エンタメ系

映画あの頃。のあやや役は誰?コズミンや実在したキャスト紹介!

映画あの頃。のあやや役は誰?コズミンやあこがれの後輩などキャストex紹介!
Pocket

映画を観終わり、その感傷に浸る感じがヤバい!あややの動画探してまた観てしまった!

2021年春に公開され、今回Netflixでも配信が始まった「あの頃。」。

春の劇場での公開、また「映画館にいくほどでは…でも気になっていた」という方にも一気に広がりをみせています。

本作は、ハロプロへの熱い想いを持った仲間たちとの出会いと別れを描いた劔樹人のエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」を映像化したもの。

ハロプロアイドルにのめり込んでいく主人公・劔は松坂桃李が演じていますが、その他にも多くの個性豊かなたくさんのキャストが登場します。

藤本美貴・推しの親友となる実在のモデルがいるコズミン、石川梨華・推しでリーダー格のロビ、また主人公の現実世界?での気になるあこがれの後輩・靖子、などなど。

原作とは違い登場人物名に一部変更はありますが、その物語やキャラクターは、細かな部分まで忠実に再現されている本作。

原作を読んだ松坂さんらキャストたちは、その描かれているエピソードがあまりに現実離れしていることから「本当全部実話なの?」と思っていたとのこと。

しかしそのキャストの再現性は、原作の劔樹人も納得の配役だったそう。

今回はそんな映画「あの頃。」の主人公以外のキャストである、実在したコズミンやあこがれの後輩、そして主人公あこがれの推しアイドルあやや役は誰だったのか、をまとめていきます。

 

映画「あの頃。」のあやや役は誰?

主人公がそのPVを観て涙し、推しへと成長(?)していくそのアイドル。

当然誰もがしる実在のアイドルである、あややこと松浦亜弥・役を演じたのは誰だったのか、映画を初めて観た方はとても気になったでしょう。

あまり詳しくない知らない方に向けて、今回はそのあやや役を演じた女優さんをご紹介します。

 

映画「あの頃。」あやや役は誰?

今回あやや役を演じたのは「山﨑夢羽」(やまざき ゆはね)さんです。

  • 生年月日:2002年11月5日
  • 血液型:AB型
  • 出身地:愛知県
  • ハロー!プロジェクト加入:2018年6月9日

そうです、実は彼女、「BEYOOOOONDS」というグループの、実際にハロープロジェクトに所属する現役のアイドルなのでした。

今回ハロープロジェクトの偉大な先輩である、あやや役を演じるにあたり、

「歌ったり踊ったりする訳ではなかったので、あややこと松浦さんをどう表現しようか迷いました。ライヴの映像を観たりして、MCではこんな風に口を開けてるとか特徴を探して、少しでも近づけるように頑張りました。」

とコメントをしているあたり、相当その動きを研究したそうです。

実は作者の劔樹人も「あやや役の第一希望は山﨑さん」と考えていたそう。

今回その再現度の高さからファンからも納得の高評価を得ていたようです。

今後の彼女の「あやや超え」を是非期待したいですね!

 

映画「あの頃。」のコズミンやあこがれの後輩などキャストex紹介!

魅力的なキャスト、エキストラ俳優が多く登場する今作。

その中でも特に気になった2人に関してご紹介します。

 

映画「あの頃。」のコズミン役は?

藤本美貴・推し、クセはつよくひねくれ者。

物語の後半m、特に重要な役となってくるコズミンを演じたのは「仲野太賀」(なかの たいが)さんです。

この役を演じることができて、その撮影時の楽しさなど、たくさんコメントされていますね。

仲野さんのお父さんは、同じく俳優の「中野英雄」さんです。

もうこれはアラフォー以上にしかわからないでしょうが、90年代の人気ドラマ「愛という名のもとに」に、唐沢寿明や鈴木保奈美と共に出演、「チョロ」というあだ名で一躍有名になった俳優さんです。

チョロのその物語においては若くして自殺という役柄。

そして息子さんの今回の展開…。

なかなか味わい深いものがありますね。

今回は実話をもとに作成されたストーリー、実際のコズミンのご家族の方が映画をご覧になられ、「家では寡黙だったのに、外ではこんなに喋る子だったんですね」と驚かれたそう。

しかしこれって男子あるあるですよね。

思春期以降の男子は家では基本しゃべらなくなりますが、仲間内で見せる姿はそれとは真逆の姿であることが多いんです。

そんなところもとても感慨深く、演じる仲野さんにまた共感を覚えています。

 

映画「あの頃。」のあこがれの後輩役は?

アイドル、という虚構ではなく、主人公の現実世界において密かに恋心を抱く女性。

そんな彼女を演じたのは「中田青渚」(なかたせいな)さんです。

この写真やPVだけでみると、「あら?今田美桜?」と思ってしまった自分が恥ずかしいです。(汗)

とてもキュートな女性を演じておられましたね。

劇中、靖子が大きな瞳でじっと見つめ、熱心にハロプロ談義を聞く姿には、主人公・劔でなくても男子は必ずメロメロになるのでは。

そしてピンで前髪をとめるあの髪型は、当時の男子憧れの髪型だったんですね。

とてもツボをついてくるなぁ…と、私も松坂桃李に感情移入してもニヤニヤしてしまいました。

 

まとめ

今回は映画「あの頃。」に登場したキャストのご紹介、あやや役は誰?実在したコズミンやあこがれの後輩などは誰?というテーマでお伝えしました。

今作に関しては、映画評論や感想のコメントではかなり賛否は別れているようです。

感動した、昔を思い出した、という声がある一方、

他人の思い出に過ぎず感情移入できない、男子がわちゃわちゃしてるだけ、などなど、

おそらくはその世代、または各人が経験している、「過ごした『あの頃。』」の違いにより、

その感想は大きく変わってくるように感じます。

若いときには誰にも、一切疑いを持たずなにがしらに熱狂した、そんな対象があるものです。

個人的な感想ですが、それは人によっては学業であったり、部活であったり、一目惚れの相手であったり、または「推し」であったりするのでは。

今作のタイトルに「。」がつくのは、ハロプロの「モーニング娘。」へのオマージュでもあると同時に、

誰しもが過ごしたであろう熱狂した一時期への終わり、区切り、の意味である「。」であると、

映画を観終わった自分は、その「。」に深く感じ入りました。

…。

ではでは。

そんな気分で、これから「桃色片想い」の動画をYouTubeに観に行ってきます!