人について徹底解説!

性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人について徹底解説!
Pocket

今Twitterを中心に性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人というキーワードがバズっています。

一体誰のことを指しているのでしょうか?

本記事では、性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人について述べていきます。

性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人はmery氏

既にこの性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人の正体は分かっていて、ブルアカのトモエの絵師をしているmery氏ということです。

meryさんは、公式にブルアカのトモエの絵師として知られるイラストレーターです。

画風は、原作の挿絵を担当した堀口悠紀子さんとは異なり、柔らかくて繊細なタッチでキャラクターの表情や雰囲気を表現しています。

特に、主人公の折木奉太郎と千反田えるの恋愛関係を暗示するようなイラストが多く、ファンからは「mery先生は折千信者」と呼ばれています。

なぜ性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人と呼ばれるのか?

11年間推理小説「氷菓」を推し続けるていることが言われる所以の様ですが、その中でも主役二人の絵を描き続けているからだということです。

中には際どい絵もあって、このことから〇〇寸前という枕言葉が付いた様です。

性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人に対する世間の声

  • 性行為寸前みたい氷菓イラスト描き続けている韓国しゅごい
  • 性行為寸前みたい氷菓イラスト描き続けている韓国」ブルアカトモエ描いてるだったしこのトモエめっちゃ可愛い

性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人について徹底解説!まとめ

本記事では、性行為寸前みたいな氷菓のイラストを描き続けている謎の韓国人について述べてきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。