アニメ・漫画

キングダムで信に敗れた龐煖は本当に死んだのか?史実ではどうなったのか?

キングダムで信に敗れた龐煖は本当に死んだのか?史実ではどうなったのか?
Pocket

キングダムは、中国の戦国時代を舞台に、少年・信が天下の大将軍を目指す物語です。

信は史実では秦の大将軍・李信という人物で、秦の統一に貢献しました。

しかし、キングダムでは629話で信との一騎打ちで敗れた龐煖が死亡したように描かれました。

煖は趙の武神と呼ばれる最強の敵で、信とは何度も因縁の戦いを繰り広げました。

では、龐煖は本当に死んだのでしょうか?史実ではどうなったのでしょうか?この記事では、龐煖の死亡について考察してみました。

龐煖は信との一騎打ちで死亡した?

龐煖は629話で信との一騎打ちで敗れました。その直後に倒れてしまい、飛信隊の仲間たちは信を必死に呼び起こそうとしますが、信はすでに冷たくなっていました。これは龐煖が死亡したことを示す描写です。

しかし、キングダムでは死亡したように見えるキャラクターが復活することもあります。例えば、王弟反乱編で政が暗殺されたように見えましたが、実は生きていました。また、合従軍編で河了貂が魏軍に誘拐された時も死んだように見えましたが、実は生きていました。

龐煖も同様に生きている可能性はありますか?キングダムでは原作者・原泰久先生がどういう展開を描くかはわかりませんが、以下の理由から龐煖が生きている可能性は低いと思われます。

  • 龐煖は信の刃で胴体を両断されました。これは致命傷であり、生存する可能性はほぼないと言えます。
  • 龐煖は自分の中の矛盾に気づき、「強さ」の本質を探求する旅を終えました。これは龐煖の物語的な区切りであり、彼が再登場する必要性はないと言えます。
  • 龐煖は史実では秦統一後も生きており、キングダムでもその可能性があるという考察もあります6。しかし、キングダムでは史実と異なる展開も多くあります。例えば、王騎や麃公なども史実では秦統一後まで生きていますが、キングダムでは龐煖に討たれています。従って、史実だけを根拠に龐煖が生きているとは言えません。

以上のように、龐煖は信との一騎打ちで死亡したと考えるのが妥当でしょう。

龐煖は史実ではどうなったのか?

龐煖はキングダムでは死亡したと思われますが、史実ではどうなったのでしょうか?史実では龐煖は趙の武将であり、秦の六大将軍の一人・王賁を討ち取ったことで有名です。しかし、その後の龐煖の動向は不明です。史実における龐煖の最後については以下の説があります。

  • 龐煖は秦統一後も生き残り、漢王朝に仕えたという説。この説によると、龐煖は秦滅亡後に漢王朝に帰順し、大将軍として活躍した李超の父親だということです。李超は史実では信の息子であり、キングダムでも信の子供として登場しています。この説が正しいとすれば、龐煖は信の義父にあたることになります。
  • 龐煖は秦統一後も生き残り、隠居したという説。この説によると、龐煖は秦統一後も趙国に残り、隠遁生活を送ったということです。龐煖は名家の出身であり、秦王政からも重用されていたことが記録されています。この説が正しいとすれば、龐煖は秦王政から恩赦を受けて、悠々自適な暮らしをしたことになります。
  • 龐煖は秦統一後に死亡したという説。この説によると、龐煖は秦統一後に反乱を起こした趙高や陳勝らに加担し、戦死したということです。龐煖は趙国への忠誠心が強く、秦王政への敵意もあったことが記録されています。この説が正しいとすれば、龐煖は最後まで趙国を守ろうとして戦ったことになります。

以上のように、史実では龐煖の最後について確かな記録がなく、様々な説があります。どの説が正しいかは定かではありませんが、いずれにせよキングダムで描かれたような信との一騎打ちで死亡したわけではないでしょう。

まとめ

龐煖の死亡について考察してみました。キングダムでは信との一騎打ちで敗れて死亡したように見えますが、史実ではその後の動向や最期が不明です。キングダムでは原作者・原泰久先生がどういう展開を描くかはわかりませんが、龐煖が生きて再登場する可能性は低いと思われます。

最後までお読みいただきありがとうございました。